• はてぶ
  • あとで
京都のボリューム満点グルメ!がっつり食べたい人におすすめの「丼グルメ」8選

京都には美味しい丼メニューがたくさん!どれもボリューミーでありながら、味は本格的。今回ご紹介するのはその中でも特におすすめしたい8店です。京都でたくさん活動するなら、ぜひ絶品丼メニューでスタミナをつけてくださいね!(※掲載されている情報は2019年4月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①石焼き親子丼 / 侘家古暦堂(祇園花見小路店)

まず最初にご紹介するのは「侘家古暦堂(わびやこれきどう)」。モダンな店内がとてもオシャレで、大人な雰囲気。こちらのお店でいただけるのは、アツアツの石焼親子丼。石焼ビビンバはよく聞きますが、石焼の親子丼は珍しいですよね。石焼だからこそできるおこげが、パリパリしていてとても美味しいです。
侘家古暦堂の石焼親子丼は、ランチタイムの名物メニュー。2つも入った京都産の赤卵を全体に絡まるようによく混ぜ合わせていただくと、とろとろの食感を楽しむことができますよ。シメには特製清湯スープをかけて、味わいの変化を楽しんでくださいね。

詳細情報

tabelogで見る

京都府京都市東山区祇園町南側 歌舞練場北側

3.57 884

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②親子丼 / とり安

続いてご紹介するのは、烏丸御池にある「とり安」。鶏肉料理を得意とするこちらのお店でいただけるのは、大ぶりな鶏肉ととろける玉子が美味しい親子丼。とても人気のメニューで、ランチタイムはとり安の親子丼を求める人で行列ができるほど。
ごろごろとした鶏肉は、素材の味をダイレクトに感じることができます。玉子はだしのきいた上品な美味しさ。他にも玉子だけが乗った「玉子丼」や、唐揚げと玉子が乗った「からあげ丼」があります。丼メニューだけでもたくさんの種類があるのでどれを頼むか迷ってしまいますね。

詳細情報

京都府京都市中京区烏丸通押小路角

3.54 320

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③天丼 / 天丼まきの(京都寺町店)

続いてご紹介するのは「天丼まきの」。こちらでいただける天丼は、見た目のインパクトからすごいんです。丼からはみ出すほどこんもりと盛り付けられた天ぷらはまさにフォトジェニック。インパクトがあるのは見た目だけではありません。味にもこだわっているんです。
天ぷらは、お客さんの目の前で揚げられます。次々と天ぷらが上がっていく様子は見応えがありますし、揚げている時のジュワーっという音が食欲をそそります。出来上がった天ぷらはサクサク。美味しいのでこのボリュームでも一気に食べ進められますよ。

詳細情報

京都府京都市中京区中筋町481-3,下る,寺町通

3.38 233

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④天丼 / 天周

続いてご紹介するのも天丼屋さんです。「天周(てんしゅう)」は、開店前から行列ができるほどの人気店。天丼のさっくりとした食感と懐かしさを感じさせる風味が人気の秘訣です。そんな天周の看板メニューは穴子天丼。
贅沢に3つも乗せられた穴子の天ぷらは、丼ぶりからはみ出るほどの大きさ。穴子に絡まっているタレが、甘いけどしつこすぎず、丁度いいあっさり感で食べる人をやみつきにします。お店には、他にもかき揚げ丼や大海老天丼など定番のメニューもありますよ。

詳細情報

⑤天とじ丼 / 岡北

続いてご紹介するのは京都の人に愛され続ける天とじ丼のお店「岡北」。お蕎麦やうどんでも有名なこちらのお店ですが、やはり注目したいのは海老の天ぷらを甘いお出汁のきいた玉子でふんわりととじた「天とじ丼」です。
天とじ丼は、玉子がふわふわとろとろで、少し固めに炊かれたご飯と相性抜群。海老の天ぷらは大きくて食感がプリッとしていますよ。丼メニューは小さいサイズも用意されているので、少食な方でも安心して注文することができます。

