【2022春】トレンド×一人旅。国内&海外の“リフレッシュ旅行先”8選

自分の好きなペースで観光できる一人旅では、日々の疲れからも解放されて肩の荷も下りますよね。今回は、いま話題となっている一人旅先をご紹介します。誰にも気を遣わないリフレッシュできる一人旅へ、今年もお出かけしましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①望郷に浸る“ローカル線旅”

小湊鐡道

最初にご紹介する2019春のトレンド一人旅は、「ローカル線の鉄道旅」です。地元の人に愛されるローカル線の鈍行に身を任せて、のらりくらりと地方の景色を眺める旅は、どこかノスタルジックな気持ちにかられます。

大井川鉄道

特にSLなどがまだ走っている場所が人気で、レトロな雰囲気は日本の原風景へとタイムスリップしたような感覚になります。千葉県の“小湊鐡道”では、春には無数の菜の花で彩られた黄色の絨毯の上をガタゴトと走ることができます。

津軽鉄道

本州最北を走る“津軽鉄道”では、両脇に広がる田園風景が日々の疲れを癒してくれます。ローカル線ぶらり旅では、気になる場所や駅で途中下車できるのも人気なポイントの一つです。その場所でのグルメや地元の人々との触れ合いを楽しんでくださいね。

詳細情報

②“みさきまぐろきっぷ”で食を満たせ!

超お得な“みさきまぐろきっぷ”

次にご紹介するのは、京急が発行している「みさきまぐろきっぷ」を使った旅です。この切符を使えば、三崎口までの往復料金+京急バスフリー乗車券に、協賛店でのマグロ料理1食分+1つの観光施設で使える特典がついて3,570円(品川駅発の場合)で丸々楽しめる超お得な一日を過ごせるんですよ。

超贅沢なマグログルメに舌鼓!

みさきまぐろきっぷの目玉は何といってもマグログルメ。30店を超える加盟店では、まさにマグロ三昧な超贅沢のマグロ料理をいただけて、心も満腹に。どのお店も魅力的で思わず迷ってしまうはず。日本人でよかったとすら思うことでしょう。

いろんな施設やお土産で、旅の思い出をGET

お腹が満たされたら、旅の思い出を。みさきまぐろきっぷがあれば、三浦・三崎のお土産屋をお得に手に入れられるほか、水中観光船や日帰り温泉など、いろんなコンテンツの施設で旅の思い出を作ることができます。一人旅にはもちろん、お友達や恋人と訪れるのもオススメですよ。

詳細情報

③一人だからこそ行きたい贅沢宿を満喫

続いてご紹介するのは、贅沢宿を満喫する一人旅。リフレッシュ目的の一人旅ならば、宿をメインに旅先を選ぶ人も多いのでは?最近はデイユースプランなども増えているため、ホテルで長期滞在をする人が多いんです。一人だからこそ、ホテルのお食事やお部屋を満喫しちゃいましょう。

Umito Voyage Atami

続いてご紹介するのは、「UMITO VOYAGE ATAMI(ウミト ヴォヤージュ アタミ)」です。こちらは、まるで海外リゾートのような海を望む絶景を堪能できる贅沢宿。全室オーシャンビューで、お風呂から時間によって雰囲気を変える相模湾を独り占めすることができちゃいます。

おんせんキャンプ ShimaBlue

続いては、自然の中でリフレッシュしたい方におすすめ、群馬にある「シマブルー」です。こちらではなんとグランピングと温泉を一緒に楽しむことができちゃうんです。全てのお部屋に専用のお風呂が付いているため、周りの目や時間を気にすることなく、ゆったりと温泉を楽しむことができますよ。

詳細情報

rakutenで見る

静岡県熱海市上多賀102779

3.42 048
rakutenで見る

群馬県吾妻郡中之条町四万吾妻郡中之条町四万4355-9

3.37 026

④“沈下橋”と清流を巡る四国ドライブ

穏やかな気候の瀬戸内周辺での四国旅は、ここ数年で話題となっています。中でもアートな島々がフォトジェニックだと注目されている香川県は、特に人気を集めていますね。そこで今回は、高知県での四国旅をご紹介します。

清流に架かる、高知県の沈下橋

続いてご紹介する、増水時には川に沈むことから名づけられた“沈下橋(ちんかばし)”は、両脇に欄干のない特徴的な橋です。橋の縁に腰掛けることもでき、緑の山々に青く澄んだ清流と、日本の原風景に身を置くことができます。

圧巻の“仁淀ブルー”

また“仁淀ブルー”とも称される、青や緑色に輝く清らかな水はとても美しく、この清流が流れ落ちる滝壺の“にこ淵”は、高知県でも屈指の絶景スポットになっています。神秘的でパワースポットのような壮観を訪れてみてはいかがですか。

詳細情報

高知県吾川郡いの町清水上分1278

3.79 16444

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する