• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
標識はホタテ貝?巡礼で行くサンティアゴ・デ・コンポステーラでしたい5つのこと

サンティアゴの巡礼路の最終地点として有名なサンティアゴ・デ・コンポステーラ。日本の「お遍路」ともしばしば比較されることもある巡礼ですが、こちらの巡礼路には世界中の人が集まるくらい人気だとか。もちろん巡礼だけだはなく、その歴史ある土地でのおすすめのレストランやお土産も魅力的です。今回はスペイン・ガリシア州の州都であるサンティアゴ・デ・コンポステーラでしたい5つのことを紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

サンティアゴ・デ・コンポステーラってどこにあるの?

サンティアゴ・デ・コンポステーラはスペイン北西部に位置するガリシア州の州都です。日本からのアクセスは、成田空港発の場合はマドリード空港でサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港行の飛行機に乗り換えるか、電車やバスを利用する方法があります(乗り換えた後は6〜9時間ほどかかります)。到着までの少々長い時間はガイドブックを片手にプランを練ってもいいですね。

①まずは歓喜の丘で目的地を見る

さてさて長い旅路も終わりサンティアゴに到着したらひとやすみ。今回紹介するサンティアゴ・デ・コンポステーラの目玉はなんといっても巡礼です。サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路はおもにフランス各地からスペイン北部を通る道を指します。まず紹介するのはゴール地点である大聖堂の5km手前にある「歓喜の丘」です。徒歩によるスペイン横断は約800kmにおよぶ道ですが、こちらで巡礼者は初めて美しい聖地の姿を眼にするそうです。実際、銅像の指の指す方向には小さく大聖堂が見られます。
そして、こちらには世界中から集まる幾千万もの巡礼者がもたれて祈りを捧げてきた柱がもあります。柱にある手のくぼみの跡に手を重ね、その歴史を感じてみてください。巡礼者が歓喜した丘でサンティアゴ・デ・コンポステーラでの充実した素晴らしい旅のスタートを切ってみるというのはいかがですか?
  • 15820 Santiago de Compostela, ア・コルーニャ Spain

②あなたもペリグリーノになって巡礼体験をする

聖地サンティアゴを目指して歩く巡礼者たちはスペイン語でペリグリーノと呼ばれます。多くのペリグリーノが信仰心や人生の転機などの動機を密かに抱えながら歩いています。もちろん、実際に全ルートを巡礼するという体験はなかなかできないと思いますが、少しでも巡礼者の気持ちに近づくためホタテ貝の標識を目印に歩くという貴重な体験をしてみるなんてどうでしょう。
こちらは最終目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂で、スペインの守護聖人サンティアゴ (聖ヤコブ) を祀っています。ぜひ巡礼体験のゴール地点をここに定めて、到着したら大聖堂前の巡礼0km地点のマークの前で景色を堪能してみてください。スペインのロマネスク建築の最高傑作の一つに選ばれる、こちらの建物の荘厳さに感動すること間違いありません。

③旧市街を歩いて歴史を感じる

そしてお待ちかねの街歩きも必見です。実はサンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街全体が世界遺産に登録されています。それもそのはず、歴史を感じさせながらもカラフルでかわいい街並みを見ながら歩いているとガリシアの名物料理が食べられるレストランや伝統工芸品のお土産が買えるお店が立ち並んでいます。
周りを見渡すと街の中には至る所にホタテ貝。巡礼者の標識であるホタテ貝のマークはすっかり街のシンボルです。あなたのお気に入りのホタテ貝のオブジェを見つけて写真を撮るのも良いですね。なぜ巡礼路のシンボルマークがホタテ貝なのか...という根拠は、諸説存在するけど詳しいことは分からないそう。

④ガリシア風タコを食べてお腹を満たす

海外旅行の醍醐味といえばその土地特有の食事!サンティアゴ・デ・コンポステーラに訪れたら問答無用で食べてもらいたいものといえばガリシア風タコです。ガリシア語ではポルボ・ア・フェイラと呼ばれているタコを用いたスペイン・ガリシア州の伝統料理です。今ではスペイン国内でも親しまれていて、バルでは定番料理のひとつになっているそうです。
たくさんのレストランがある旧市街の中でも地元の人にも人気で有名なレストランはこちらの「オ・デサセイス」。DEZASEISはガリシア語で16の意味でサンペドロ通り16番地に位置しています。店内の雰囲気も良く、ワインを飲みながら柔らかいタコ料理をつまむなんていう至福な時が過ごせること間違いなしです。
  • Rúa de San Pedro, 16, 15703 Santiago de Compostela, A Coruña, Spain

⑤やっぱり気になるオススメのおみやげ

そして最後に、やはり気になるのはお土産ですね。お土産選びは楽しいけれどある程度候補がないといざというときに困ってしまいますよね。サンティアゴ・デ・コンポステーラには昔からの伝統技術に現代のデザインを取り込んだ、他では買えないお土産がたくさんあります。中でもサンティアゴに着いた巡礼者がお土産に好んだのが、アサバチェという宝石。サンティアゴには、非常に繊細なアサバチェの加工技術をもつ職人がいる街で有名だとか。
※こちらはイメージ画像になります。

※こちらはイメージ画像になります。

そしてホタテ貝を模したお土産はもちろん人気です。巡礼者は荷物に白いホタテ貝をつけたりひょうたんの水筒を使う人が多いので、杖とそれらがセットになっているものは人気です。なんだか可愛い習慣ですよね。最終地点で買うのも、、なんて思わず日本に持って帰って家族や友達に「巡礼してきたよ!」と自慢してみてもいいかもしれませんね。

いかがでしたか?

いかがでしたか?日本から遠く離れたスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ。巡礼気分を味わって日々の悩みやストレスを忘れませんか?ガリシア地方の美味しい料理を堪能して、伝統的なお土産を買って心も体も満足する間違いなしです。ぜひ、休暇を利用して足を運んでみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する