• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本国内にもまだあった!冒険心をくすぐる「日本の秘境」10選

ガイドブックやテレビで遠い世界のように紹介されている「秘境」。手つかずの雄大な自然が残る秘境には何10時間もかけないとたどり着けない... と思っていませんか?実は日本国内にも、広大な自然や神秘的な自然が残っている場所がたくさんあるんです!この記事では、日本国内に残る美しい秘境をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 礼文島 / 北海道

日本国内の冒険心くすぐる秘境、まず最初にご紹介するのは北海道の「礼文島(れぶんとう)」です。札幌の空港から飛行機とフェリーを使って訪れることのできるこちらの島は、人口わずか3,000人ほどのいまだに手つかずの自然や独自の生態系が残る離島です。
夏には300種類ほどの高山植物が咲き、島中が華でいっぱいになるという礼文島。島の中心にある礼文岳(れぶんだけ)からは、広大な森林や島の山々を見渡すことができます。島の北部にある澄海岬(すかいみさき)では、天気が良ければコバルトブルーの海と花々が咲く姿が見れ、それはまるで北欧の大自然のようなんだとか。

詳細情報

activityjapanで見る
  • 北海道礼文郡礼文町
  • 0163-86-1001(礼文島観光協会)

2. 蔦沼 / 青森県

続いて2番目にご紹介する日本国内の秘境は、青森県十和田市にある「蔦沼(つたぬま)」です。水辺に木々が反射する景色が有名ですが、周辺には生き物が多く住んでいて自然を満喫することができるんだとか。一度は訪れてみたい、おすすめの絶景スポットなんです。
特に素晴らしいのが、紅葉のシーズン。紅葉が見ごろを迎える時期には、木々の葉は真っ赤に染まって美しい紅葉に様変わりし、水面は真っ赤に染められたかのような絶景が広がりますよ。例年10月の中旬から下旬にかけて見ごろを迎え、おすすめです。

詳細情報

  • 青森県十和田市 蔦沼
  • 0176-75-2425

3. 青ヶ島 / 東京都

続いてご紹介するのは、東京都の「青ヶ島(あおがしま)」です。火山活動によりできたこの島は、世界的にも稀な二重カルデラの島です。東京から約350キロ離れた離島で、東京からは1日1便の小型飛行機と船が就航していますが、なかなか行くことが難しい秘境なんだそう。
ほぼ手付かずの大自然におおわれたこちらの島は、空を遮る建物もなくいくつかの家が夜に灯すだけなので、満点の星空を見渡すことができるんだとか。一面に広がる星空は、東京の秘境までやってきたからこそ見ることのできるまさに絶景です。

詳細情報

  • 東京都青ヶ島村青ヶ島村
  • 04996-9-0111

4. 御射鹿池 / 長野県

長野県茅野市にある「御射鹿池(みしゃかいけ)」は、標高1,500mの山の中にある池です。静かな水面には山の木々が映り込み、水鏡のような絶景が広がっています。あまり広く知られていない日本の絶景スポットで、まさに秘境です。
秋には紅葉スポットとしてとても人気が高く、まるでオレンジ色に染められた水鏡の世界のような絶景を楽しむことができます。夏は深い緑、そして冬は長野ならではの真っ白な雪と氷の世界が広がり、季節ごとに異なる表情を楽しむことができます。

詳細情報

  • 長野県茅野市豊平奥蓼科 御射鹿池
  • 0266-72-2637(茅野市観光協会)

5. 称名滝 / 富山県

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する