• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
湯船からの絶景!5つの魅力からほったらかし温泉をご紹介

山梨県山梨市に、一風変わった名前の温泉があります。それが「ほったらかし温泉」です。最近話題のほったらかし温泉は絶景と露天風呂を同時に楽しむことができ、ご褒美と言われるほどの気持ちよさを味わうことが出来ます。今回はそんなほったらかし温泉を5つの魅力からご紹介していきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

ほったらかし温泉とは。

ほったらかし温泉とは、山梨県山梨市にある温泉です。石和温泉郷に含まれる温泉で、標高700mの場所に位置しています。温泉からは富士山や甲府盆地が見れるなど、高地に位置しているロケーションが抜群の絶景を作り出しています。
温泉に入りながら朝は日の出、夜は満点の星空を眺めることのできる場所がこのほったらかし温泉なんです。ほったらかし温泉には2種類の温泉浴場があり、それぞれに料金がかかります。まずは温泉の違いからご紹介していきますね。

①ほったらかし温泉・あっちの湯。

まずは「あっちの湯」です。もう一つの浴場である「こっちの湯」と比べて、大きさが2倍であることや開場時間が長いんです。日の出の1時間前から22時までやっているので温泉に入りながら日の出や夜景が見たいという方はあっちの湯がおすすめです。甲府盆地や富士山の絶景が楽しめます。

②ほったらかし温泉・こっちの湯。

もう一つの浴場「こっちの湯」。露天風呂と内風呂があります。もともとこちらの温泉で営業していたので、ほったらかし温泉の始まりの浴場です。こっちの湯からも富士山や甲府盆地を眺めることができますよ。

➂キャンプもできる。

ほったらかし温泉には「ほったらかしキャンプ場」というキャンプ施設も併設されています。サイトを借りるキャンプ場となっていて、テントやキャンピングカーがレンタルできます。小屋付きのサイトもあるので、キャンプ初心者にも安心です。日帰りで利用もできますよ。

➃「気まぐれや」で朝ご飯。

ほったらかし温泉そばには、「気まぐれや」という朝食専門のお店があります。営業時間は日の出から9時ごろまで。一押しは、卵かけご飯セットに納豆とお味噌汁がついたシンプル朝食です。南魚沼のコシヒカリと美味しい卵で幸せな朝のひとときが過ごせます。

⑤「桃太郎」で温玉揚げを食べる。

ほったらかし温泉には、朝ご飯専門の気まぐれや以外にも、軽食スタンドがあります。それが「桃太郎」です。ここではいくつかの軽食を頂くことができますが、中でも人気なのが「温玉揚げ」。中はトロトロ外サクサクとなっています。富士山を眺めながら軽食を食べればいつも以上に美味しく感じられること間違いなしです。

ほったらかされに行こう!

いかがだったでしょうか。温泉×絶景の組み合わせは何度味わっても心揺さぶられるものですよね。快晴の下、ほったらかし温泉に入れたら最高の思い出になること間違いなし。生きている間に一度は行きたいといっても過言ではない温泉です。訪れてみてはいかがですか。

詳細情報

jalanで見る
  • 山梨県山梨市矢坪1669-18 ほったらかし温泉
  • 0553-23-1526

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する