気分はバカンス!「海」の近くで「ハンバーガー」を食べられる全国のお店10選

今回は、全国の海の近くでハンバーガーを食べられるお店10選をご紹介します!少しずつ暖かくなってきましたね。夏が待ち遠しいみなさん、一足先に夏気分を感じてみませんか?夏と言えば海。ビーチで遊ぶだけでなく、海の近くで美味しいものが食べられたら、最高ですよね。海沿いでハンバーガーを食べて、南国気分を味わいましょう!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前に確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①ババ・ガンプ・シュリンプ ららぽーと豊洲 / 東京

まず初めにご紹介するのは、東京都・豊洲駅から徒歩3分ほどのところにある「ババガンプシュリンプ ららぽーと豊洲店」です。こちらのお店では、エビを中心としたアメリカ南部の料理を味わうことができます。ポップコーンシュリンプとレタス、トマトをサンドした「シュリンプ ポー ボーイ」が人気です。
映画「フォレスト・ガンプ」の世界観が元となった店内は、劇中のシーンが多数取り入れられています。東京湾を一望できるという、最高のロケーションも、気分を高めてくれます。美しい景色を楽しみながら、アメリカンな気分を満喫してみては?

詳細情報

②湘南バーガー 江ノ島店/ 神奈川

続いてご紹介するのは、神奈川県・片瀬江ノ島駅から徒歩10分ほど、弁天橋を渡ってすぐのところにある「湘南バーガー 江ノ島店」です。緑と白を基調とした落ち着いた雰囲気のお店には、湘南の海が眺めることができるシーサイドテラスがあります。また、足湯を利用することもできます。
ハンバーガーのメニューは、お肉の代わりに湘南産のさつま揚げを使用した「さつまバーガー」や、江の島名物のしらすをサンドしてだし醤油で味付けした「さつましらすバーガー」など、江ノ島ならではのメニューが揃います。サイドメニューも弁天スティック、しらすコロッケが人気です。

詳細情報

③Brown Sugar / 千葉

続いてご紹介するのは、千葉県・JR銚子駅から徒歩22分ほどのところにある「Brown Sugar」です。アメリカンスタイルのボリューミーなハンバーガーが魅力。ログハウス調のこちらのお店からは、銚子ならではの漁港を見渡すことができます。
表面がカリッと焼けたバンズに厚みのあるパティがサンドされている本格的なハンバーガーを堪能できます。メニューは、チーズバーガーやサルサバーガー、ボリューム満点のデラックスバーガーなど、全部で6種類。駅から少し足を延ばして、潮風を感じながらハンバーガーを頬張ってみてはいかがですか?

詳細情報

➃SelFish Diner / 静岡

続いてご紹介するのは、静岡県・JR熱海駅から徒歩10分ほどのところにある「SelFish Diner」です。こちらのお店では、日本の文化的食材ともいえる「マグロ」と、海外からの文化である「バーガー」を組み合わせた、和と洋のコラボレーションをコンセプトとしています。
名物のマグロを使用したバーガーは、特製ダレに漬けこんだマグロの切り身をオリジナルタレでソテーした「マグロバーガー」と、マグロをカラっと揚げた「マグロカツバーガー」の2種類があります。他にも、カジキマグロや白身魚を使用したものもあります。熱海のサンビーチを望みながら海の幸をいただくなんて、贅沢ですよね。

詳細情報

⑤クラフトサーカス / 兵庫

続いてご紹介するのは、兵庫県・あわ神あわ姫バス「平林」で下車して徒歩1分ほどのところにある「クラフトサーカス」です。こちらは、淡路島の食材を使ったレストランや、雑貨のマーケットなどが並ぶ、複合型施設。オーシャンビューのウッドデッキに来れば、一気にリゾート気分に。
こちらで食べることができる「メガクラフトバーガー 淡路牛と淡路玉ねぎ」は、淡路島でとれた食材をふんだんに使用した、ボリューム満点のハンバーガーです。17cmのバンズに、200グラムものパティが入っているので、シェアして食べるのがおすすめです。

詳細情報

⑥JOHN Buger & Cafe / 広島

続いてご紹介するのは、広島県・JR尾道駅から徒歩3分ほどのところにある「JOHN Buger & Cafe(ジョンバーガーアンドカフェ)」です。こちらのお店は、尾道の海岸沿いにある、手作りバーガーショップです。テイクアウトして海辺でハンバーガーを食べることができます。
ひとつひとつ手作りにこだわっているというメニューは、「ハンバーガー」、「フィッシュバーガー」、「照り焼きバーガー」の3種類がベース。それにトッピングをプラスしていって、自分だけのハンバーガーを選ぶことができます。メニュー表にはおすすめの組み合わせも掲載されているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

