• はてぶ
  • あとで
台北から1時間でアートの世界へ。台湾リピーターが推す「台中」の注目スポット20選

台北から1時間ほどで行ける「台中」。実はアートで溢れた街だということをご存知ですか?日本からも行きやすい台湾だからこそ、リピーターでも楽しめるメジャーなスポットからマイナーなものまでおすすめスポット20選のご紹介です。これであなたも台湾通? (※掲載されている情報は2019年2月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①高美湿地

最初にご紹介するのは、台湾のウユニ塩湖とも呼ばれる「高美湿地」です。夕方になると、暮れていく夕陽と水面に映る人々の影が幻想的な幻想的な景色を作り出し、素敵な写真を撮影できます。台湾鉄道清水駅からバスで30分ほどのアクセスで、到着した際にあらかじめ帰りのバスの時間帯も調べておくことをおすすめします。

詳細情報

②彩虹眷村

次にご紹介するのは、不思議な柄のデザインが目を惹く「彩虹眷村(ツァイホンジュアンツン)」です。台中・長春エリアにあり、軍人の住む家が有名な観光地として知られています。実際にこの地域に住んでいる方もいるので、騒音などで迷惑にならないよう注意しましょう。

詳細情報

③台中国家歌劇院

続いては「台中国家歌劇院」です。日本の建築家が手掛けた歌劇院は比較的新しい観光地なので、台中に旅行したことがある方にも新しくおすすめしたいスポットです。外観の不思議なデザインはもちろん、中のテーブルやイスなどもデザイン性の高い不思議なものが多いので、見ているだけでアートを感じられる空間です。

詳細情報

101號,Section2,HuilaiRoad,XitunDistrict,TaichungCity,台湾407

3.68 7184

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④路思義教堂

続いては「路思義教堂」は、台中の観光スポットとしても有名なスポットの1つです。三角の不思議な形をした外観が目を惹く建物で、礼拝堂として日曜日のみ中に入って観光できます。礼拝時間は決まっており変更の可能性もあるので、あらかじめ時間を調整して足を運んでみてくださいね。

詳細情報

台湾TaichungCity,XitunDistrict,台中港路三段181號

3.01 02

⑤第二市場

続いては、台中駅からのアクセスもいい「第二市場」です。朝7頃から空いており、地元民からも愛されるお店が多いので、2回目以降の旅行でローカルにも挑戦してみたい方に特におすすめです。外観の古めかしい感じからも台中らしいイメージを感じられます。

詳細情報

⑥20号倉庫

次に紹介するのは、アートな写真スポットが満載の「20号倉庫」です。台中駅からすぐの場所にある使っていなかった倉庫にアートが施されたスポットで、壁や階段を使ってSNSに載せたくなるような写真を撮影することができます。特に女子旅におすすめです!

詳細情報

復興路四段37巷6-1號, 台中, 台湾

写真を投稿する
3.02 01

⑦宝覚寺

続いては、なんともインパクトの大きい「宝覚寺」です。金色の微笑んでいる大きな大仏様は七福神の「布袋様」だそうで、みんながたくさん喜べるようにという願いが込められているそうです。パワースポットとしても、あなたの運気をあげに足を運んでみては?

詳細情報

⑧勤美術館

続いては、壁のない美術館というのが特徴の「勤美術館」です。自然に囲まれた屋外には、様々なオブジェが至る所に設置されており、アート好きにはうってつけのスポットです。こじんまりとはしていますが、ユニークなものばかりですし、お散歩にも最適な場所なので家族連れなどでも賑わっています。(2019年1月現在改装中となっています)

詳細情報

西區台灣大道一段257-2號, 台中, 台湾

3.37 14

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する