暑い日こそ激辛料理!汗をかきながら食べたい東京都内の「麻婆豆腐」8選

徐々に気温も高くなってきましたね。そんなこれからの季節に食べたくなるものといえば辛いモノではないでしょうか。汗をかきながらも夢中になって食べる辛い料理は、夏に失われがちなスタミナをつけるにもばっちりです。そこで今回はそんな激辛料理の代表格である麻婆豆腐のおすすめのお店を紹介していきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【1】味覚 / 内幸町

まず最初にご紹介するのは、内幸町駅から徒歩約3分、虎ノ門駅から徒歩約4分のところにある四川料理のお店。その名も「味覚」です。新橋エリアを中心に店舗展開しているこちらのお店は、絶品刀削麺と見た目からも魅力的な麻婆豆腐が人気の看板メニューなんです。
特に注目を集めているのは、石窯でアツアツのグツグツ麻婆豆腐と刀削麺を楽しむことができる「頂点石焼麻婆刀削麺」です。10種類もの香辛料と、仕上げに辣油を加えた麻婆豆腐は、グツグツの見た目も相まってまるでマグマのような一品。香辛料の香りとコクが合わさり、味も本格的ですよ。

詳細情報

【2】源烹輪 / 富士見台

2つ目にご紹介するのは、居心地抜群の中華料理屋さん「源烹輪(げんぽうりん)」です。富士見台駅から徒歩で約2分ほどのところにあります。広東料理や北京料理などをバランスよく取り入れつつ、庶民的な中華料理を提供してくれるお店です。
そんな「源烹輪」の麻婆豆腐も絶品だと評判です。ランチタイムには四川麻婆豆腐定食のメニューを頼めるようになり、絶品の麻婆豆腐とごはんやスープをセットで頂くことができます。白米と一緒に食べると美味しさも倍増するような逸品です。

詳細情報

【3】東坡 / 明治神宮前

3つ目にご紹介するのは、おしゃれと個性で溢れる街、原宿や明治神宮前駅から徒歩約7分のところにある「東坡(トンポー)」です。こちらのお店は、中華料理の老舗としても注目のお店で、裏原宿にお店を構えています。そんな東坡では麻婆豆腐が不動の人気を誇るメニューなんです。
器からあふれてしまいそうなほど、こんもりと盛られた麻婆豆腐は、胃への負担から単品での注文が出来ないほどの辛さなんです。長い時間をかけて煮込まれるこちらの麻婆豆腐は、化学調味料なども一切使用していません。シンプルで美味しいおすすめの激辛麻婆豆腐です。

詳細情報

東京都渋谷区神宮前3-24-9

3.25 013
  • ¥6,000〜¥7,999
  • ¥10,000〜¥14,999

【4】赤坂 四川飯店 / 永田町

4つ目にご紹介するのは、東京のまさに中心、永田町駅から徒歩約3分ほどのところにある「赤坂 四川飯店(しせんはんてん)」です。こちらのお店は、メディアなどでも何度も取り上げられている有名な中華の鉄人、陳健一さんがオーナーを務める中華料理屋さんです。
そんなこちらのお店の麻婆豆腐は、まさに王道の麻婆豆腐です。山椒の刺激やトウガラシの辛みを存分に味わうことができるだけでなく、豊富な食材を使うことによって生み出される奥深い旨味があります。もちろん麻婆豆腐以外にも絶品の中華料理を味わうことが出来ます。一度は行きたい名店です。

詳細情報

東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館 5,6階

3.55 870
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥10,000〜¥14,999

【5】炎麻堂 / 赤坂見附

5つ目にご紹介するのは「炎麻堂(えんまどう)」です。赤坂見附駅から徒歩約4分ほどのところにあるこちらのお店は、他にも神田や三軒茶屋にもお店を構えています。中華を中心に提供しているお店で、ランチタイムには麻婆豆腐定食をはじめとした定食やラーメンなどもいただくことが出来ます。
看板メニューの四川麻婆豆腐は、特製の豆板醤をオリジナルにブレンドして作られており、麻婆豆腐の命ともいえる辛さは、5段階の中から選ぶことが出来ます。刺激的な辛みの中にもしっかりと美味しさを感じることが出来る麻婆豆腐で、気が付けばグングン食が進むような一品です。

