• はてぶ
  • あとで
春がきた、そうだ、京都に行こう。京都の“満足度120%”の春旅スポットまとめ

春休みどこに行こうと迷ってる方も多いのではないでしょうか?そんな方にオススメしたいのが京都です。古都の歴史と春を余すことなく感じることができる京都はきっと、素敵な春を演出してくれます。今回は、そんな京都で行きたいスポットまとめをご紹介します。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【観光スポット】

1.東寺(教王護国寺)/京都市南区

ライトアップ開催期間:2021年3月19日(金)~2021年4月18日(日)

まず、はじめにご紹介する京都・春の観光スポットは「東寺(教王護国寺)」です。日本で最も高い五重塔があり、古都の雄大さと圧巻さを持つ歴史的建築物が特徴的な観光スポットになっています。この東寺では、2021年3月19日(金)~2021年4月18日(日)でライトアップが開催されます。
そんな「東寺」では、八重紅枝垂れ桜の「不二桜」が3月下旬ごろに見頃を迎え、五重塔と共にライトアップされることで、幻想的な春の景色を楽しむことができます。春の京都では欠かす事のできないスポットです。

詳細情報

2.蹴上インクライン/京都市左京区

次に、ご紹介するのは「蹴上インクライン」です。南禅寺近くにあり、全長582mにもなる世界最長の傾斜鉄道跡になっています。ここでは、ソメイヨシノやヤマザクラが線路沿いに咲き誇り他では見る事のできない春景色を楽しむことができます。
そんな「蹴上インクライン」では、3月下旬ごろから4月上旬ごろに見頃を迎え、線路沿いいっぱいに桜が咲き誇る景色を楽しむことができます。普段は線路の上に立って、写真を撮るなんてことはできませんが、ここでは線路の上に立って写真を撮ることができるので、是非足を運んでみてください。

詳細情報

3.哲学の道/京都市左京区

次に、ご紹介するのは「哲学の道」です。琵琶湖疏水沿いにある哲学者たちが愛したことでも知られる道です。春になると桜が作り出すトンネルが道を彩り、春を目一杯感じることができます。
そんな「哲学の道」の見頃は4月上旬ごろから4月中旬ごろですが、桜が散る頃には疎水に桜が落ち、ピンクの絨毯を楽しむことができます。桜が落ちても春を存分に感じることができるスポットになっているので、是非足を運んでみてください。

詳細情報

4.京都・東山花灯路/京都市東山区

次に、ご紹介するのは「京都・東山花灯路(はなとうろ)」です。2003年から始まりました、京都の東山周辺で開催される春に行われる「灯り」をテーマにしたイベントです。期間中は東山の街を幻想的な灯りで包み込みます。(※2021年の開催は中止されました。)
そんな「京都・東山花灯路」では、「灯りと花の路」や「いけばなプロムナード」などが行われる他、近隣スポットでライトアップが行われるなど見所盛り沢山のイベントになっています。この時期にしか出会う事のできない古都の幻想的な風景に酔いしれてみてください。

詳細情報

5.円山公園/京都市東山区

次に、ご紹介するのは「円山公園」です。京都市にある最も歴史のある公園で、春には約680本もの桜が咲き誇る姿を楽しむことができます。「祇園しだれ」と呼ばれている枝垂れ桜は圧巻です。
そんな「円山公園」では、桜が3月下旬ごろから4月上旬ごろに見頃を迎え、同時にライトアップも見ることができます。樹齢の長い枝垂れ桜は京都の歴史と春を両方感じる事のできるはずです!

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • なんだかいつもよりも色っぽく見えるのは、桜色に包まれているからだろうか。「いま…

  • 今年の春の旅行の計画は立てていますか?今春はGWも10連休と長く、例年以上に春…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する