• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
安くて美味しくて種類も豊富!“タイ”のおすすめ庶民派スイーツ15選

日本にいると味わう機会があまりないタイのお菓子。タイは気軽に食べられるお菓子の種類がかなり豊富です。タイ菓子はココナッツミルクを使用し、甘すぎずうまく調整されています。今回は、おすすめ庶民派スイーツを15選ご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】カノム・ラー

まず最初に紹介するのは、南部の伝統菓子「カノム・ラー」です。小麦粉、砂糖、卵を使用した飴細工のようなお菓子は、柔らかいものと固いもの(カノム・ラー・クロープ)があり、食感的に柔らかい方が人気なのだとか。お祭りやイベントの際に食べることができます。
カノム・ラーとは元々、10月に行われるタイのお盆の日に霊に捧げるためのお菓子として作られていました。そのため、10月に開催されるイベントではたくさんの伝統的なお菓子に出会うことができます。甘すぎず、パリパリとした食感は日本の観光客からも評判です。

【2】カノム・チャン

2つ目に紹介するのは、層状のもちもちした食感が人気の「カノム・チャン」です。材料には今話題のタピオカ粉、米粉、ココナッツミルクを使用しておりもちもちとした食感のお菓子は、タイの路上では必ずと言っていいほど売られている人気の高いスイーツです。タイに行った際は探してみてくださいね。
バイ・トゥーイ(英語でパンダン・リーフ)と呼ばれる、タイ料理にもよく使われる葉っぱで緑色に色づけされたものが一般的ですが、ピンクや青いものなど色、色のバリエーションも豊富です。また、タイの伝統菓子は縁起物として食べられますが、このお菓子も”昇進”などの意味が込められています。

【3】ブア・ローイ

3つ目に紹介するのは、日本でいうおしるこのような見た目をしたタイの定番スイーツ「ブア・ローイ」です。濃厚で甘いココナッツ・ミルクを温めた汁に、白玉を入れたものがスタンダードですが、生姜汁のブア・ローイ(ブア・ローイ・ナム・キン)があったり、トッピングもバリエーション豊富な面白いスイーツです。
小さな丸は黄色・紫・緑・ピンクなどカラフルなものもあり、屋台ではビニール袋に入ったブア・ローイが売られています。タイの人の中ではとても人気のあるスイーツなので街中にある屋台や、高級なレストラン、フードコートなど様々な場所で食べられます。

【4】カノム・サーリー

4つ目に紹介するのは、蒸しパンのようにサクサクふわふわとしたお菓子「カノム・サーリー」です。トッピングされたレーズンが効いていて、淡泊な味と食感にアクセントをつけています。パステルカラーに色付けされているため、見た目も可愛いです。
レーズンがたっぷり入っていて食感にアクセントのついたお菓子は、ボリュームのあるスポンジケーキなので、小腹が空いた時に食べるのもいいかもしれませんね。しっとりとした食感のカノム・サーリーは紅茶やコーヒーとの相性も抜群で、ホイップやフルーツをトッピングしてアレンジすることもできます。

【5】フォイトーン

5つ目に紹介するのは、煮詰めた砂糖水の中に、黄卵を細く垂らした糸状のお菓子「フォイトーン」です。ルーツはポルトガルにある卵の黄身で作られたお菓子で、タイのお菓子でも格式があり、他のお菓子に比べて高級なイメージがあります。タイ語で“トーン”は“金(ゴールド)”を意味するため、縁起物として利用されることも多いです。
そのまま食べるのが一般的ですが、スポンジケーキのデコレーションに使われることもあるのだとか。たくさん砂糖を使用したお菓子なので甘党の方におすすめです。このお菓子は、屋台やスーパーなどで簡単に買うことができるので機会があればぜひ一度食べてみてくださいね。

【6】カオ・トム・マット

6つ目に紹介するのは、もち米をバナナの葉で包んだお菓子「カオ・トム・マット」です。もち米は甘くココナッツミルクで味付けし、豆やバナナなどを混ぜて蒸してあります。バナナの酸味の部分と、ココナッツのまったりとした甘みが絶妙にマッチした絶品スイーツは屋台でも気軽に食べられます。
噛めば噛むほどココナッツミルクやお米の甘みを味わうことができ、ばななの香りも存分に楽しむことができます。酸味が効いていて、甘すぎずとても食べやすいお菓子です。海外の料理やスイーツが苦手だな、なんて方も、ぜひ一度挑戦してみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する