詳細情報

tabelogで見る

東京都港区赤坂3-17-8 都ビルB1階

3.41 325
  • 〜¥999
  • ¥3,000〜¥3,999
辛口坦々麺

【赤坂 辛口坦々麺】 『2023年ラーメン50杯目』 ①最寄駅  赤坂見附駅10番出口より徒歩4分(300m) ②混雑状況  ランチと金曜日は混雑必須 ③雰囲気  テーブル席多数  夜は宴会にも使えます。 ④決済情報  クレジットカード、PayPay決済可能 ⑤喫煙情報  お店を出て階段を登ると途中に喫煙スペースあり ⑥コメント 《坦々麺17杯目》  金曜日の夜の遅めの晩御飯は赤坂で  坦々麺のお店を探して四川料理で検索したら  此方のお店がヒット  なかなか探検しないと見つからないレベルのお店  地下にあるお店で  お店には外から階段で入るスタイル  店内に入ると赤と黒が基調の内装がいいね  21時過ぎの訪問だったので飲みでの利用が多かった  テーブル席に案内され注文は  『辛口坦々麺』をお願い  待つ事5分ほどで坦々麺が  綺麗な丼に真っ赤スープが  真ん中に角煮と青梗菜が乗っていて見た目から綺麗  スープは濃厚で辛口  ここに細麺がよく絡みます。  角煮は八角が効いていて私のconomi  久しぶりにヒットかも  スープが美味しいので思わず飲み干しちゃった。  辛口坦々麺は、ちょうど1,000円です。  ご馳走様でした。   [辛口坦々麺] 【特徴】  ラー油が効いた辛口坦々麺 【麺】  細麺 【トッピング】  角煮、青梗菜、エリンギのメンマ  八角が効いた角煮が美味しい 【一言】  辛口坦々スープに細麺が絡んだ美味しい坦々麺  チャーシューではなく角煮が乗っていて美味い #赤坂ラーメン #辛口 #坦々麺 #本場の味 #細麺はつるつる

【6】陳家私菜 赤坂一号店 湧の台所 / 赤坂見附

6つ目にご紹介するのは、赤坂見附駅から徒歩で約3分のところにある陳家私菜(ちんかしさい)の赤坂一号店 「湧の台所( ゆうのだいどころ)」です。こちらのお店は、数々のメディアでも紹介される人気店で、特に刀削麺と石焼の麻婆豆腐が看板メニューとなっています。
そんな「湧の台所」の看板メニューでもある頂天石焼麻婆豆腐は、熱々の石鍋で提供される麻婆豆腐で、アツアツの上にとても辛く、激辛好きの間でも評判の一品。運ばれてくると周辺の人がむせてしまうほどなんだと注目を集まているんです。辛いモノ好きな方は一度は訪れたい本格中華の名店です。

詳細情報

東京都港区赤坂3-19-8 赤坂ウエストビルB1階

3.15 012
  • 〜¥999
  • ¥3,000〜¥3,999

【7】蜀郷香 / 四谷三丁目

7つ目にご紹介するのは、四谷三丁目駅から徒歩で約4分のところにある「蜀郷香 (シュウシャンシャン)」です。こちらのお店は、四川料理の名店で修業されたシェフが開いたお店で、牛肉の四川煮込みや汁なし担々麵など、スパイスの効いた四川料理を味わうことが出来ます。
そんな「蜀郷香 (シュウシャンシャン)」の麻婆豆腐は、正統派のシンプルな麻婆豆腐です。こちらの麻婆豆腐は、そこまで辛すぎないため、激辛は苦手だな、という方にもピッタリの一品です。本格的な四川料理が食べたくなったらぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょう。

詳細情報

東京都新宿区舟町5-25TSIFUNAMACHI2階

3.18 03
  • ¥4,000〜¥4,999
  • ¥10,000〜¥14,999

【8】神田 雲林 / 淡路町

最後にご紹介するのは、秋葉原や御茶ノ水の調度中間あたりにあり、淡路町駅から徒歩で約4分ほどのところにある「神田 雲林(ゆんりん)」です。こちらのお店は、ランチタイムとディナータイムの両方で営業を行っており、本格的な中華料理、特に上海料理を味わうことが出来ます。
特にランチ時がおすすめで、絶品の麻婆豆腐をお手頃な値段でいただくことが出来ます。いくつかランチメニューがある中でも「四川麻婆豆腐"激辛"ランチセット」は、麻婆豆腐に加えて、ご飯や汁物、副菜がついており、とても食べ応えがあります。

スポット情報

絶品。激辛。痺れ。

辛いながらもその旨味に魅了されてしまう人も多い麻婆豆腐。そんな絶品の麻婆豆腐を食べれるお店は今回紹介した以外にもたくさんあります。ぜひ食べ歩いて、自分好みの絶品麻婆豆腐を見つけてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトで事前確認されることをおすすめします)

この記事が含まれる特集はこちら!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する