• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
いざ、まだ見ぬ光景を探す旅へ。「イスラエル」のおすすめ観光スポット9選

海外旅行通の人の中で人気の高い旅行先、「イスラエル」。最近ではベンチャー企業の聖地としても熱い国であり、中東のシリコンバレーとも呼ばれています。そんなイスラエルですが、歴史を感じる貴重な建造物や自然の脅威を感じる絶景スポットなどがあり、観光するにはもってこいの旅行先なんです。そこで今回はイスラエルにあるおすすめの観光スポット9選をご紹介します。(※掲載されている情報は2019年1月記事公開時点のものです。旅行の際は必ず事前に最新情報をご確認ください。)

このまとめ記事の目次

⑴エルサレム旧市街

まず、はじめにご紹介するイスラエルのおすすめ観光スポットは「エルサレム旧市街」です。イスラエル東部にある都市に位置している旧市街で、かつて城塞都市として栄えていました。現在、通りにはカラフルな小物を販売しているお店が立ち並んでおり、とても賑やかな雰囲気をはなっています。
by conamore
旧市街は城壁で囲まれており、街全体が貴重な歴史的遺物となっています。さらに入り込んだ路地を進んでいくと、独特の雰囲気が漂う細い道を目にすることができます。エルサレム旧市街周辺は聖地が集まるスポットなので、露出の多い服装は避けるなど、服装にも注意してお訪れてみてくださいね。

詳細情報

  • Jerusalem, Israel
  • +972 3-516-6699

⑵嘆きの壁

2つ目にご紹介するのは、イスラエルのメイン観光スポットでもある「嘆きの壁」です。ユダヤ教の聖地としても知られているこの場所は、かつて紀元前20年に改築されたエルサレム神殿の外壁でした。現在では、ユダヤ教徒の聖地として多くの人が祈りを捧げに訪れています。
by conamore
他ではなかなか見ることのできない光景に、感慨深いものを感じます。百聞は一見にしかず。ぜひ身を以て雰囲気を感じてみてください。ユダヤ教徒でない方も荷物検査を通過すれば近くまで行くことができますが、十分周りに配慮して訪れてくださいね。

詳細情報

  • Western Wall Plaza | Jewish Quarter, Jerusalem 97500, Israel
  • +972 2-627-1333

⑶岩のドーム

3つ目にご紹介するのは、エルサレムにある「岩のドーム」です。イスラム教第3の聖地とも言われるこちらのスポットは、今ではイスラエル観光においてシンボルのような存在。遠くから見てもその圧倒的な存在感と美しさに圧倒される金ドームのモスクです。
現在はイスラム教徒以外の方は内部に入ることはできませんが、手荷物検査を通過すれば建物を近くで見ることは可能です。ブルーのタイルなどが敷き詰められた美しい装飾を目にすることができます。こちらを訪れる際にも、服装には十分に注意して訪れてくださいね。

詳細情報

  • The Temple Mount, Jerusalem
  • +972 2-628-3313

⑷オリーブ山

4つ目にご紹介するのは、エルサレムにある「オリーブ山」です。こちらは標高約800mの小高い丘で、古くからオリーブ畑があったことから「オリーブ山」と呼ばれています。丘の麓にはユダヤ人の墓地が並んでおり、神秘的な空間を創り上げています。
そんなこちらのスポットはダビデの町や神殿の丘、そしてエルサレムの旧市街を一望することができる絶景スポットとして、多くの観光客から人気を集めています。特に日が暮れていく夕方に訪れると、エルサレムの街がさらに神秘的に輝く光景を目にすることができます。

詳細情報

  • Mount of Olives Road | East Jerusalem, Jerusalem, Israel
  • +972 52-233-3837

⑸マサダ国立公園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

conamore世界25カ国旅してきました!ヨーロッパが得意です。

このまとめ記事に関して報告する