• はてぶ
  • あとで
「トキメキ」が詰まった国。チェコ・プラハのおすすめ観光スポット10選

みなさん世界一美しい街と言われるチェコの首都プラハをご存知ですか?中世時代の街並みが残る、まるで絵本の世界に飛び込んだかのような景色が広がる魅惑の都市。そんなプラハには魅力ある観光スポットが盛りだくさん。そこで今回は見たら絶対にプラハに行きたくなるおすすめの観光スポット10選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1. プラハ城

最初にご紹介するのは「プラハ城」です。プラハ城はカレル橋と同じぐらい人気の観光スポット。世界最古で最も規模の大きいお城と言われており、広大な敷地の中には美術館や協聖ヴィート大聖堂、旧王宮などがあります。
プラハ城の正門の両脇には「戦う巨人たち」という迫力のある彫像が立っています。時間帯によってはちょっとした名物ショーである衛兵の交代式を見ることができます。また、敷地内にある聖ヴィート大聖堂は迫力満載の見事な建造物なので必見です。

詳細情報

2. 聖ヴィート大聖堂

続いてご紹介するのは、プラハ城の敷地の中にある「聖ヴィート大聖堂」です。長い年月をかけて作られた教会はどこを見ても、細部まで細かい彫刻が施してありずっと見ていても飽きることはありません。
こちらの教会に来たら絶対に見ておきたいのが、チェコ出身の芸術家「ミュシャ」が手がけたステンドグラスです。鮮やかで、一枚一枚細かく描かれた人物像は息を飲んでしまうほど美しいです。プラハのシンボルとも言える絶景を見に行きませんか?

詳細情報

3. 旧市街橋塔

続いてご紹介するのは「旧市街橋塔(Old Town Bridge Tower)」です。こちらはカレル橋を上から見下ろせる絶景スポット。マイナーな観光地ではありますが、やはりカレル橋は上から見下ろしたほうがそのすごさを実感することができるのでおすすめです。
カレル橋の端に位置しているのですが、意外とあまり知られていない穴場スポット。入場料はかかりますが、プラハに来たことを改めて実感することができます。特にプラハ城とカレル橋の夜景は息を飲む美しさなので、夜になって訪れてみるのもまた良いですよ。

詳細情報

4. カレル橋

続いてご紹介するのはプラハのシンボルともなっている「カレル橋(Charles Bridge)」です。観光客ならば誰もが訪れる、プラハ城と旧市街を結ぶ歴史ある橋。1400年代に完成したといわれています。橋からは美しすぎるプラハ城やプラハの街並みを目に納めることができます。
橋の上には30体の偉人の彫刻が並んでおり、様々な言い伝えをもっています。その中でも有名なのが「聖ヤン・ネポムツキー像」。頭の上に5つの星が舞っているのが特徴的な像です。像の右下にあるプレートに手を当ててお祈りをすると願いが叶うという言い伝えがあり、多くの観光客が集まっています。

詳細情報

5. セドレツ納骨堂

続いてご紹介するのは、プラハから電車で1時間ほどでいける「セドレツ納骨堂」です。こちらは教会になっているのですが、なんとも変わっているのが、本物の人骨が装飾として各所に飾られているのです。一見すると不気味ですが、精巧に作られる装飾は思わずじっと見てしまいますね。
こちらで注目したいのが、教会の奥に進んでいくとある、人骨だけで作られた巨大シャンデリアです。まるで映画の世界に迷い込んでしまったかのような、異質な空間に圧倒されますね。日本では絶対に見ることのできない不気味で、でもその分美しい教会を見に行きませんか?(※なお、セドレツ納骨堂の内部の写真撮影は禁止されています。)

詳細情報

セドレツ納骨堂

チェコ クトナー・ホラ Zámecká

写真を投稿する
3.00 021

6. ジョン・レノンの壁

続いてご紹介するのは「ジョン・レノンの壁(John Lennon Wall)」です。プラハ城近くにある一際目立つド派手な壁。壁一面に様々なメッセージやアートが施されており、壁の前では写真撮影をする人やパフォーマンスをする人で賑わいをみせています。
by conamore
かつてチェコがまだ共産主義国だった頃に、政府に反対していた国民たちが自由と希望を求めジョン・レノンの歌詞や彼らの思いを壁に書き込んだことがきっかけだと言われています。なかなかユニークなスポットとなっていておすすめです。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

conamore世界25カ国旅してきました!ヨーロッパが得意です。

このまとめ記事に関して報告する