• はてぶ
  • あとで
グルメも自然も観光も!鬼怒川と日光を120%満喫する1泊2日ドライブプランはこれだ

「ドライブに行きたいけど行き先が決まらない。」と悩んだことはありませんか?そんなときにおすすめなのが栃木県!1泊2日でグルメも自然も観光も、さらには温泉まで楽しめますよ。今回は実際に筆者が訪れる際に立てた1泊2日プランをご紹介します。デートやグループ、家族でのおでかけにぜひ参考にしてみてくださいね。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1日目】

[10:00] 東京出発!

東京都内から栃木県の鬼怒川までは車でおよそ2時間〜2時間半。筆者は10:00に新宿で集合して朝食を買ってから出発しました。いよいよまちにまった1泊2日の栃木旅行のはじまりです。

[12:30] 絶品餃子を堪能する

鬼怒川に到着しました!そろそろおなかもすいてきた頃ではないでしょうか。まずは絶品餃子を食べに行きましょう。今回ご紹介するお店は、絶品餃子と中華料理がいただける「香雅
(かおりまさし)」です。
大きな羽根付き餃子がいただけるこちらのお店。2人前を注文すると、大きな円のようなパリパリの羽根が付いた餃子が楽しめます。餃子の他にもチャーハンやかた焼きそばなど、定番中華料理がいただけますよ。

詳細情報

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1389-1

3.41 18

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[14:00] 世界一周の旅に出かける

おなかを満たしたら、次は世界一周の旅に出かけましょう!「東武ワールドスクウェア」では、25分の1の大きさになった世界の建造物や世界遺産を見ることができ、世界旅行をしている気分を味わえます。
東京スカイツリーやエジプトのピラミッド、スペインのサグラダファミリアなど、21ヶ国102点もの建造物や世界遺産が展示されています。どの展示物も細部までこだわって作られていて、思わず夢中になってしまいますよ。実際に動いたり音が鳴ったりするものもあり、子どもも大人も楽しめます。

詳細情報

[16:00] 雄大な自然を満喫する

世界一周気分を味わったら、大自然を堪能しに行きましょう。続いて向かうのは鬼怒川で定番のスポット「鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)」です。全長140mの歩道専用吊橋で、鬼怒川の急流や自然を感じることができます。
橋からは、四季を感じられる迫力のある景色を見ることができますよ。橋を渡りきると、展望台へのルートがあります。坂道を上がりトンネルを抜け階段を上がると、展望台に到着します。足場が悪いところもあるので歩きやすい靴で行きましょう。

詳細情報

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1436

3.41 12287

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[17:30] グルメと温泉に癒される

大自然を満喫したらホテルへ向かいます。今回筆者が宿泊したホテルは「鬼怒川温泉ホテル」です。カップル旅行はもちろん、子連れの家族旅行やグループ旅行で利用している人も多く見られました。
ダイニングブッフェは魚料理や肉料理、餃子などたくさんの種類のメニューが並び、どれも絶品です。デザートの種類も豊富でスイーツ好きにはたまりません。食事の後は、温泉にゆっくり浸かって、疲れを癒しましょう。おやすみなさい。

詳細情報

【2日目】

[11:00] 春だけ!いちご狩りを楽しむ

2日目のはじまりです。朝食をとって、10:00までにチェックアウトをして出発です。最初はいちご狩りへ「日光ストロベリーパーク」へ向かいましょう。予約優先となっているので、予約をしていくのがおすすめですよ。
こちらでは30分間、とちおとめ、スカイベリー、紅ほっぺ、とちあいかなどのいちご狩りを楽しむことができます。どの種類を食べられるかはその日次第なんだとか。とっても大きくて甘いいちごに手が止まりません。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する