詳細情報

⑦THE COVE CAFE / 岡山

続いてご紹介するのは、岡山県・JR日生駅(ひなせ)から徒歩11分ほどのところにある「THE COVE CAFE」です。アメリカの西海岸をイメージしているという店内からは、日生湾を眺めることができます。その日に仕入れた魚介類をふんだんに使ったお料理は、地産地消にこだわっているそう。
こちらでは14時からクローズの時間までハンバーガーを味わうことができます。メニューは「カリフォルニアバーガー」、「フィッシュバーガー」、「日生カキのバーガー」の3種類。カキを使用したハンバーガーは瀬戸内ならではです。美しい海を眺めながら、この地ならではのメニューを楽しめます。

詳細情報

⑧佐世保バーガー 本店 / 長崎

続いてご紹介するのは、長崎県・佐世保中央駅から車で13分ほどのところにある「佐世保バーガー本店」です。「佐世保バーガー」は、長崎県佐世保市のご当地グルメ。お店によって特徴はさまざまですが、こちらのお店では自家製のふわふわなバンズと長崎和牛のパティが人気です。
こちらのお店は山の中にあり遮るものが何もなく、美しい九十九島を眺めることができます。バーガーのサイズは、レギュラーとラージがあるので、自分のお腹の好き具合で調整できるのも嬉しいポイント。海を眺めながら絶品ご当地グルメを堪能するなんて贅沢ですよね。

詳細情報

⑨ナッティドレッド / 福岡

続いてご紹介するのは、福岡県・美咲が丘駅から車で17分ほどのところにある「ナッティドレッド」です。サーフスポットしても有名なエリアで、夏場は混雑するほど人気のお店だそう。綺麗な海が目の前に広がるロケーションは最高です。
ハンバーガーのメニューは約12種類。定番の「ハンバーガー」、「チーズバーガー」に加え、このお店で人気なのが「ジャークチキンバーガー」。鶏モモ肉を特製スパイスで漬け込んだ、看板メニュー「ジャークチキン」を使ったハンバーガーです。時期によって営業時間が異なるので、事前に確認してから行きましょう。

詳細情報

ナッティドレッド

福岡県糸島市志摩野北2708-17

3.39 337
  • 〜¥999
Ocean view &Hamburger

《福岡:糸島市志摩野北にあるお店。 ハンバーガーがそんな好きじゃない 食通な友人オススメのお店。 ハンバーガー食べてるの見た事ないかも。 ここのジャークチキンがお持ち帰りするほど 美味しかったんだとか 人気No.1のジャークチキンエッグ とジャークチキンを注文! 番号札を渡され、しばし海を眺めて待つ。 レゲェミュージックと波の音、 優雅な時間がゆっくり流れる〜 海に見とれてるとすぐ呼ばれるよ ジャークチキンっていう名前とは 裏腹に柔らかいのなんの! 照り焼き風味でブラックペッパー、 スパイスのパンチ! 食べ応え抜群すぎるよ それを使ったハンバーガーも間違いないね キャベツと胡瓜の味付け好きやった。 少し浅漬けにしてるのかなぁ? ピクルスみたいに主張し過ぎない 肉を引き立てる味付けだったよ〜 遠いけどリピートしたいハンバーガー! 超オススメ! 【Instagramアカウント】 @natty_dread_11 【店名】 ナッティードレッド 【住所】 福岡県糸島市志摩野北2708-17 【営業時間】 ・11:30〜15:00 売切れで早く閉まることが多いそう 【予算】1000〜2000円 【オーダー】 ・ジャークチキンエッグ:950円 ・アイリーセット:+400円 ドリンクとサイドメニュー ・ジャークチキン:1000円

⑩CAFE CAPFUL / 沖縄

最後にご紹介するのは、沖縄県・琉球バス交通・石川北谷線「石川公民館前」から徒歩5分ほどのところにある「CAFE CAPFUL」です。モーニングからランチまで利用できるこちらは、沖縄県産の野菜や、スーパーフードなどを使用したお料理を楽しむことができます。
目の前は、朝日が昇るという海で朝食を楽しむのにピッタリな場所です。こちらで食べられるのが「グラスフェッドビーフバーガー」。お肉の味が堪能できるシンプルなハンバーグに、トマトやサラダ菜などの野菜が添えられています。お好みでチェダーチーズをプラスすることもできます。

詳細情報

CAFE CAPFUL

沖縄県うるま市石川曙1-6−1

3.38 311

いかがでしたか?

いかがでしたか?美しい海の近くでハンバーガーを頬張れば、ここが日本であることを忘れてしまうような、旅行気分が味わえそうです。暖かくなってきたこの時期、海の近くまで行ってお食事を楽しんでみてくださいね。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前に確認することをおすすめします。)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する