• はてぶ
  • あとで
思い出を"素敵"に残したい!シンガポール・セントーサ島のフォトジェスポット7選

数多くのレジャー施設や、ビーチ、ホテルがあるセントーサ島は、シンガポール旅行の定番観光地。今回は、そんなセントーサ島の中でも、美しい景色が見える場所や、美味しそうなグルメなど、"つい写真を撮りたくなってしまう"フォトジェニックなスポットを7つご紹介します。どこも綺麗なエリアばかりなので、訪れる際の参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

セントーサ島ってどこ?

セントーサ島は、シンガポールの定番観光地。美しいビーチのみならず、ユニバーサルスタジオやウォーターパークなど、数多くのレジャー施設が存在するこの島はエンターテイメントの一大拠点です。市街地から車や電車で約30分というアクセスの良さを誇っており、気軽に行けるリゾートアイランドとしても有名です。
そんなセントーサ島には、魅力たっぷりなアクティビティやグルメがたくさん!今回はその中から、フォトジェニックなスポットを幅広くご紹介します。せっかくの海外旅行、思い出写真は"素敵"に残しませんか?

①マーライオンの口の中から景色を一望「マーライオン・タワー」

最初にご紹介するのは、「マーライオン・タワー」。マーライオンといえば、口から出る水が特徴的なシンガポールのシンボルですよね。セントーサ島には、全長37mもの高さを誇る、マーライオン・タワーがあります。なんと展望台は、マーライオンの口なのです。
マーライオン・タワーの口にある展望デッキからは、美しいセントーサ島の眺望が広がっています。また、タワーの頂上にも展望台があり、セントーサ島全体を見渡すことができます。展望デッキにはカメラマンがいて、撮ってもらった写真は購入できます。もちろん、自分で撮っても大丈夫。THE・シンガポールな一枚になること間違いありません。

詳細情報

②南国気分を味わえる橋「Floating Bridge(フローティングブリッジ )」

続いてご紹介するのは、ビーチとビーチをつなぐ「Floating Bridge(フローティング ブリッジ)」。渡った先には、アジア最南端ポイントがあるんですよ。空と海の青さと、草木の緑が吊り橋によく映えて南国気分を味わわせてくれます。
吊り橋はロープでできているため、歩く振動で揺れるそう。童心にかえってちょっとした冒険気分で渡ってみてもいいかもしれませんね。高さ自体はそんなにないので、高い場所が苦手な人でも楽しめます。橋の先には2つの展望台があり、橋を上から眺めることができます。

詳細情報

Sentosa Island 099008, Singapore

3.01 05

③オルゴールボックス アフタヌーンティー「LeBar(ル バー)」

続いてご紹介するのは「LeBar(ル バー)」。ソフィテルというホテルの中にあります。シンガポール旅行の定番でもあるアフタヌーンティーですが、ここではオルゴールボックスのアフタヌーンティーをいただくことができます。扉を開けると、柔らかなオルゴールの音ともに宝石のようなスイーツが。
扉の内側までスイーツがあるのはとても嬉しいですね。引き出しの中にはボリューム満点のアミューズと、アフタヌーンティーには欠かせないスコーンが入っています。繊細でカラフルなスイーツの数々は見ているだけで楽しく、食べるのがもったいなく感じてしまいそうです。

詳細情報

④人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」の可愛いお城

続いてご紹介するのは、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの「Far Far Away(遠い遠い国)」ゾーンにある可愛らしいお城。日本人にとってユニバーサル・スタジオといえば大阪にある人気テーマパークですが、セントーサ島にもあるんです。日本にはないアトラクションもたくさんあり、見所がたくさん!
その中でも特に目を引くのが、このメルヘンチックなお城。ピンク色で可愛らしいですよね。中はアトラクションになっており、4Dシアターを楽しむことができます。セントーサ島のユニバーサル・スタジオで遊ぶ際は、是非このお城の前で写真を撮りたいですね。

詳細情報

⑤キュートなお菓子屋さん「Candylicious(キャンデリシャス)」

続いてご紹介するのは、「Candylicious(キャンデリシャス)」。リゾート・ワールド・セントーサの中にある、お菓子のお店です。お店の外に飾られた巨大なペロペロキャンディのツリーも、店内のカラフルなキャンディやチョコレートもポップで可愛いですよね。お菓子に囲まれた、甘いもの好きにはたまらない夢のような空間です。
そんなキャンデリシャスでは、世界中のお菓子を販売しています。特に注目したいのはお菓子の量り売り。この量り売り、とにかく種類が豊富なんです。壁沿いに並べられたカラフルなお菓子の数々は見ていて飽きません。マーライオンが印刷された板チョコなども売られているので、お土産探しにもピッタリです。

詳細情報

⑥サンセットビーチを堪能できるレストラン「Coastes(コーステス)」

続いてご紹介するのは、SILOSO(シロソ)ビーチにある「Coastes(コーステス)」。ピザやパスタ、ハンバーガーなど様々な料理を提供するこのお店は、PUB&BARとしても人気。家族連れでも、カップルでも楽しめるこのレストランは幅広い層から愛されており、毎日多くの観光客で賑わいます。
そんなコーステスの魅力は、何と言ってもその景色。目の前に広がる砂浜や青い海は訪れた人々を開放的な気分にさせてくれます。特に夕暮れ時の景色は格別で、マラッカ海峡に沈む夕日は何としてもカメラに収めたい瞬間。美味しい食事をいただきながら、美しい景色を堪能することができます。

詳細情報

⑦水と光と音のショー「ウィングス・オブ・タイム」

最後にご紹介するのは、セントーサ島の名物野外ショー「ウィングス・オブ・タイム」。ビーチステーション駅の目の前で行われるこのショーは、ドラマチックな音楽や、特殊なレーザー、プロジェクトマッピングによって演出されるナイトショーです。噴水をスクリーンに見立てた演出は大迫力!
ウィングス・オブ・タイムでは、水と光と音によってストーリーが描かれていきます。演目の中には、花火や炎による演出も。夜空に浮かぶ登場人物や動物たちはとても幻想的で思わずうっとりしてしまいます。ウィングス・オブ・タイムは1日2回夜に上演しており、席はチケット制です。

詳細情報

いかがでしたか?

いかがでしたか?セントーサ島にはオシャレでフォトジェニックなスポットがたくさん。素敵な景色に、美味しそうな食事、豪華な建物・・・とシャッターを切る手が止まらなくなること間違いなしです。見るだけで楽しい気持ちになる写真で、セントーサ島での思い出を彩ってくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

14Fleurコーヒーとお散歩が好きです。マイブームは高級食パン。

このまとめ記事に関して報告する