• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】140品種の桜が夜空に咲き誇る「桜ライトアップ2019」京都府立植物園で開催

2019年3月25日(月)~4月7日(日)まで、「桜ライトアップ2019」が京都府立植物園にて開催されます。また、2019年4月19日(金)~4月21日(日)までは、園職員による「桜散歩」が実施されます。(なお情報は、記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

京都府立植物園で「桜ライトアップ2019」開催

開催期間:2019年3月25日(月)~4月7日(日)

2019年3月25日(月)~4月7日(日)まで、「桜ライトアップ2019」が京都府立植物園にて開催されます。また、2019年4月19日(金)~4月21日(日)までは、園職員による「桜散歩」が実施されますよ。
関西屈指の規模を誇る京都府立植物園の桜では、現在約200品種まで増え、このうちの140品種の桜を鑑賞することが出来るんですよ。
多くの桜の名所で観賞される”ソメイヨシノ”は4月初旬の1週間程度を見頃としていますが、京都府植物園にある桜は、早咲き、遅咲きと多品種を保有していることで、3月中旬から4月下旬まで長い期間にわたって桜の開花を楽しむことが出来るんです。
また、4月中旬には、江戸時代から「黄桜」(キザクラ)、「黄金桜」(コガネザクラ)、「浅黄桜」(アサギザクラ)などの別名でも記録のある品種の”鬱金(ウコン)”や、京都の伝統的な桜”御室有明(オムロアリアケ)”といった、歴史ある珍しい品種を鑑賞できるところも見どころなんですよ。
そして、ライトアップ期間中は、閉園時間を延長して日没~21:00まで、”ソメイヨシノ”や”ヤエベニシダレ”など約250本の桜がライトアップされ、長期間にわたって日ごとに変わる夜桜を堪能出来るんです。

夜桜を楽しむ

いかがでしたか?今回は、京都府立植物園で開催される、「桜ライトアップ2019」をご紹介しました。昼間とは違う表情の桜を楽しむのも趣が感じられていいですよね。是非、参考にしてこの機会に足を運んでみてくださいね。

詳細情報

■「桜ライトアップ2019」
開催期間:2019年3月25日(月)~4月7日(日)
時間:日没後(午後6時30分頃)~21:00 (入園は午後8時まで)
※通常17:00までの開園時間を21:00まで延長
会場:京都府立植物園「桜林」エリア

■「桜散歩」
20194月19日(金)13:00~13:45
2019年4月20日(土)13:00~13:45、17:00~17:45
2019年4月21日(日)17:00~17:45
※2019年4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため、
通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)
【場所】園内の桜品種見本園を中心としたエリア
※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。

料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料
※70歳以上(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
  • 京都府京都市左京区下鴨半木町
  • 075-701-0141

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する