• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
瀬戸内海が一望できる温泉も!目的別に楽しめる広島の温泉宿7選

広島といえば世界遺産も多く存在する人気の観光地ですが、実は温泉もあるのです!旅をする中で、観光地へのアクセスがいい宿、ゆったりと温泉に浸かることができる宿など、宿泊先に望むものは人それぞれ。今回は温泉がある広島の宿泊施設を、デートから家族旅行、女子旅とそれぞれのシチュエーションに合わせてご紹介します!(なお情報は掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

広島の温泉って?

「広島温泉」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが、実は広島県は、25℃未満の源泉数が日本一なのです。冷たいのに温泉?と思われるかもしれません。ですが冷たい温泉は水を加える必要がなく、温めるだけで良いので、純度も非常に高いと言われています。
広島には、尾道や宮島など、数多くの観光スポットがあります。定番の観光地を巡ったり、宿近くを散歩してみたり、地元の食材にこだわったお料理を楽しんだり、歴史に触れたりと楽しみ方はさまざまです。今回はそんな広島温泉で泊まりたい宿を、目的別に7つご紹介します。

①デートにピッタリ!ゴージャスな宿

グランドプリンスホテル広島

最初にご紹介するのは「グランドプリンスホテル広島」。総部屋数が510室という非常に規模の大きなホテルです。JR広島駅からホテルまで直行する無料シャトルバスが運行しているためアクセスも便利です。また、広島の人気観光地である宮島にも、ホテル前桟橋から高速船で26分で行くことができるため、宮島観光もスムーズにできます。
こちらのホテルは、広島市内にありながら瀬戸内海に面しているため、露天風呂からは美しい瀬戸内海の景色を眺めることができます。宿泊者専用の広島温泉「瀬戸の湯」は、船の先端をイメージしているという浴槽の形も特徴的。ぜひ、そちらにも注目してみてくださいね。

詳細情報

②ファミリーでも楽しめるコテージタイプの宿

君田温泉 森の泉

続いて紹介するのは「君田温泉 森の泉」です。こちらのお宿は、スタンダードな洋室、和室に加え、大人8名まで利用可能なコテージもあります。温泉で癒された後はコテージで友達とワイワイ楽しい時間を過ごすことができます。また、お子様連れの方でも、周りのことを気にせずに目一杯楽しむことができます。
疲れた体を癒してくれる天然温泉は、日帰り入浴も可能です。施設内では地元の新鮮な食材や特産品の販売も行われています。また宿の近くには、「君田町森の散歩道」と名前の、四季を感じながら散歩を楽しむことができる散歩コースがあります。観光地を沢山めぐるのもいいですが、宿の近くでゆったりとした時間を過ごすのもオススメです。

詳細情報

rakutenで見る 他の提供元を表示2件
  • 広島県三次市君田町泉吉田311-3
  • 0824537021

③アクティブに楽しみたい方にオススメな宿

安芸グランドホテル

続いてご紹介するのは「安芸グランドホテル」です。こちらの宿では、通常の浴場に加え、事前予約制の貸切露天風呂が2種類あります。美しい瀬戸内海を見ながらプライベートなひとときを過ごすことができます。またお食事処も、日本料理や洋食、バーなど多様であるため、シーンに合わせて贅沢に選ぶことができます。
この宿の大きな魅力の一つとして、「世界遺産ナイトクルージング」というものがあります。こちらはホテル専用桟橋から出発し、ライトアップされた世界遺産宮島の大鳥居・厳島神社を海上参拝するというもの。温泉に浸かってのんびりするだけでなく、夜まで旅行を楽しみたい!というアクティブな方にオススメです。

詳細情報

expediaで見る 他の提供元を表示7件
  • 広島県廿日市市宮島口西1-1-17
  • 0829-56-0111

④非日常空間を満喫できる宿

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する