• はてぶ
  • あとで
瀬戸内海が一望できる温泉も!目的別に楽しめる広島の温泉宿7選

広島といえば世界遺産も多く存在する人気の観光地ですが、実は温泉もあるのです!旅をする中で、観光地へのアクセスがいい宿、ゆったりと温泉に浸かることができる宿など、宿泊先に望むものは人それぞれ。今回は温泉がある広島の宿泊施設を、デートから家族旅行、女子旅とそれぞれのシチュエーションに合わせてご紹介します!(なお情報は掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

広島の温泉って?

「広島温泉」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが、実は広島県は、25℃未満の源泉数が豊富なんです。冷たいのに温泉?と思われるかもしれません。ですが冷たい温泉は水を加える必要がなく、温めるだけで良いので、純度も非常に高いと言われています。
広島には、尾道や宮島など、数多くの観光スポットがあります。定番の観光地を巡ったり、宿近くを散歩してみたり、地元の食材にこだわったお料理を楽しんだり、歴史に触れたりと楽しみ方はさまざまです。今回はそんな広島温泉で泊まりたい宿を、目的別に7つご紹介します。

1. オーシャンビューの絶景が楽しめる宿

汀邸 遠音近音

まずご紹介するのは、広島県の福山市にある「汀邸 遠音近音」。こちらは、鞆の浦の美しいオーシャンビューを眺めながら温泉に入ることもできる贅沢宿になっていて、自分へのご褒美に泊まるのにぴったりです。
お部屋は、すべてオーシャンビュー&露天風呂付き。海を眺めながらプライベート空間で温泉に入れば日頃の疲れも一瞬で吹き飛んでしまいそうですね。さらに広々とした貸切露天風呂を無料で利用できたり、姉妹館の温泉に入ることもできるので、とことん温泉尽くしの旅がしたい方にもおすすめです。

詳細情報

2. 家族でのんびり過ごせる宿

湯坂温泉郷 ホテル賀茂川荘

家族連れでの旅行や、大人数の友達同士の旅行の場合、みんなで一つのお部屋に泊まれる宿に泊まるのが理想的ですよね。こちらの「湯坂温泉郷 ホテル賀茂川荘」には、最大5名まで泊まれる和洋室のお部屋があり、値段も手ごろなので、家族旅行にぜひともおすすめしたいです。
宿の周りは、広々とした日本庭園が囲んでおり、その緑溢れる雰囲気も素敵。温泉のお湯は、お肌に優しいと評判の湯坂温泉で、信楽焼の露天風呂や、五右衛門風呂、ジェット風呂など様々な湯船が用意されています。別途有料の貸切風呂も用意されているので、家族で利用してみるのもおすすめです。

詳細情報

3. デートにピッタリ!ゴージャスな宿

グランドプリンスホテル広島

最初にご紹介するのは「グランドプリンスホテル広島」。総部屋数が510室という非常に規模の大きなホテルです。JR広島駅からホテルまで直行する無料シャトルバスが運行しているためアクセスも便利です。また、広島の人気観光地である宮島にも、ホテル前桟橋から高速船で26分で行くことができるため、宮島観光もスムーズにできます。
こちらのホテルは、広島市内にありながら瀬戸内海に面しているため、露天風呂からは美しい瀬戸内海の景色を眺めることができます。宿泊者専用の広島温泉「瀬戸の湯」は、船の先端をイメージしているという浴槽の形も特徴的。ぜひ、そちらにも注目してみてくださいね。

詳細情報

4. アクティブに楽しみたい方にオススメな宿

安芸グランドホテル

続いてご紹介するのは「安芸グランドホテル」です。こちらの宿では、通常の浴場に加え、事前予約制の貸切露天風呂が2種類あります。美しい瀬戸内海を見ながらプライベートなひとときを過ごすことができます。またお食事処も、日本料理や洋食、バーなど多様であるため、シーンに合わせて贅沢に選ぶことができます。
この宿の大きな魅力の一つとして、「世界遺産ナイトクルージング」というものがあります。こちらはホテル専用桟橋から出発し、ライトアップされた世界遺産宮島の大鳥居・厳島神社を海上参拝するというもの。温泉に浸かってのんびりするだけでなく、夜まで旅行を楽しみたい!というアクティブな方にオススメです。※厳島神社は現在、一部が保存修理工事中です。詳しくは公式サイトなどをご確認ください。

詳細情報

5. 非日常空間を満喫できる宿

きのえ温泉 ホテル清風館

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する