• はてぶ
  • あとで
【終了】星野リゾート 青森屋で和のイルミネーションが見どころの「春の公園散策」実施

2019年4月5日(金)~5月31日(金)の期間、青森の文化を満喫する宿「星野リゾート 青森屋」で、敷地内にある公園で、青森の伝統工芸品を使用した和のイルミネーションを観賞する春の公園散策が実施されます。(なお情報は、記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

星野リゾート 青森屋で「春の公園散策」実施

実施期間:2019年4月5日(金)~5月31日(金)

2019年4月5日(金)~5月31日(金)の期間、青森の文化を満喫する宿「星野リゾート 青森屋」で、敷地内にある公園で、青森の伝統工芸品を使用した和のイルミネーションを観賞する春の公園散策が実施されます。
青森屋の公園には、茅葺屋根の古民家、青森の伝統工芸品を使用したラウンジやテラスが点在していて、散策をしながら青森の工芸品や職人の伝統の技に触れることができるんですよ。
この春は、ねぶたの山車を作る技法を用いて和傘に花の絵を描いた「和傘の花道」、伝統工芸品「津軽金山焼(つがるかなやまやき)」を照明に採用した「灯りの花道」、弘前ねぷたまつりの絵師が描いた「ねぷたの花道」の3つの花道を巡り、散策を楽しめます。

その1 和傘の花道

「和傘の花道」は、ねぶたの山車を作る際の蝋引きという技法でりんごの花を描いた和傘で、散策路を彩ります。蝋引きは、約130度の高温で溶かした蝋を和紙に引いていく高度な技法で、ねぶたに色を付けるために不可欠な工程です。蝋引きにより、蝋の部分から内部の光が透き通り、和傘が明るく見えるだけでなく、描かれた墨の部分を引き立たせる効果があるんだそう。

その2 灯りの花道

「灯りの花道」は、伝統工芸品の津軽金山焼を採用していて、釉薬を使わず高温でじっくり焼き上げる焼締めという技法を用いているため、窯の温度変化や灰のつき方により、ひとつひとつ異なる模様と、土の温かみのある質感が生まれます。照明の形や柄はりんご、ねぶたや伝統工芸品の八幡馬などの青森にちなんだオリジナルデザインなんですよ。

その3 ねぷたの花道

「ねぶたの花道」は、伝統工芸品「八幡馬」をデザインに取り入れた、開放的なラウンジです。りんごジュースや地酒などを季節に合わせて飲めるんです。ゆっくりと流れていく時間の中で、リラックスできそうですね。

思わず息を呑む美しさ

この春のおでかけに「星野リゾート 青森屋」の公園散策はいかがですか?綺麗な景色を眺めることはもちろん、青森の伝統工芸の魅力を知ることができる機会では?ぜひ国内旅行などで足を運んでみてくださいね。

詳細情報

期間:2019年4月5日(金)~5月31日(金)
場所:星野リゾート 青森屋 公園内
時間:5:00~23:00
ライトアップ時間:17:00~23:00 
貸し灯篭受付時間:15:00~21:00
料金:無料 
※天候により、一部プログラムが中止になる場合があります。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する