• はてぶ
  • あとで
“Banan”など13店舗が新たに誕生!グランフロント大阪リニューアルオープン

2019年3月14日(木)、グランフロント大阪のうめきた広場地下1階の飲食・食物販ゾーン「うめきたセラー」が南館地下1階まで拡大され、リニューアルオープンします。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

グランフロント大阪「うめきたセラー」リニューアルオープン

2019年3月14日(木)リニューアルオープン

2019年3月14日(木)、グランフロント大阪のうめきた広場地下1階の飲食・食物販ゾーン「うめきたセラー」が南館地下1階まで拡大され、リニューアルオープンします。
うめきたセラーは、うめきた広場・地下1階の飲食・食物販ゾーン。「茅乃舎」「DEAN&DELUCA」「THE CITY BAKERY」をはじめ、食パン専門店「Le BRESSO」(2016年6月オープン)、タピオカミルクティー発祥の店として知られる「春水堂」(2017年6月オープン)など、常に行列の絶えない店舗が並ぶグランフロント大阪屈指の人気ゾーンです。
南館地下1階には、「もっと、普段使いしたくなる場所へ」をテーマに13店舗が新たにオープン。飲食・食物販店舗が9店舗と、ステーショナリーショップやシャツ専門店など4店舗が登場します。新たに加わる飲食・食物販店舗では、「“美味しい”をもっと手軽に」をコンセプトにしているそうなんです。

Banan(バナン)

ハワイで話題のヴィーガンスイーツショップ「Banan」は西日本初登場。乳・砂糖不使用でバナナのみを使用したヴィーガンなバナナソフトが楽しめます。スーパーフードやフルーツをプラスした、パフェ感覚なソフトを召し上がれ。

※画像はイメージです。

堀内果実園

「堀内果実園」は、商業施設初出店。奈良県吉野の山麓で代々くだもの農園を営んでいる農家が届ける果物を味わうことができます。フレッシュのくだものの魅力がたっぷり詰まったオリジナル配合のサンドイッチはすみずみまでくだものがギッシリです。

やまびこベーカリー

人気のパン屋さんがカフェを併設し、梅田に初出店。「日々の暮らしを楽しく豊かにするパン屋さん」をテーマに、商品も日常的に楽しめるパンをバランスよく取り揃えたラインナップです。まるで、愛らしいガーデンに訪れたかのような、あたたかい緑とウッドに囲まれた店内には、あれもこれもと持って帰りたくなるパンたちがたくさん並んでいます。いい香りがしたと思えば、焼きたてパンがお目見え。

人気の飲食・食物販ゾーンに13店舗が仲間入り!

ほかにも、新業態のブッフェレストラン「THE BUFFET &marche」や梅田初の「治一郎
」など、注目のお店が目白押しですよ。おでかけの際や近隣のワーカーの方もぜひ立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

2019年3月14日(木)リニューアルオープン
場所:グランフロント大阪

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する