迷っても立ち止まるな。日本全国の“君に元気をくれる”春の絶景11選

春は新しい環境や人間関係を楽しむことができる人もいれば、それに悩み立ち止まりそうになる人も多い季節です。しかし、そこで立ち止まっていては何も始まりません。今回は、そんな立ち止まりそうになっているあなたに贈る日本全国の“君に元気をくれる”春の絶景をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

弘前公園 / 青森県

最初にご紹介するのは、弘前公園です。こちらは、青森県弘前市にある弘前城にある公園で、春になると桜が綺麗に色づくことで知られる日本屈指の絶景スポットです。園内には約2,600本の桜が植えられています。例年4月中旬~GW期間にかけて「弘前さくらまつり」が開催されています。
そんな「弘前公園」、桜が落ちた頃に見ることができる桜の絨毯が絶景!水を桜が敷き詰めるようにピンク色に染まる姿は他では見ることのできない光景ですよね。ライトアップされる夜にはまた違った表情を見せるので、是非昼夜で楽しんでみてくださいね。

弘前公園

青森県弘前市下白銀町1 弘前公園

4.03 32906

八幡平ドラゴンアイ / 岩手県

続いてご紹介するのは「八幡平ドラゴンアイ」です。岩手県八幡平頂上付近にある絶景スポットで、5月下旬から6月上旬の限られた時期にだけ見ることができます。自然が生み出す神秘的な光景を楽しめます。
そんな「八幡平ドラゴンアイ」では、鏡沼の雪解けの際にスカイブルーと白のコントラストが作り出す絶景を楽しむことができます。竜の目に見えることからドラゴンアイと呼ばれていて、この時期にこの場所でしか見ることのできない貴重な絶景なんですよ。

角館 / 秋田県

続いては、秋田県「角館」をご紹介します。角館は“みちのくの小京都”と称される街で、日本の古き良き景観と四季折々の自然との素晴らしいコラボレーションが広がります。着物のレンタルや人力車に乗る体験もでき、風情ある街並みにぴったりの特別な旅になりますよ。
そんな「角館」では、桜と武家屋敷のコラボレーションがここでしか見ることのできない趣深さを演出します。また、しだれ桜の一本木もあるので、圧巻の春景色を堪能することができます。ここでしか見ることのできない日本の春の素晴らしさを実感してみてはいかがでしょう?

三春滝桜 / 福島県

続いてご紹介するのは、「三春滝桜」です。福島県三春町にあるベニシダレザクラで毎年4月中旬~4月下旬に見頃を迎えます。日本五大桜としても名高い日本を代表する桜の木です。樹齢1,000年以上と推定され、国の天然記念物にも指定されています。
そんな「三春滝桜」では、菜の花と桜のコラボレーションを楽しむことができます。菜の花と桜、そして空が作り出す黄色、ピンク色、青色のコントラストは素晴らしく美しい景観を楽しむことができます。

国営ひたち海浜公園 / 茨城県

「国営ひたち海浜公園」は、SNSでよく見かける絶景スポット。茨城県ひたちなか市にある国営公園で、春のネモフィラや秋のコキアの光景で有名な関東屈指の観光スポットになっています。約215haの広大な敷地を有し、四季折々の草花が年中人々を楽しませます。
春の「国営ひたち海浜公園」では、ネモフィラによって一面青に染まる絶景を楽しむことができます。晴天の際には、空の青とネモフィラによって上も下も青に染まる、青の世界を楽しんでくださいね。例年4月中旬〜5月上旬が鑑賞時期です。

国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

3.14 1306864

富士本栖湖リゾート / 山梨県

「富士本栖湖リゾート」までドライブして絶景を楽しみに行きませんか?こちらは、富士山の麓に位置するリゾートホテルで、春になると色とりどりに輝く芝桜が辺り一面に咲き誇ります。春の訪れを存分に感じることができる景色に出会うことができます。
見事に色づいた芝桜と富士山との共演を楽しむことができるのは、「富士本栖湖リゾート」だけです!首都圏最大級の約50万株の芝桜が咲き誇り、鮮やかな色のコントラストも楽しめます。毎年4月中旬~5月下旬には「富士芝桜まつり」が開催されるので、チェックしてみてくださいね。

富士本栖湖リゾート

山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212 富士本栖湖リゾート

3.99 19295
富士山の麓に広がる巨大なピンクの絨毯♡

山梨県・河口湖エリアにある富士本栖湖リゾート。 広大な敷地では様々な植物を楽しむことができますが、 一番人気なのがGWシーズンに見ごろを迎える芝桜! 首都圏最大級の、その数約50万株の芝桜が 富士山の麓に咲き誇りそこはまるでピンクの絨毯。 17年目を迎える今年のテーマは 「息をのむ、ピンク。」 実は柴桜にも色々な品種があり、 白い品種とでハートにデザインされたエリアなど 映えスポットがたくさん!ミニ富士山もあります。 他にも "ピンクの海を旅する小舟" や"幸せの黄色い扉" 東京芸術大学との企画の"飛び出す絵本の世界" も! 園内で無料でいただける切り絵も可愛かったです♡ これなら年齢性別関係なく、映え写真が撮れそう◎ フォトコンテストなどイベントを開催中なので 詳しくは公式アカウントをご覧ください。 この日はあいにくのお天気で富士山先輩は、現れず。 晴れていても雲がかかっていることもあるので こればかりはお天気予報を見て祈るしかない… ピーターラビットのインガリッシュガーデンも 至るところに仲間たちがいて可愛かったです♡ 世界感が楽しめるカフェレストランもおすすめ! ※ 大人気で待ち時間あり。 入り口で整理券を自分で発券するスタイル 連休中はかなりの渋滞になるので 当日の予定はゆとりを持ちましょう◎

いなべ市 農業公園 梅林公園 / 三重県

「いなべ市 農業公園 梅林公園」では、梅が咲き乱れる様子を楽しむことができます。こちらは、三重県にある梅林公園。100種類・4,000本もの梅に出会うことができます。奥には、鈴鹿山脈も一望できる最高の観光スポットです。
そんな「いなべ市 農業公園 梅林公園」では、色とりどりの梅を楽しむことができます。100種類もの梅が作り出す、圧巻のコントラストで心を動かす絶景に出会うことができます。2月に「梅まつり」が開催予定なので、訪れてみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 春になり、だんだんと外におでかけする機会も増えたのではないでしょうか。そんな今…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する