• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
カフェ通なら今更聞けない!美味しいコーヒーに関する10の知識

世界中で愛され、飲まれ続けるコーヒー。日常の一部にコーヒーが欠かせない人も多いのではないでしょうか。世界、そして日本中のあちこちにコーヒーの飲めるカフェやコーヒースタンドがあります。ですが、私たちのほとんどは「コーヒー」について実はあまりまだよく知らないのでは。コーヒーにこだわりを持つってなんだかカッコよくないですか?そこで今回は、美味しいコーヒーに関する10の知識をご紹介します。(※掲載されている情報は2019年1月記事公開時点のものです。お出かけの際は必ず事前に情報をお調べください。)

このまとめ記事の目次

①コーヒーの成分って、知ってる?

コーヒー好きの人なら、それこそ毎日でもコーヒーを飲むという人が多いのではないでしょうか。しかし、そんな毎日口にしているコーヒーの成分のこと、よく知っていますか?代表的なコーヒーの成分といえば、「カフェイン」。緑茶や紅茶など他の飲料と比較すると2〜3倍のカフェインがコーヒーには含まれていると言えます。
もう一つの特徴的な成分は「ポリフェノール」。これはコーヒーの褐色や苦みのもととなっている物質で、赤ワインやお茶などにもポリフェノールの仲間が入っているんです。赤ワインやお茶にある苦みは、ポリフェノールによって作られていたのですね。

②生産国とコーヒー豆の種類

コーヒーには、生産国や産地によって味や香りに傾向があることは何となく分かるのではないでしょうか?しかし、それぞれどの産地がどんな特徴を持っているのかって分かりづらいですよね。現在では、コーヒーを栽培している国はなんと世界に70ヵ国以上あるといわれています。日本にも実はコーヒーを栽培している農家があるんですよ。
代表的なコーヒー生産国、「ブラジル」。ブラジル産コーヒー豆の特徴は、酸味と苦みの調和のとれたものが多いところ。ブレンドコーヒーのベースの豆としても使用されやすいんだそう。また、日本に大量に輸入されている「コロンビア」産コーヒーは、甘みがあってフルーティー。さらに、銘柄によっても味の特徴が。エチオピア産の「モカ」などは有名ですよね。

③焙煎(ロースト)によって変わる風味

コーヒーにとって重要な「焙煎」というプロセス。よくカフェなどに行っても、お店のこだわりが「自家焙煎」なんてところがたくさんありますよね。そんな焙煎は、コーヒーに甘みや苦みといった風味や香りを生み、豊かな味わいにしてくれます。よく見るコーヒー豆の黒っぽい色はもともとの豆の色ではなく、焙煎したから黒っぽく見えるのです。
さらに焙煎時間や、熱のかけ方などによってコーヒー豆には「深煎り」「中煎り」「浅煎り」などの焙煎度合いで変わります。一番焙煎度が浅いコーヒーほど酸味が強く、深いコーヒーほど苦みが強いです。焙煎度はなんと8段階まであり、浅いほうは「ライトロースト」から深いほうは「イタリアンロースト」まで。まさに、奥が深いですね。

④コーヒーの約99%は水

当たり前といったら当たり前だけど、意外と忘れがちな「水」の存在。コーヒーのほとんどは水でできているのだから、その水が美味しくなければはじまらない。実は、水道水かミネラルウォーターかという違いだけでもコーヒーの味は変わってくるんですよ。
コーヒーに最も大きく影響を与えるのが、「軟水」か「硬水」かというところ。硬水には、コーヒーの成分と反応を起こしやすいミネラル(マグネシウムなど)が多く含まれています。もしも、硬水でコーヒーを淹れたなら、苦みの強いコーヒーができてしまうかもしれません。

⑤ドリップの方法とは

美味しいコーヒーを自分で淹れたい人も、そうでない人も知りたいコーヒーの「抽出」の方法。ハンドドリップで最も主流なのが、ペーパーフィルターを使用する「ペーパードリップ」。自宅でも気軽に使用できますが、美味しい淹れ方にはちゃんとしたコツがあるんですよ。
ドリップの仕方は他にもあります。紙を使用せず布のフィルターで抽出を行う「ネルドリップ」。ペーパーよりもフィルターの目が粗いので、滑らかな食感のコーヒーが楽しめます。他にも水出しコーヒーが作れる「ウォータードリップ」やイタリア式で圧力をかけて抽出する「エスプレッソ」など、実に様々です。

⑥ブレンドコーヒーとは?

ブラジルやコロンビアなどといった、産地の名前のついているコーヒーを「ストレート」というのに対して、複数の産地で違った銘柄のコーヒーを決まった割合で配合したものを「ブレンド」といいます。この割合、ブレンドの仕方によってコーヒーの味は無限に広がるのです。
お店によくある「オリジナルブレンド」のコーヒーを飲めば、他のコーヒーと飲み比べてみたり、コーヒー専門店などのお店で自分好みのコーヒーを探してみる、といった上級者の楽しみ方もできますね。自分好みのブレンドコーヒーを見つけてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する