• はてぶ
  • あとで
食べ歩きだけじゃない!「谷中銀座」でイートインスペースのあるカフェ7選

下町の雰囲気漂う「谷中銀座」。数多くのお店が立ち並ぶ商店街は、食べ歩きスポットとして人気ですよね。ですが、谷中銀座の魅力は食べ歩きだけではありません!歩き疲れてどこかで休憩したいな、と思った時にぴったりなカフェがたくさんあります。今回は、そんな谷中銀座でイートインスペースのあるおすすめカフェ7つをご紹介します。(なお、情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

谷中銀座って?

JR日暮里駅西口を出て少し歩いたところにある「谷中銀座商店街」。レトロな雰囲気残る下町商店街には、個人商店を中心に約60店舗が並んでいます。食べ歩きができることで人気のこの町ですが、魅力は食べ歩きだけではありません!今回は、そんな谷中銀座商店街付近で、歩き疲れた時に入れるようなおすすめのカフェを7つご紹介します!

①ひみつ堂

まずはじめにご紹介するのは、谷中銀座商店街の中でも大人気のお店、「ひみつ堂」です。こちらでは、天然氷を手動で削る昔ながらのスタイルで作られるかき氷が人気です。季節によって旬の果物を使用したソースも変わるので、何度行っても楽しむことができます。また、冬場には自家製グラタンの販売もあります。
日によって変わるかき氷の「本日のメニュー」は、公式ツイッターから確認することができます。予約はできませんが整理券の配布があるので、早めにお店に向かって整理券を受け取り、入店できる時間を確認してから谷中銀座を散策。という風にすると、時間を有効に使えるでしょう。

詳細情報

東京都台東区谷中3-11-18

4.34 64548
ふわふわかき氷 ふわふわかき氷 ふわふわかき氷

夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。 夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。 夏に行ったら長蛇の列で2時間待ちと言われ諦めました。 11月の平日に来るとさすがに空いていて10分ほどで入れました。 ミルクティーキャラメルのかき氷(1300円)とヨーグルトいちごのかき氷(1100円)を注文。 どちらも濃厚な味で、前者はまさにミルクティーとキャラメル、後者はまさにいちごとヨーグルトという感じ。氷もふわっふわで、高いだけあります。 結構大きいかき氷なので、最後まで食べきる前に溶けてしまいますね。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②和栗や

続いてご紹介するのは、和栗専門店によるカフェ「和栗や」です。こちらのお店は、"添加物に頼らずに栗本来の味を楽しむ"ということを大切にしており、全メニューの注文を受けてから用意することで、作り立ての味を提供することにこだわっています。出来立てのスイーツと、これまたこだわりのお茶との相性は抜群です。
開店直後から行列ができてしまうというこちらのお店。「モンブランアイス」や「モンブランパフェ」など、栗を使ったスイーツはさまざまなものがあります。そのほか、季節によっても少しずつメニューが変わるので、そちらもチェックしてみてくださいね。ただ、モンブラン各種はテイクアウトができないので、ご注意ください。

詳細情報

東京都台東区谷中3-9-14

3.98 21217

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③おにぎりcafe 利さく

続いてご紹介するのは、和食が楽しめる「おにぎりcafe 利さく」です。こちらのお店では、素材にこだわったおにぎりやお惣菜を味わうことができます。メニューは、一日を通して変わらない「利作のセットメニュー」に加え、「朝のセットメニュー」、「ランチセットメニュー」というものがあります。単品のメニューもあるので、谷中銀座で食べ歩きを楽しんだ後でも、気軽に入ることができます。
おにぎりのメニューは「チーズおかか」や「焼きみそおこげ」など、普段自宅ではなかなか食べられないようなものがたくさんあり、選ぶのに迷ってしまうほど。おにぎりと一緒に手作りのお味噌汁や豚汁を飲めば、ほっと一息つけそうです。おにぎりやお惣菜はテイクアウトもできるので、おみやげにもよさそう。

詳細情報

➃谷中満天ドーナツ

続いてご紹介するのは、お店での手づくりドーナツを味わうことのできる「谷中満天ドーナツ」です。こちらのドーナツは、油で揚げない焼きドーナツです。メニューは「プレーン」、「ココア」など、8種類の中から選ぶことができます。新メニューも開発中とのことなので、公式Facebookもチェックしてみてくださいね。
テイクアウトもできるこちらのお店ですが、お店の奥や2階にはイートインスペースがあります。こちらでは飲み物や軽食も用意されているので、商店街の食べ歩きの合間に休憩をするのにちょうど良さそうです。中でも「飲むかりんとう」というシェイクは、意外とあっさりしていて飲みやすいと人気です。

詳細情報

東京都台東区谷中3-8-12

3.44 39

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤大平製パン

続いてご紹介するのは、谷中銀座商店街の通りから10分ほど歩いたところにある「大平製パン」です。やわらかな食感で、どこか懐かしい味がすると人気のコッペパンは、きなこクリーム、あんこ&マーガリンといった甘いものから、「たまごドッグ」、「ナポリタン」といったお惣菜系のものまで、さまざまな種類があります。
お店の中には、5席ほどの小さなイートインスペースがあります。こちらでは、コッペパンと一緒にコーヒーや抹茶オレなどのドリンクも楽しむことができます。朝8時から営業しているこちらのお店は、パンが売り切れ次第お店が閉まってしまうので、訪れる際は時間に注意が必要です。

詳細情報

⑥カフェと道具 kokonn(ココン)

続いてご紹介するのは、古民家を改装してつくられたという「カフェと道具 kokonn(ココン)」です。こちらのお店は入ってすぐのところが雑貨屋になっていて、食器や革製品が販売されています。その奥のスペースが、レトロな雰囲気漂う古民家カフェとなっています。
カレーやパスタなどのお食事メニューはもちろんですが、こちらのカフェで特におすすめなのが、フランス直送のアイスクリーム。ミルクや塩キャラメル、ピスタチオなど、さまざまな種類の中から選ぶことができます。「kokonnデザートプレート」では、アイスクリームと一緒にケーキやゼリーなども堪能できるので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

詳細情報

⑦さんさき坂カフェ

最後にご紹介するのは、お店の名前にもなっている、さんさき坂にある「さんさき坂カフェ」です。こちらのお店は"年間200回イベントをやるカフェ"と言われていて、共通の趣味を持つ常連さんが「部活動」を開催しているそう。もちろん、初めて来る人も楽しめます。ここに来れば同じ趣味を持つ人に出会えたり、新たな趣味を見つけたりできるかもしれませんね。
こちらのお店で人気なのが、くだものがたくさん入った「クリームあんみつ」。日本茶とセットでリーズナブルな値段で味わうことができます。スタッフとお客さんとの間が近く感じられる下町カフェ。こじんまりとしてアットホームな店内で、和の甘味を堪能してみては?

詳細情報

いかがでしたか?

たくさんのお店が並び、食べ歩きが楽しめる谷中銀座。美味しいもの片手にお散歩するのもいいですが、歩き疲れた時にはカフェで休憩する時間も必要ですよね。今回ご紹介したお店も参考にしながら、谷中銀座散策を楽しんでみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する