• はてぶ
  • あとで
現地の人でも並んで食べる。ソウル・広蔵市場の有名店「プチョンユッケ」の魅力

韓国客も多く訪れる東大門エリアの近くに、「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」というローカルな市場があることをご存知ですか?こちらはチャプチェやトッポギ、チヂミといった韓国を代表するグルメを堪能できるスポットであり、中でもユッケが美味しいと有名。そんな今回は、現地の人も並んで食べる人気店「プチョンユッケ」をご紹介します。(※掲載されている情報は2019年4月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

広蔵市場の絶品グルメ

東大門の近くにある「広蔵市場(カンジャンシジャン)」。ここでは、韓国客にも訪れやすい雰囲気で、屋台やローカルなグルメを味わうことができます。韓国らしい屋台グルメを、1度にいろいろ食べてみたい方や、ローカル感を味わいたい方には特におすすめです。

注文方法

今回ご紹介するプチョンユッケや、この市場の屋台の通りの間にある細い道に入った場所にあります。あの有名グルメガイドブックにも何度も掲載されている有名店で、現地の人でも並んで入るほどの人気店です。
外にある椅子に座って順番を待っていると、スタッフが店内に案内してくれます。どちらかと言うと観光客は少なく、現地の学生や大人の方まで幅広い年齢層の方が食べに来ます。韓国語が分からない方でも、注文票にはスタッフが記入してくれるので安心ですね。

一番のおすすめメニュー

おすすめのメニューは、「ユッケナクチタンタンイ」という名前のものです。ユッケと生のタコを一緒に食べられる、なんとも贅沢な1品。28000ウォン(約2800円)というお値段ですが、ボリュームもしっかりあるので満足感もたっぷりです。
最初にお味噌汁やコチュジャンなどももらうことができ、ユッケナクチタンタンイを頼むと、韓国のりも一緒に提供されます。のりに包んで食べても美味しいので、いろいろな食べ方を楽しむことができます。

他の人気メニューもご紹介

食べ歩きの途中ではなく、がっつり食べたい方におすすめなのが「ユッケビビンバ」。野菜もたっぷりで、食べ応えも抜群なので、ユッケを食べつつ腹ごしらえもしたい時にはぜひ頼んでみてくださいね。現地の方は、ビビンバを頼んでいる方が比較的多いかも?
生レバーとセンマイもこちらで食べることができます。メニューの名前は、「カンチョニョッ」です。韓国では、ホルモン焼肉のお店などでも、生レバーとセンマイが出されることが多く、ここでも新鮮なまま食べることができます。
どのメニューにも変わらず、スープや付け合わせとして食べるニンニクやコチュジャンなどがついてきます。お好みで味を変化させて食べてみるのも良いですね!日本では食べるのが難しいメニューもあるので、この機会にぜひ食べてみては?

いかがでしたか?

今回は、韓国・東大門近くにある広蔵市場(クァンジャンシジャン)の「プチョンユッケ」のご紹介でした。店内も現地の人が多く、ここを知っていると少し通な人気店です。韓国に行った際には、ぜひ足を運んでみてくださいね!(※掲載されている情報は2019年4月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

詳細情報

大韓民国 ソウル 鍾路区 Jongno 1(il).2(i).3(sam).4(sa), チョンノ

3.24 1266

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する