• はてぶ
  • あとで
「#京都土産」で探してみた!センスが光る京都の最旬お土産10選

京都のお土産の定番といえば、抹茶菓子が真っ先に浮かびますね。ですが、京都には抹茶だけでなく、京都ならではの食材を使ったお土産や見た目から可愛いお土産まで様々あります。そこで今回は「#京都土産」で見つけたセンスが光る京都土産10選をご紹介します。ぜひあなたのセンスが光るお土産を見つけてみてくださいね。(※掲載されている情報は2020年3月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. バターサンド 宇治抹茶 / PRESS BUTTER SAND 京都駅店

1つ目に紹介するのは「PRESS BUTTER SAND」の京都店限定で販売されているバターサンドの抹茶味です。すでに東京に出店し人気を得ているPRESS BUTTER SANDは、2018年に京都にも進出しました。京都でしか手に入らない限定商品、気になりますね。
バターサンドの中に挟まれている、宇治抹茶が練りこまれたバタークリームがとても美味しい!香り高い抹茶の味がします。京都駅直結の店舗なので、帰りの時間ギリギリになっても購入することがきますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

Kyoto Prefecture, 下ル Shimogyo Ward, Higashishiokojicho, 京都市下京区烏丸通 Shiokoji Dori 西口1F南北通路

3.04 05

2. 琥珀糖 / 鶴屋吉信 IRODORI

2つ目に紹介するのは、和菓子で知られるお店「鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」 が手がける「IRODORI」で販売されている琥珀糖(こはくとう)です。カラフルな見た目でSNSでも人気の京都土産です。
カラフルな琥珀糖それぞれが異なるフレーバーとなっており、カモミールやジャスミン、ラベンダーなどを楽しむことができます。こちらのお店は京都駅八条口にあり、新幹線改札口からも近いところで購入することができます。最後のお土産選びに迷ったら、ぜひこちらの琥珀糖を手に取ってみてくださいね。

詳細情報

3. デコ八ツ橋 / nikiniki

3つ目に紹介するのは京都のお土産の超定番「八ツ橋」!ではなく、少し変わった八つ橋「デコ八ツ橋」です。生八ツ橋で作られたお花や動物はとても可愛いので、食べるのが勿体無くなってしまいますね。
1日の販売個数が限られているため、早い時間帯に買いに行くかお電話で店頭予約をすることをオススメします。季節によってデザインが異なるのでお店のフェイスブックなどでチェックしてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

4. 京綿菓子 / zarame 京都タワーサンド店 等

4つ目に紹介するのは、京都・嵐山で顔が隠れるほど大きな京綿菓子がいただけると人気のお店「zarame」で購入することができるテトラパック入りのお土産です。半透明な入れ物から中の綿菓子が見え、お土産として渡す際にも見た目から喜んでいただくことができそうですね。
2019年3月に、京都タワーサンドにもお土産専門店がオープンしたことでより購入がしやすくなったのも嬉しいですね。京都・嵐山を訪れた際には食べ歩きも楽しむことができます。綿菓子をお土産でもらう機会はあまりないので、もらう方も新鮮で嬉しいはず!

詳細情報

京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1

3.51 329

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. 京あめ / クロッシェ

5つ目に紹介するのは「クロッシェ」の飴です。京都に古くから伝わる技術で一つ一つ丁寧に作られています。カラフルでフォトジェニックなこの飴はお土産としてもプレゼントとしても重宝されています。
見た目が良いだけでなく、味も美味しいのがクロッシェの飴の魅力です。種類がとてもたくさんあるのであげる人を想像して選ぶのも楽しいですね。あずき味やメロンソーダ味、ヨーグルト味などの京都本店限定の味も見逃せない!

詳細情報

6. 京てまり / 菓匠 清閑院

6つ目に紹介するのは、約30年という長い歴史を誇る和菓子屋「菓匠 清閑院」。こちらでは、ガラスのように透き通った鮮やかな色合いの京てまりが人気です。丸くて可愛らしいサイズ感の京てまりは、寒天を使用したおり、外側はシャリっとした手触りですが、口の中で頬張るとモチっとした食感を味わうことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • なんだかいつもよりも色っぽく見えるのは、桜色に包まれているからだろうか。「いま…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

piyopuu56美味しいビールが飲みたい

このまとめ記事に関して報告する