• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
離島で癒しの時間を過ごさない?「ケアンズ・グリーン島」でするべき7つのこと

オーストラリアのケアンズに観光で行く方も多いかと思います。また、ケアンズ旅行といえば、海またはグレートバリアリーフをみたいという方も多いと思います。今回はケアンズの近くの離島「グリーン島」でしたい7つのことをご紹介していきます。ぜひ、旅行プランの参考にしてみてくださいね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめいたします。)

このまとめ記事の目次

"グリーン島(Green Island)"って?

グリーン島はオーストラリア北東部位置するクイーンズランド州の都市ケアンズの近くにある離島です。ケアンズは、オーストラリアのグレートバリアリーフの玄関口です。グレートバリアリーフは、世界最大のサンゴ礁地帯で世界遺産にも認定されています。
その中でもこのグリーン島はケアンズから船が出ているため、アクセスが良く、唯一熱帯雨林の植物が生えている不思議な島。ケアンズから1時間弱で到着するため、船酔いが激しい方でもまだ行きやすい距離です。海が比べ物にならないくらい綺麗で、永遠に続く水平線とキラキラ輝く海は何時間見ても飽きません。今回はここ”グリーン島”でしたい7つのことをご紹介します。

①グリーン島唯一のホテルに泊まる

日帰りでも十分グリーン島を楽しむことができますが、少し、余裕がある方はホテルに泊まることをおすすめします。この島にはこちらの「Green Island Resort」しかありませんが、優越感を味わえるのはもちろん、船で来た観光客が最終便で帰った後もグリーン島のビーチをゆっくり堪能できますよ。
宿泊客だけになるので朝夜は運がよければプライベートビーチ状態です。客室もリゾート気分を味わえる素敵な空間で、心も体も癒すことができます。また、何と言っても夜の星空は絶対に見るべき。

詳細情報

②ビーチでのんびり過ごす

一番オススメのグリーン島での過ごし方はビーチでのんびり過ごすことです。何も考えずに、水平線や海で遊んでいる人の人間観察するのは、おそらくこういう時しかありません。非日常のこの瞬間を目一杯楽しみましょう。
もちろん、お友達やカップル、ご家族で行かれている方はたくさん写真を撮ってくださいね。グリーン島にはコインロッカーがあり、一回預ければ指定されている時間内で何度でも取り出すことができます。この後、海のアクティビティが控えている方でもカメラや携帯の管理において安心です。

③海の中の世界をちょっと覗き見する

海といえば大定番シュノーケリング・ダイビング。海に潜って海の中の生活を少しだけ覗かせてもらいましょう。その日の気候や季節によって全然違う海の風景を見せてくれます。何がみたいですか?
ダイビングもシュノーケリングもインストラクターの方がしっかりついていてくださるので初心者の方も安心です。日本人の方もいますので、日本語で色々聞くこともできます。海の中に少し恐怖感を持っている方、本当にもったいないです。ぜひ、海に潜ってみてください。

④グラスボトムボートで濡れずに海の中を見る

とは言っても、どうしても海に潜れない事情もありますよね。お子様連れや水着を忘れたやどうしても海の中に入るのが怖い、など。そんな方には、グラスボトムボートをおすすめいたします。グラスボトムボートは、船の底がガラスになっていることより、海に潜らなくても船に乗っているだけで海の中を覗くことができる船です。
ガラスの下には、たくさんの色鮮やかなお魚やウミガメも見ることができるかもしれません。こちらも日本語のアナウンスガイドが流れるので英語に不安がある方も大丈夫ですよ。長い時間下を見ながら船に乗ることになるので、船酔いがある方には少し不向きかも。

⑤グリーン島を散策する

せっかくグリーン島に来たのなら、散策もしてみましょう。グリーン島は西側にショップやビーチ、東側は熱帯雨林です。1周するのに約40分ほどの小さな島なので自然をもっと感じたい方にはおすすめのプランです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する