• はてぶ
  • あとで
旅に求めるのは“写真映え”!京都女子旅で外せないフォトジェスポット12選

“写真映え”は、今や女子旅では外せない要素となっていますよね。今回は日本国内の女子旅スポットとして人気の高い「京都」で、絶対に訪れたいフォトジェニックなスポットを、観光地とグルメ併せて12か所ご紹介します。京都へ旅行で訪れる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。(※掲載されている情報は2020年1月記事更新時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

観光スポット編

【1】八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

まずはフォトジェニックな観光スポットからご紹介していきます。まずご紹介するのは、「八坂庚申堂」。こちらのお寺にあるお堂の周りに無数にぶら下がる“くくり猿”と呼ばれるお守りが、カラフルで写真映えすると話題なんです。
写真を撮るならば、カラフルなくくり猿を背景にして写真撮影をするのがおすすめ。着物を着て写真を撮ったり、おしゃれな飲み物を片手に写真を撮るのにもぴったりです。くくり猿はお願い事を書いて奉納する方が多いですが、家に持ち帰ることもできますよ。

詳細情報

【2】河合神社

続いてご紹介するのは、「河合神社」です。古くから下鴨神社の摂社として祀られるこちらの神社は、美容に関することや縁結び・安産などにご利益があると言われており、まさに女子旅で訪れるのに絶好なスポットなんです。
こちらの神社で注目していただきたいのが、“鏡絵馬”と呼ばれる顔のイラストが描かれた絵馬。この絵馬の顔を自分の顔に見立て、自分の化粧品やクレヨンなどを使ってお化粧して奉納するんです。他では味わえないユニークな体験をすることができますよ。

詳細情報

【3】キモノフォレスト

3つ目にご紹介するのは、嵐電嵐山本線の駅構内に併設している「キモノフォレスト」です。こちらには美しい京友禅の美しい絵柄のポールが約600本ずらりと並び、その光景は圧巻ですよ。着物を着て、この道で写真を撮るのもおすすめ。
昼の明るい時間帯はもちろんのこと、日が暮れた夜の時間帯も見どころです。毎晩日没から21:00までの間はポールがライトアップされ、幻想的な景色を楽しむことができます。写真を撮りがてら、散歩をしたいスポットとなっていますよ。

詳細情報

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-28

4.15 32397

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

京都を感じるキモノフォレスト

京都市右京区嵯峨天龍寺造路町にある、キモノフォレストです。 京都の代表的な観光地・嵐山と市内中心部を結ぶ、ローカル色豊かな私鉄が京福電鉄嵐山線・通称「嵐電(らんでん)」です。 その嵐電の嵐山駅が2013年7月にリニューアルを迎え、一気に大変身を遂げました🎶 「電停のある小さなまち」のコンセプトのもと、利用者の多い駅であるにも関わらず、改札口を廃止して、駅の敷地全体が自由に出入りできる広場として開放されました😊 ホーム内にも新たな店舗が進出し、電車に乗らなくてもそれらの店舗が利用できるようになりました✨ 今までホーム内にあった足湯の利用も促進されることになりました♨️ そして、そんな大掛かりなリニューアルの中でも一番の目玉は、今をときめくインテリアデザイナー・森田恭通さんが手掛けた「キモノ・フォレスト(友禅の光林)」です‼️ ご覧のように「これぞ京都」と言わんばかりの光景で、見る者の心を奪います🥰 特に夜間は、とても美しくライトアップされ、更に美しさを増します✨ これを見て写真を撮らない方はいらっしゃらないくらいのインパクトですよね🎶📸🎶 立ち入りも自由ですので、是非一度ご覧いただきたいです✨🤗✨

【4】嵐湯

同じく嵐山エリアにある「嵐湯」は、フォトジェニックに足湯を満喫することができるスポット。こちらで体験できる足湯は他とは異なり、色とりどりの季節の花々や香り高い抹茶などを使った見た目も可愛らしいものとなっているんですよ。
足湯と一緒にお抹茶をいただいたり、フットマッサージを受けたりすることもでき、心ゆくまでリラックスすることができるスポットとなっています。京都ならではのちょっぴりユニークなスポットですよね。旅の疲れを癒しに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

activityjapanで見る

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-40

3.59 770

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】PAPEPO MUSEUM(パペポミュージアム)

次にご紹介する「PAPEPO MUSEUM」は、体験型の今までにない新感覚のミュージアムとなっています。館内にはピンク色のアートが広がり、どこを撮っても写真映えすること違いありません。人気スポットのため、事前に予約してから訪れるのがおすすめです。
フォトジェニックな写真を撮れるスポットはもちろんのこと、ムービージェニックな動画映えするブースも用意されているんだそう。あまりの可愛さに、思わずシャッターを切る手が止まらなくなってしまいそうですね。非日常空間をぜひ楽しんでみてください。

詳細情報

【6】HOTEL SHE, KYOTO(ホテル シー キョウト)

最後にご紹介するのは「HOTEL SHE, KYOTO」です。こちらは、「京都の文化とメディアアートの融合」をコンセプトに作られたブティックホテル。外観から内装まで全てがおしゃれすぎると話題になっているんです。ホテルには宿泊しなくても利用できるアイスクリームパーラーが併設されています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する