• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
まるで昆虫博士の気分になれる!「伊丹市昆虫館」の5つの楽しみ方

私達にとって、身近でもありながら不思議な生物「昆虫」。なぜだか嫌われることも多い昆虫ですが、知れば知るほど興味深くて魅力的な存在でもあります。今回は、兵庫県伊丹市にある「伊丹市昆虫館」を楽しむ5つの方法を紹介していきます。こちらを訪れたら、あなたも昆虫の魅力にひかれてしまうのではないでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

あなたは昆虫が好き?

※こちらはイメージになります。

※こちらはイメージになります。

そもそもあなたは、昆虫が好きですか?特に女性の中には昆虫が嫌いという方も多いですよね。もしかすると先入観で「嫌い」と感じているかもしれません。もう一度、子供のときのように昆虫を見つける楽しみを思い出してみませんか?今回は、昆虫が好きな人にも嫌いな人にもぜひ訪れてほしい「伊丹市昆虫館」について紹介していきます。

①まずはじっくり展示された昆虫を見る

「伊丹市昆虫館」は兵庫県伊丹市にあります。伊丹市といえば関西3空港の一つの伊丹空港があることでも有名ですね。ここの昆虫館は緑豊かな昆陽池のほとりにある、1年中生きた昆虫と間近でふれあえる施設なんです。第2展示室、特別展示室ではそれぞれ、伊丹周辺の身近な昆虫について、市民研究者や調査グループが研究したものと昆虫の標本が展示されています。
エントランスホールを入ってすぐの第1展示室には、約2.4メートルの巨大なミツバチ「ビッグ・ビー」が展示されています。人間よりもはるかに小さな昆虫が200倍にもなってしまうと迫力満点。体の構造などもまじまじ見てみると、面白い発見がありそうですね。さらにもう一つ、この空間では10倍の拡大ジオラマで昆虫の世界を再現しています。普段は見落としている草むらや水辺には、小さな昆虫たちの生活があります。大きさ10倍の昆虫の生活を覗いてみましょう。

②昆虫界のお姫様チョウと温室に育つ花を写真に撮る

次に紹介するのは、この昆虫館の目玉といってもいい「チョウ温室」。チョウ温室は一年中生きたチョウが放してあり、その中を通り抜けることができるので、間近でチョウが生きて飛びまわる姿を観察できるようになっています。チョウ温室としては関西一の広さだとか。そして、様々な種類のチョウがいることはもちろん、暖かい南国・亜熱帯の植物が植えられて、いろいろな色や形の花も観察することができます。
優美なチョウが飛び交う温室はまさに楽園。写真撮影もできるので温室で育つ珍しい花にチョウが止まるシャッターチャンスをじっくり待つのも良し。ちなみにここのチョウは、沖縄産のチョウを中心に一年中800~1000匹も放されているんです。飛び回る姿、蜜を吸うと姿、といろいろな姿を見ることができますよ。子供だけでなく、大人もついうっとりしてしまう空間に魅了されてしまいますよね。

③時期によって変わるイベントを楽しむ

ここの昆虫館では期間限定のイベントも行われています。2019年1月30日(水)~2019年3月25日(月)の間では、切り絵作家による虫の切り絵が展示されています。豊かな表現力によるきめ細かい作品は見ものですね。切り絵の制作道具や作品のモチーフになった生き物たちも紹介されています。昆虫×芸術という新しい融合は、ますます見る人の心に火をつけてしまいそうな予感です。
そして、シュールかつユーモアたっぷりな「イモムシベンチ」。アゲハとアオスジアゲハの幼虫をそれぞれ精工に模倣した作品です。草むらで見つけてもなかなか抵抗して近づけないイモムシですが、こんなにも大きくなってしまうと愛着が湧いてしまいませんか?ぜひ、座って記念撮影をして友達に自慢してみてくださいね。

④ミュージアムショップでオリジナルグッズを買う

こちらの昆虫館のミュージアムショップでは、さまざまな昆虫がデザインされたバッジ、キーホルダー、シールなどのオリジナルグッズが販売されています。一日昆虫館を楽しんだ後は、自分のお気に入りの昆虫のグッズを買ってみましょう。
そして、きっとどこにも売っていない伊丹市昆虫館オリジナルの昆虫Tシャツを作成することもできるんです。その種類、なんと145種類!自分好みのデザインを選ぶことができます。自分だけではなく昆虫好きな友達にお土産で買ってあげても喜ばれること間違いなし!

⑤併設してる「昆陽池公園」を散歩する

そうなんです!今回紹介した「伊丹市昆虫館」は昆陽池公園の中にあります。昆陽池公園の中には、今回紹介した昆虫館の他に、野鳥を身近に観察することができる「野鳥観察橋」や体育館や自習することができる「スワンホール」などがあります。もう少し暖かくなると桜も咲き、お花見をするのにも最適ですね。
また、9月から4月にかけて昆陽池にはたくさんの渡り鳥がやってきます。そんな昆陽池の中央にはなんと日本の形をした人工島が浮かんでいます。日本の中に日本列島がある、、なんだか不思議な気持ちになりますよね。伊丹空港で飛行機を利用する際に、実際に確認できるそうです。昆虫館を満喫した後は、ぜひ昆陽池公園にも足を運んでみてください。
  • 伊丹市昆陽池3
  • 072-779-0525

いかがでしたか?

いかがでしたか?あまり馴染みのない昆虫館ですが魅力がたくさんあります。一度足を運んで昆虫を身近に感じてみてください。都会の中にある昆陽池公園で自然に触れてぜひ気分をリフレッシュさせてみませんか?
  • 兵庫県伊丹市昆陽池2-99昆陽池公園
  • 072-785-3582

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する