• はてぶ
  • あとで
魅惑の街、香港の夜はこう遊ぶ。大人が集う「香港のバー」7軒をご紹介

アジアの中でも特にバー文化が浸透している「香港」。ここ香港には、世界各国から注目を浴びるユニークなバーがたくさんあります。そこで今回は香港のナイトライフを楽しみたいあなたに捧ぐ、香港の一度は行くべきおすすめバーをご紹介します。(掲載されている情報は2019年1月記事執筆時点のものです。旅行の際は事前に公式HPなどで最新の情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【1】Quinary(クイナリー)/ 中環

はじめに紹介するのは、2017年に世界のベストバー50に、そして2018年にはアジアのベストバー50に選ばれた経歴を持つ注目のバー「Quinary(クイナリー)」。こちらのお店はフルーツや野菜などをスピリッツと組み合わせて作る“ミクソロジーカクテル”をいただくことができるバーです。
お店の人気カクテルは、アールグレイ風味のモコモコとした泡がとってもファンシーな「アールグレイキャビアマティーニ」。フォトジェニックなだけでなく、エルダーフラワーリキュールを使用していることからフルーティーな味わいも特徴的です。迷ったらまずはこのカクテルをオーダーしてみて!

詳細情報

Quinary

56-58 Hollywood Road Central, Hong Kong

写真を投稿する
3.10 02

【2】Ping Pong 129 Gintonería(ピンポン 129 ジントネリア)/ 西營盤

中心街からは少し離れた西營盤(サイインプン)のエリアに佇むのは卓球場!ではなく、卓球場をリノベーションしたヒップなバー「Ping Pong 129 Gintonería(ピンポン 129 ジントネリア)」。階段を下り地下へ向かうと、このお店のシンボルである漢字のネオンサインとお洒落な雰囲気の空間があなたを出迎えてくれます。
こちらのバーはお店の名前にもある通り、ジントニックを中心としたジンベースのカクテルがメイン。暑い香港の夜をさっぱりとリフレッシュさせてくれますよ。まるで秘密基地のようなバー、ぜひ一度訪れてみてはいかが?

詳細情報

Ping Pong 129 Gintonería

Second St, Sai Ying Pun, Hong Kong

- 02

【3】Employees Only Hong Kong(エンプロイーズ オンリー ホンコン)/ 中環

アメリカで禁酒法が施行されていた時代、ひっそり隠れて営業するバー(スピークイージー)流行していました。そんなスピークイージーですが、現代でもその人気が再燃しています。中環エリアにお店を構える「Employees Only Hong Kong(エンプロイーズ オンリー ホンコン)」は、ニューヨーク発祥のスピークイージーです。
“従業員限定”という名前にも遊び心を感じることができるこちらのバーでは、マンハッタンやネグローニなどのクラシックなカクテルはもちろん、お酒が苦手な方でも飲みやすいお店オリジナルカクテルなどもあります。バーの本場であるニューヨーク仕込みのお洒落なお店、香港のバーホッピングでは絶対に外せません。

詳細情報

Employees Only Hong Kong

19 Lan Kwai Fong, Central, Hong Kong

写真を投稿する
3.00 02

【4】J. Boroski Hong Kong(ジェイ ボロスキー ホンコン)/ 中環

まるで昆虫の博物館のような内装で独特の世界観を作り出しているのが「J. Boroski Hong Kong(ジェイ ボロスキー ホンコン)」。お店の壁にはカブトムシのオブジェがぎっしりと飾られていますが、ライティングや店内のインテリアと合わさって、不思議とお洒落な雰囲気を醸し出しています。
そんな不思議な空間の中でいただくカクテルは、ゲストの好みやその時の雰囲気によって作ってもらえるというから素敵です。バーテンダーと会話をしながら、自分のお気に入りの一杯を見つけてみては?

詳細情報

J. Boroski Hong Kong

Ezra's Ln, Central, Hong Kong

写真を投稿する
3.00 02

【5】Honi Honi Tiki Cocktail Lounge(ホニホニ ティキ カクテル ラウンジ)/ 中環

香港で南国気分を味わいたいなら、中環にあるHoni Honi Tiki Cocktail Lounge(ホニホニ ティキ カクテル ラウンジ)へ訪れてみて。2016年にアジアのベストバー50にも選出されたこちらのバーは、アジア初のティキカクテル専門店です。
このティキとはハワイなどのポリネシア地域の神々像のこと。その像をモチーフにしたグラスを用いて作るトロピカルなカクテルこそがこのティキカクテルです。こちらのバーメニューは、フルーツを使ったラムベースのカクテルが中心。味はもちろん、見た目からも南国気分を味わえること間違いなしですよ!

詳細情報

HONI HONI Tiki Cocktail Lounge

3/F, Somptueux Central, 52 Wellington St, Central, Hong Kong

写真を投稿する
3.00 02

【6】Foxglove(フォックスグローブ)/ 中環

香港にはスピークイージースタイルのバーが数多く存在していますが、ここ「Foxglove(フォックスグローブ)」もその一つ。一見すると高級傘の専門店ですが、奥の隠し扉を通るとそこは別世界。大きく開けた空間の中、たくさんの人で賑わう活気あるバーが登場します。
曜日によりますが、夜はロマンチックなジャズの生演奏を聴きながらお酒を楽しめるのもこちらのバーの魅力の一つ。1930年代〜1950年代もののブランデーやスピリッツも置いてあり、お酒に詳しい方でもワクワクしてしまうようなラインナップです。

詳細情報

Foxglove

2/F, 6 Duddell St, Central, Hong Kong

写真を投稿する
3.00 02

【7】The Old Man(ジ オールド マン)/ 中環

ショッピングや飲食街が集まるお洒落なエリア・ソーホーにお店を構える「The Old Man(ジ オールド マン)」。こちらのバーはアメリカの有名な作家であるアーネスト・ヘミングウェイ氏にインスパイアを受けたコンセプトバーです。カウンターは彼のイニシャルである「H」の形をしているのだとか。
「The Sun Also Rises(日はまた昇る)」「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)」など、お店のメニューも例外なくヘミングウェイにまつわる名前がつけられたカクテルをいただくことができます。このお店をでる頃には、彼の小説を読んでみたくなってしまうかも。こちらのバーも2018年の世界のベストバー50に選出されており、今後も要注目です。

詳細情報

The Old Man

Lower G/F, 37-39 Aberdeen Street, Soho, Central, Hong Kong, Hong Kong

写真を投稿する
3.00 02

魅惑の街・香港のナイトライフを楽しもう!

※写真はイメージです。

いかがでしたか?夜の香港を楽しむなら、お気に入りのバーでお酒を飲んだり、複数のお店をバーホッピングしながら街を巡るのがおすすめ。香港のバー文化にどっぷり浸かる旅行を楽しんでみてくださいね。(掲載されている情報は2019年1月記事執筆時点のものです。旅行の際は事前に公式HPなどで最新の情報をご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する