【神戸編】いちご派?さくら派?2019春の映えスイーツ7選

春のスイーツといえば、苺と桜ですよね。様々なカフェやスイーツ店で、苺や桜をモチーフにしたピンクの春らしいスイーツが季節限定で登場します。どれも、可愛らしい見た目で映えもバッチリ。今回は神戸で2019年春に食べたい、春スイーツを7つご紹介します。あなたはいちご派?さくら派?(※販売期間を事前に確認することをおすすめします。)(※掲載されている情報は2019年3月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【いちご】

①HAHAHA CREPE(ハハハクレープ)/元町

最初はいちごスイーツの紹介からスタート!まず1番手を飾るのは「HAHAHA CREPE(ハハハクレープ)」。元町駅から徒歩4分の地元の人に愛されるキュートなテイクアウト専門のクレープ屋さんです。フォトジェニックな可愛らしいクレープがあなたを待っていますよ。
お店オリジナルの可愛いクレープが盛りだくさんですが、中でもいちごを使用しているクレープは大人気のようです。「いちごのブリュレ」はブリュレされた部分の香ばしさとイチゴの甘酸っぱさが絶妙にマッチしています。そして、こちらの写真のクレープは「いちご銭湯」というメニュー。まさに苺が湯船に使っているようなビジュアルがユニークで可愛いですね。

詳細情報

②ショコラリパブリック/三宮

次にご紹介するのは、ケーキや洋菓子が人気の「ショコラリパブリック」。神戸内で5店舗を展開しており、本店である三宮店ではB1Fから3Fのフロアがあり、1F以外のフロアはすべてカフェとなっています。レンガ作りの建物はヨーロッパのような雰囲気を醸し出していて、ショーケースの中にはたくさんのケーキが並んでいます。
こちらのお店では季節ごとに期間限定のデザートプレートが登場します。こちらの写真は3月のメニュー「ICHIGO tea party」。白いお皿の上で、ピンクや赤のいちごスイーツがとても映えていますね。特に手前のいちごマカロンは、本物のいちごのようなビジュアルがとても可愛らしいです。予約もできるようなので、詳しくはお店の方に聞いてみてくださいね。

詳細情報

③Ravo Bake COFFEE(ラボベイクコーヒー )/元町

次にご紹介するのは「Ravo Bake COFFEE(ラボベイクコーヒー )」。元町駅から徒歩3分の、"マラサダとコーヒーをテイクアウト"というちょっと珍しい専門店です。お洒落なデザインのカップに惹かれ、ついつい写真を撮りたくなりますね。
定番人気のメニューはクレームブリュレラテ。カップからこんもり出たブリュレ部分が香ばしい香りで、もうたまりませんね。そして、季節限定のいちごスイーツがこちらのイチゴフリュイ。タマゴ型の透明のこじんまりとした容器に入っており、コーヒーのお供にぜひ食べたい一品。1日25個限定のようなので、売切れには気をつけてくださいね。

詳細情報

④HANAZONO CAFE(ハナゾノ カフェ)/元町

4番目にご紹介するお店は「HANAZONO CAFE(ハナゾノ カフェ)」。神戸の地で10年以上も愛され続けるカフェで季節のフルーツを使ったスイーツや、フォトジェニックなドリンクメニューなどが人気です。パスタやご飯などのランチメニューもありますよ。
こちらでは、春の季節のパフェとして豪華ないちごのパフェがいただけます。サイズも2つあり、より贅沢にいちごを楽しみたいなら大きいサイズがオススメ。いちごの入荷が安定していれば3・4月までは提供できるとのこと。ゴールデンウィーク頃まで提供できる可能性もあるとのことですが、最新情報はお店のインスタグラムなどをチェックしてみてくださいね。