詳細情報

京都府京都市左京区岡崎南御所町34

3.66 955
京都を感じるうどんと天とじ丼。

(味の感想は★からです) 今回のお店は【京うどん 生蕎麦 岡北】さん。 東山にありますは、連日行列の超人気うどん店。 お隣の山元麺蔵さんと共に、京都二大うどん店といっても差し支えないだろう。 年末の11時ごろ。 店先にはまさかの50人ほどの列。 先頭から店内に案内されて、20人弱の待ち。 40分ほど待って店内へ。 席数は36席と多く、注文してから商品提供までなかなかの速さ。 ですが、うどんが本当に熱いので、食べるのはさすがに少し時間がかかる。 それでも回転率は早い方だと思いますね。 私は【甘きつねカレー】と【ミニ天とじ丼】をオーダー。 前回天とじのうどんを頂いたので、今回は前から気になっていたカレーうどんにチャレンジ。 ですが、前回の天とじがあまりにも美味しかったので、堪らずミニ天とじ丼をオーダー。 年末のこの季節、無性におうどんを食べたくなりますが、そのうどんが岡北さんのうどんとはなんとも贅沢。 隣のお客さんは「今、めっちゃ京都感じてるわ〜」って言いながらうどん食べてましたね。 岡北さんの良さがよく伝わる表現で勉強になりましたね。確かにめっちゃ京都を感じる。 しばし待ってカレーうどんとミニ天とじ丼到着。 並んでいる時からものすごいお出汁の良い香りがしていましたが、眼前に漂うお出汁の香りは別格。美味しそうどす。どすえ。 それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・甘きつねカレー  1000円  ・天とじ丼(ミニ丼)850円 カレーは見るからに熱々。 なんとかできる限りふぅふぅをして一口、、、 あっつい!! いやぁ!出汁効いてるー!美味しい! 岡北恒例の激アツ具合はさておき、お上品な出汁の香りと旨み、ちょうど良い辛さのカレーと相まって、抜群のカレーうどんだ。 あんかけのようなトロッと感で、熱は全く逃げない。いつでも熱々。 うどん自体も柔らかいのにだれていない不思議な食感。これぞ京都うどん。というか岡北さんのうどん。 天とじ丼は、あっさりとした卵とじがご飯との相性抜群。海老天は相変わらず熱々。どういう調理をしたらこうなるのかわからないが、カリカリでジューシー。海老の香ばしさが存分に現れた激ウマな海老天。 岡北さんに来たらできたらマストで海老天は食べて欲しいですね。本当に美味しいから。 お値段はそこそこしますが、それでもこのうどんは食べたくなります。それぐらいの美味しさと魔力を秘めたおうどんです。みなさんも是非。 それではごちそう様でした。 とても美味しかったです。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥きんし丼 / 京極かねよ

続いてご紹介するのは「京極(きょうごく)かねよ」。レトロ感あるこちらのお店は、うなぎの名店。職人熟練の技で焼かれたうなぎはふわふわ。お店が創業した大正初期からずっと受け継がれてきたお店自慢のタレを絡めていただきます。そんな京極かねよでいただけるのはこだわりのうなぎを大きな玉子で覆った「きんし丼」。
うなぎを覆い隠すばかりでなく、丼ぶりからもはみ出してしまうほどの大きさを誇る玉子は、京風の玉子やき。上品で優しい味わいがうなぎによく合っています。シメはだしをかけてひつまぶしに。ひとつの丼ぶりで様々な味わいを楽しむことができます。

詳細情報

京都府京都市中京区松ケ枝町456

3.64 15124

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦生ゆば丼 / とようけ茶屋

続いてご紹介するのは「とようけ茶屋」。もとはとようけ屋山本というお豆腐屋さんでした。なので、メニューにはお豆腐や生麩、ゆばを使用したものがたくさん。その中で特に注目したいのは「生ゆば丼」です。
生ゆば丼は、じっくり煮た生ゆばにとろみをつけたものを温かいご飯の上に乗せたもの。上に添えられた生姜と三つ葉が風味のアクセントになっています。活発に活動しているお客さんのために作られているのでしっかりとした味付けですよ。

詳細情報

京都府京都市上京区紙屋川町822

3.66 994

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑧黒毛和牛の肉まぶし / 稀

最後にご紹介するのは「稀(まれ)」。ここでは「肉まぶし」をいただくことができます。なんだか聞きなれない言葉ですが、ひつまぶしのお肉版だと言ったら想像できると思います。そんな肉まぶしに使われているのは黒毛和牛。
お肉は柔らかくて旨味たっぷり。一緒に乗せられた玉子やご飯はもちろん、ネギやわさびなどの薬味ともよく合いますよ。半分ほど食べ進めたらだしをかけていただきましょう。お茶漬けのようにスルスルと食べたら心もお腹も満たされること間違いありません。

詳細情報

tabelogで見る

京都府京都市東山区祇園町北側338-1 祇園川長ビル1階

3.40 312

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

いかがでしたか?

気になる丼メニューはありましたか?京都の丼メニューはボリューミーでありながらどれも繊細なお味の本格派。絶品丼メニューで、しっかりスタミナをつけるとともに、京の味覚を味わいましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

14Fleurコーヒーとお散歩が好きです。マイブームは高級食パン。

このまとめ記事に関して報告する