• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
欲張り女子必見の旅行先!カンボジア・シェムリアップでしたい10のこと

せっかく海外に旅行するなら絶景だってグルメだっておしゃれスポットだって楽しみたい!そんな欲張りな女子たちにおすすめしたい旅行先はカンボジア・シェムリアップ。シェムリアップと言えばまず思い浮かぶのはアンコール遺跡ですが、実はアンコール遺跡以外にも魅力的なスポットにあふれているんです。まだまだ知られていないカンボジアの魅力を実際に行ってきた筆者がご紹介します。(なお掲載の情報は2019年1月時点のものになります。実際に訪れる際には最新情報をご確認下さい。)

このまとめ記事の目次

①世界遺産・アンコール遺跡群を巡る

アンコール遺跡群はクメール帝国の首都だった場所に点在する遺跡群。東京23区もの広さのエリアの中に大小さまざまな遺跡がありますが、必見なのは最大規模のアンコール・ワット、巨大な仏の像が立ち並ぶバイヨン、ハリウッド映画のロケ地にもなったタ・プローム遺跡です。
どの遺跡も足を踏み入れると思わず声を失ってしまうほどの圧倒的なスケールと美しさを感じるはず。アンコール・ワットは朝日鑑賞も人気です。600年も続いたクメール王朝時代の建築物ですが、時代によって建築方法や彫刻などに特徴があるそうなのでそんな違いを探してみるのもおすすめ。

詳細情報

  • angkor wat, Siem Reap, Cambodia

②プノン・バケンで夕陽鑑賞する

遺跡よりも高い建物のないシェムリアップでは美しい夕陽が見られるスポットも人気。夕陽鑑賞スポットも何ヵ所かあるのですが、おすすめしたいのはプノン・バケン。標高67mほどの丘の上にある遺跡で、その頂上からは360度の大パノラマでアンコール遺跡の絶景が見渡せるんです。
夕陽とアンコール遺跡の幻想的な光景はカンボジアまで行ったらぜひ目に焼き付けて欲しい光景です。日没の時間に合わせて向かいたいところですが、実はこの遺跡に一度に登れるのは300人までと決められているので、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

詳細情報

  • 7 Makara Street Wat Bo Village, Siem Reap, Cambodia
  • +855 12 326 371

③“天空の遺跡”までショートトリップする

アンコール遺跡群のほかにも世界遺産になっているのが、タイとの国境に程近い場所にある「プレアヴィヒア寺院」。シェムリアップ市内から車で約4時間、山の麓からはバイクや四駆に乗り換えていく必要のある“秘境”と言えるような遺跡ですが、そこまでしても行く価値のあるスポットなんです。
絶対に行きたいその理由はこの絶景!断崖絶壁から見る光景はフォトジェニックと言う言葉を超えていつまでも見ていたくなるほど。2008年に世界遺産に登録されたのですが、長らく立ち入ることが禁止されていたため、ツアーなどで行けるようになったのは2014年頃とまだまだ最近のこと。知る人ぞ知る秘境です。

詳細情報

④おしゃれカフェを巡る

カンボジアはコーヒーの生産国と言うこともありシェムリアップ市内にもカフェが集まっています。観光やショッピングの合間に立ち寄ってみたくなるようなおしゃれでメニューにもこだわったカフェがたくさんあるんですよ。
オールドマーケット近くの路地にあるのはオープンな造りが印象的な「Fifty5 Cafe」。インテリアもおしゃれな人気のカフェです。食事メニューも充実しているのでランチやディナーでもおすすめです。
2階のテラスからの眺めが楽しめるのはこちらもオールドマーケットに程近い場所にある「Yellow Mango Reataurant & Bar」。シェムリアップ川が一望できる席がおすすめ。こちらでは濃厚なコーヒーにコンデンスミルクがたっぷり入った「カンボジアコーヒー」が飲めるんです。食事メニューやアルコールもそろっているのでディナーにも使えます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する