• はてぶ
  • あとで
【終了】期間は?行き方は?アゲダのアンブレラ・スカイ・プロジェクトの攻略法

毎年7月から9月にかけて開催されるカラフルな傘のイベント「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」。ポルトガルにある「アゲダ」と言う街ではインスタ映え間違いなしのイベントが行われて近年知名度が急激に上昇しています。そこで今回は「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」について丁寧に紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

アゲダってどこにあるの?

そもそも、アゲダはどこにあるのか分からないですよね。アゲダはポルトガルの中の小さな町で、ローカル線に乗っていくと着きます。ポルトガルというと黄色い路面電車というイメージがあるかもしれませんが、アゲダは落ち着いた雰囲気のところです。
アゲダは小さい町なので、傘のある通りを見るだけなら、2時間あれば満喫できます。しかし、ローカルなお店を散策したいなら、半日から1日ほど滞在してみるのもいいかもしれませんね。

アゲダまでのアクセス方法

アゲダに行くならば電車をおすすめします。首都のリスボンからだと4時間、第2の町ポルトからだと2時間半です。どちらからアクセスしても、“Aveiro(アヴェイロ)”という駅で下車し、ローカル線に乗り換えます。

リスボンからアゲダまで

リスボンから行くのなら、Oriente(オリエンテ)駅から座席指定の長距離電車に乗ります。切符は窓口かインターネットで購入でき、行き先のアゲダまでと伝えて下さい。Aveiro(アヴェイロ)駅に着いたら、アゲダ行きの「Regional(ヘジオナル)」というローカル線に乗り換えます。

ポルトからアゲダまで

ポルトから行くのなら、Sao Bento(サン・ベント)駅かCampanha(カンパニャ)駅から電車に乗ります。座席指定のない電車の場合もあります。Aveiro(アヴェイロ)駅まで行ったら、アゲダ行きのRegional(ヘジオナル)に乗り換えます。

詳細情報

世界遺産にもなっている世界有数の美しい駅
  • Praça Almeida Garrett, 4000-069 Porto, Portugal
  • Av. Dom João II, 1900-233 Lisboa, Portugal

開催期間

開催期間:毎年7月〜9月

アゲダのアンブレラ・スカイ・プロジェクトは例年、7月から9月の間に開催されています。夏の3か月だけなので、訪れる際は気を付けてくださいね。最新の公式情報を確認してから行くことをおすすめします。
ポルトガルには自動販売機が少ないので、熱中症予防にペットボトルを持ち歩くことをおすすめします。涼む時のカフェなどは室内よりもテラス席が多いので、日焼け対策は万全で行きましょうね。

アンブレラ・スカイ・プロジェクトの楽しみ方

アンブレラ・スカイ・プロジェクトの楽しみ方は傘だけではないんです。傘の他に、風船が飾られていたり、ウォールアートがあったりと、様々なアートが展示されているんです。日の当たり方によっては、壁や地面にカラフルな色が映し出されることもあるんです。
さらにお土産にも注目です。傘が町のシンボルなので、アゲダでしか見ないお土産品がたくさんあります。傘柄のトートバックや傘柄の靴下など、めずらしいものに出会えます。カフェには傘をイメージしたお菓子もあったりするので、探してみてください。

アゲダ観光の注意点

※画像はイメージです

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

_girassol_旅にでたい…

このまとめ記事に関して報告する