• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
雨季をポジティブに活用。オフシーズンの東南アジアを楽しむスポット10選

東南アジアのオフシーズンといわれる“雨季”。国によって異なりますが、概ね5月から11月は雨が降ることがおおいのです。雨の日が多いとなんだか観光も憂鬱?いいえ、東南アジアの雨季は一時的に雨が降る「スコール」がほとんどなので、雨に左右されず十分観光できるんです。今回は、そんなオフシーズンの東南アジアを楽しむスポット10選を紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は事前に公式サイトでご確認ください。)

このまとめ記事の目次

東南アジアのオフシーズン?

オフシーズンの旅行は航空券やホテル代が抑えられたり、観光客も少なくなるなど観光のしやすさが魅力。東南アジアのオフシーズンは“雨季”ですが、雨季を上手く利用して観光してみませんか?

① アンコール・ワット / カンボジア

まず最初に紹介するのは、カンボジアの「アンコール・ワット」。カンボジアの雨季は5月~10月頃で、朝方や夕方にスコールが降ることが多いです。スコールは一次的に降る雨なので、待っていれば次第にやんできますよ。
雨季の朝は雲が重なり、幻想的な朝焼けを見られる可能性が高いんです。特に、アンコール・ワット越しの朝焼は観光客に人気があります。日の出の時間を調べて、朝焼けを楽しんでみてくださいね。

詳細情報

  • angkor wat, Siem Reap, Cambodia

② セブ島 / フィリピン

2つ目に紹介するのは、フィリピンの「セブ島」。セブ島の雨季は6月~11月で、1日のどこかでスコールが降ることが多いです。日本も同様ですが、特に8月前後は台風の多い季節にもなっているので、少し注意が必要です。
オフシーズン中は、ハイシーズンよりも比較的お値段も抑えられているリゾートホテルもあるので人気のリゾートホテルに泊まりやすいんです。ただし、ホテルによってはオフシーズン中は休みになる場合もあるのでよく確認しましょう。

詳細情報

  • Cebu Island, philippines
  • 03-5562-158

③ バンコク / タイ

3つ目に紹介するのは、タイの「バンコク」。バンコクの雨季は5月~10月です。バンコクは観光地がたくさんありますし、ショッピングモールもあるので、雨が降っていても楽しめるスポットが多いんです。
雨に左右されずに楽しみたいなら、タイ古式マッサージで体をほぐしましょう。街中ではタイ古式マッサージのお店を見かけます。オイルやハーバルボールを使ったものなどお店によっては種類もさまざまなので、マッサージ巡りもいいかもしれませんね。

詳細情報

  • Bangkok 10400, THAILAND
  • +662 250 5500

➃ ハノイ / ベトナム

4つ目に紹介するのは、ベトナムの「ハノイ」。ハノイの雨季は7月~10月で、気温30度を越す日も多く、湿度も高いので熱中症などには注意が必要です。地元の人からすれば雨季は毎年来るものなので、地元の人が集まるスポットは雨季対策がされていることもありますよ。
ホーチミンにある「ベンタイン市場」は屋根がついているので、雨を気にせずに市場を楽しめるんです。雨季の時期はフルーツが旬なので新鮮のフルーツを市場で買って食べてみたり、地元の人との交流を体験できます。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

_girassol_旅にでたい…

このまとめ記事に関して報告する