ここは現実ですか?可愛すぎるパリディズニーでしたい5つのこと

ヨーロッパで唯一のディズニーはパリにあるって知っていましたか?東京ディズニーリゾートよりも混雑していないので、時間を有意義に使えますよ。この記事では、筆者が実際に行った感想とともに魅力溢れるパリディズニーでしたいことを紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

可愛いが詰まってるパリ・ディズニー

ヨーロッパで唯一のディズニーはパリにあります。パークは男の子っぽいディズニーランド・パークとロマンチックなウォルト・ディズニー・スタジオパークの2つです。欧州で初めて建設されたディズニーのテーマパークです。

被りものを身に着ける

入園したらまずカチューシャやファンキャップを買いましょう!パリディズニーのカチューシャは日本と比べて種類が少ない印象でした。つけている人も少ない!ですが、ここでしか買えないデザインのカチューシャたち。これをつけてディズニーを120%楽しみましょう。
日本で売っているファンキャップはパリディズニーにはありませんでした。ですが、とっても可愛いキャラクターモチーフの帽子を発見しました。ティガーやレミーのグッズはなかなか見ませんよね。日本に持って帰って自慢しちゃいましょう。

アトラクションを楽しむ

パリディズニーに行ったら絶対乗ってほしいのがザ・アドベンチャーです。レミーのおいしいレストランというパリを舞台にした映画がモチーフになっています。ネズミになってキッチンの中を走りまわるアトラクションです。
筆者おすすめアトラクション2つ目はハイパースペースマウンテンです。室内型のジェットコースターなのですが登るときに1回外に出るのが特徴です。スピード感があり、世界最恐とも言われていますが、爽快感があり気持ち良いです。日本にあるから乗らないなんてやめてください!

海外らしいフードを食べる

ディズニーはフードメニューもかわいくて人気がありますよね。パリディズニーの食べ歩きフードにはミッキー型のマシュマロやクッキー、カップケーキなどがあります。スイーツの聖地、パリならではのメニューですね。
クッキーはミッキーの形していて、かわいい。注目してほしいのはそのサイズ!このクッキー、実は手のひら以上の大きさがあるんです。しかもクリームを二枚のクッキーでサンドしています。とてもジャンキー。外国っぽいですよね。

インスタ映えする

ディズニーの定番写真スポットと言えばお城の前ですね。パリディズニーのお城は眠れる森の美女にでてくるお城です。オーロラ姫のお城は世界でここだけです。小さくておもちゃのような雰囲気でした。
2つ目に紹介するのはウォルトディズニーパークのほうにあるトイストーリーエリア。日本トイストーリーエリアとはまた違った雰囲気で、パキっとした色合いがインスタ映えしますね。大きなキャラクターたちと記念に1枚いかがですか。

1日の締めにショーを鑑賞

暗くなってきたらショーが始まる合図。今回紹介するのはディズニー・イルミネーションズというナイトショーです。パリディズニーのシンボルにプロジェクションマッピングが映し出されます。ショーは約20分ほどです。
ショーでは噴水や花火のスケールがとても大きく、大迫力です。日本でもおなじみの映画のワンシーンが映されますし、音楽が素敵なのでフランス語が分からなくても楽しめます。このショーを見ると楽しかった1日を思い出します。言葉にならない感動なので実際に行ってみてください!

いかがでしたか?

かわいいが溢れているパリのディズニーランド。きゅんきゅんが止まりません!フランスに行く際はぜひ行ってみてくださいね。

おすすめまとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する