詳細情報

【さくら】

⑤Cafe de Agenda(カフェ デ アゲンダ)/元町

ここからはさくらスイーツの部門です。さあ、ご紹介するのは「Cafe de Agenda(カフェ デ アゲンダ)」。元町駅から徒歩6分のカフェで、旬のフルーツを使ったパフェやドリンクなどが人気。お皿をフル活用した華やかな盛りつけは、まさにフォトジェニック。
ついつい真上や横など色々な角度から写真を撮りたくなってしまいますね。こちらでいただける桜スイーツが「桜と抹茶のチーズcake」です。中は抹茶チーズと桜チーズの2層でできており、以前よりも濃厚な味わいに進化したんだとか。表面にトッピングされているのは、桜クリーム。濃厚な味わいで、春の訪れを実感できそうですね。

詳細情報

兵庫県神戸市中央区栄町通3-2-8

3.46 22230
デコレーションが綺麗すぎるケーキ屋さん

個性的なデコレーションが目を惹くケーキ屋さん"Cafe de Agenda"! 今回私が頂いたのは、「もう一つのチーズケーキ」(税込670円)、「抹茶とほうじ茶のクリームチーズ」(税込800円)です。 このお店は、ケーキを頼むと様々なソースを使ってお皿を綺麗に彩ってくれる所が魅力の一つです。 私が注文したケーキも、それぞれ個々に綺麗なデコレーションをしていただきました。 チーズケーキは、今年から改良された新しいバージョンのものを頂きました。生クリームとチーズのみで作られているようです。味はチーズの濃厚さもありながら、どこかすっきり感もあって絶妙でした。底のクッキー生地まで美味しく、全体のバランスがすごく良かったです。別添えの苺アイスも苺の味がしっかりしていて、美味しかったです。 抹茶とほうじ茶のケーキは、抹茶のスポンジケーキにほうじ茶のチーズケーキが贅沢に重ねられています。その上には大きなバニラアイスも乗せられていて迫力満点です。抹茶の部分は、ほろほろとしたスポンジケーキで、抹茶の味わいはそこまで感じられませんでした。ほうじ茶の部分は、ほんのりほうじ茶の香りがしていました。 どちらのお皿も、カスタードソース、ベリーソース、チョコレートソースなどを使い綺麗に彩られていました。目で見ても楽しいケーキです。 今回はオープンと同時くらいに伺いましたが、オープン時間から沢山のお客さんが来ていました。かなり人気のあるお店なようです。店内は温かみのある雰囲気で、店員さんの愛想もとても良かったです。 季節ごとにケーキもよく変わるようなので、何回行っても楽しめそうです。

⑥カフェ豆茶(まめちゃ)/元町

次のお店は「カフェ豆茶(まめちゃ)」。元町駅から徒歩3分のカフェで、商店街沿いの2階にお店を構えています。2階ということもあり窓際の席では自然光で明るくなっており、天気の良い日には最高ですね。営業時間は11:00〜19:00となっています。
こちらが今回ご紹介する桜スイーツのデザートプレートです。ロールケーキの上に乗るのは、ピンク色の桜あん。アイスまで桜味でまさに桜づくしのプレート。濃厚な抹茶ソースをからめて召し上がってくださいね。盛りつけまで綺麗で、上品な春を感じられるデザートプレートです。

詳細情報

兵庫県神戸市中央区元町通2-4-82階

3.43 534
  • 〜¥999

⑦à la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)/三宮など

※写真は大井町店のものです。

※写真は大井町店のものです。

最後にご紹介したいのが「à la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)」。タルトやケーキが人気の超有名店ですが、実は1991年に神戸で生まれたパティスリーだということをご存知でしたか?発祥の地ということもあり、神戸にも複数店舗を構えています。オンラインショップなどでもケーキを購入することができます。
そんな「ア・ラ・カンパーニュ」の季節限定タルトがこちら。「タルト・オ・サクラ」です。さくらが香るティラミスがタルト生地とマッチング。まるで桜の花びらのような美しいフォルムにほれぼれしてしまいますね。もはやアートの領域です。

詳細情報

今日はどっちにしようかな。

いかがでしたか?神戸で2019春に食べたいスイーツ7選を、いちご部門とさくら部門に分けてご紹介しました。どちらも春らしい色合いや見た目がとても綺麗ですよね。数量限定の人気メニューばかりなので、お店に行く際には時間などに気をつけてくださいね!(※販売期間を事前に確認することをおすすめします。)(※掲載されている情報は2019年3月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事