• はてぶ
  • あとで
冬の休暇を取って行きたい!「1月・2月」におすすめな海外旅行先13選

年末年始にしっかり休んだ人も、冬休みを満喫しきれなかった人も注目!今回は「1月・2月」のおすすめ海外旅行先をご紹介。常夏の国から冬ならではの景色を楽しめる国まで、あなたの行きたいを見つけるアイデアとして読んでみてくださいね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

〜アジア・オセアニア〜

【1】インド

はじめに紹介するのは、多くの旅人の憧れの地である「インド」。ここインドはとにかく暑い場所!というイメージがありますが、実は1月2月は乾季であり、比較的雨も少なく観光にはもってこいの時期なんです。
インドの主要観光地であるタージマハルやガンジス川もおすすめですが、筆者がおすすめしたいのは南インド。メラメラと燃えるような夕日をみたり、バックウォーターのクルーズを楽しんだりと、南インドならではのゆったりとした時間を過ごす旅はいかがでしょうか。カレーも北と南で使用する食材や食べ方などにも違いがあり、こちらも注目です。

詳細情報

Taj Mahal, Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj Agra, Uttar Pradesh 282001 インド

3.40 13610

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

Varanasi, India

3.06 017

【2】ラオス

タイやベトナムなど周辺の人気観光国とは異なり、ツウの旅人の間で注目を浴び続けているのがここ「ラオス」。内陸国であるラオスに美しいビーチはありませんが、都会の喧騒から離れゆっくりとした時間を過ごせるのが一番の魅力です。
ゆったりとしたラオスらしさを味わいたいなら、街全体が世界遺産である都市「ルアンパバーン」がおすすめ。自転車を借りて街をサイクリングしながら、夕暮れ時にはメコン川に沈む夕日を眺める、そんな旅を楽しめます。ちょっぴりワイルドにラオスを楽しむなら、秘境の村バンビエンでバイク旅をするのもおすすめですよ。

詳細情報

3.52 268

【3】カンボジア

雨季が過ぎ去った1月2月は、ここ「カンボジア」でも観光に最適な乾季の時期。初めてカンボジアを訪れるなら、シェムリアップにある世界遺産・アンコール遺跡群を巡る王道の観光がおすすめです。夜は市内に戻って、パブストリートでビールと共に夜を楽しんでみて。
2回目以降のカンボジア旅におすすめしたいのが、南西部のリゾートエリア。カンボジアの秘島として密かに人気を誇っている「ロン島」は、透明な海と白い砂浜が広がる小さな島。古代遺跡だけじゃないカンボジアの魅力を再発見できるスポットです。

詳細情報

【4】スリランカ

近年女子旅スポットとして注目を浴びているのがここ「スリランカ」。雨の少ない1月・2月がベストシーズンと言われるこの島国では、天空の宮殿とも言われている「シーギリヤロック」をハイキングしたり、やしの木がそびえ立つ、かつての城塞都市「ゴール」で旧市街の散策や美しいビーチを楽しんだりするのが定番です。
長期休暇でリフレッシュをするなら、リトリート施設などに滞在してアーユルヴェーダを体験するのもおすすめ。自分の体質と向き合い、日頃の疲れから体を解き放つ旅はきっと忘れられないものになるはずです。もちろん、旅のお土産にはセイロンティーを!

詳細情報

Rock Front, Sigiriya 21120 スリランカ

3.22 5634

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

Sri Lanka

3.50 260

【5】オーストラリア

北半球が冬なら、南半球は夏!1月・2月の間は夏真っ盛りの「オーストラリア」。日本と時差が約1〜2時間ほどで時差ボケの心配をせずとも楽しめる国です。シドニーやメルボルンなど、人気の都市で王道の観光スポットから最旬のおしゃれカフェまで満喫する旅を計画してみましょう。
オーストラリアの海とともにスローライフを味わうなら、「バイロンベイ」へ訪れるのもおすすめ。美しいビーチでサーフィンや、賑わうマーケットで買い物を楽しむことができますよ。また、ここバイロンベイはオーガニックの街という呼び名もあるほど。いたるところにおしゃれなオーガニックカフェがあり、女子旅にもぴったりです。

詳細情報

New South Wales, Australia

3.74 5394

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する