次の旅テーマは“グルメ旅”!初夏の京都で食べたいグルメ&スイーツ10選

国内の旅行先としてかなりの人気を誇る京都。京都で神社仏閣めぐりをするのも良いですが、時にはグルメにフォーカスして京都のまちを歩いてみるのも楽しいんですよ。今回は初夏の京都旅行にぴったりなグルメを、お食事系グルメとスイーツ系グルメに分けてご紹介します。きっとあなたの食べたいグルメが見つかること間違いなし!(掲載されている情報は2019年4月現在のものです。必ず事前にご確認下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【お食事系グルメ】

1. カフェレストラン やよい / 東山区

まず初めにご紹介するのは「カフェレストラン やよい」です。ここは、八坂神社からすぐの場所にあるお店で、京都の伝統的な建築が特徴的です。店内は日本らしい和の雰囲気とモダンな雰囲気が融合された造りになっており、とても落ち着きますよ。
ここの一番のおすすめメニューは「お茶漬け膳」。注文を受けてから土鍋で炊くふっくらとしたごはんに、お店名物のちりめん山椒をかけ、その後にお茶漬けでいただいてみてください。朝10時から営業しているので、ちょっと遅い朝ごはんにもいいですね。

詳細情報

カフェレストランやよい

京都府京都市東山区祇園下河原清井481やよい本店内

3.15 05

2. 日の出うどん / 左京区

続いてご紹介するのは、「日の出うどん」です。初夏といってもちょっと肌寒い日が続くこともありますよね。ここでは、ちょっぴり寒い日にも嬉しいあたたかいカレーうどんがいただけることで有名なお店です。
わかめやあげきざみなどがトッピングされたカレーうどんから、通常のカレーうどんまで数種類のカレーうどんから選ぶことができます。とろみのあるコク深い味わいが特徴的で、スープとうどんの愛称は抜群ですよ。

詳細情報

日の出うどん

京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町36

3.45 832

3. 天ぷら かふう / 左京区

続いてご紹介するのは、「天ぷら かふう」です。京都の初夏といえば、鱧(はも)の季節。6月から7月の鱧がもっとも旬だと言われています。ここでは鱧の天ぷらや、その他の鱧料理をいただくことができる本格的なレストランなんです。
ディナータイムには、鱧をふんだんに使用した鱧コースをいただくことができます。鱧コースがお目当ての方はあらかじめの予約がおすすめですよ。なお、ランチでは1日10食限定で鱧を使用した天丼や鱧のそうめんをリーズナブルな価格でいただくことができます。なお、未就学児の入場はできないのでお気をつけてくださいね。

詳細情報

天ぷら かふう

京都市左京区吉田神社鳥居前(京都大学正門前)

3.01 03

4. 魯ビン / 中京区

続いてご紹介するのは「魯ビン(ろびん)」です。京都の夏の風物詩といえば納涼床ですよね。こちらのお店では初夏の5月から京都の夏の風物詩の納涼床を楽しむことができますよ。真夏になるとディナータイムしか納涼床は解放されませんが、5月の週末はランチタイムにも開放されますよ。
5月の週末のランチは会席弁当などをいただくことができ、ディナーでは旬の野菜をふんだんに使用したコース料理などをいただくことができますよ。ぜひここで、心地の良い初夏の風を納涼床と一緒に楽しんでくださいね。

詳細情報

tabelogで見る

先斗町魯ビン

京都府京都市中京区先斗町通り若松町137-4

3.25 481
ランチはリーズナブルですよ♬ 京都先斗町 和食 魯ビン

ランチはリーズナブルですよ♬ 京都先斗町 和食 魯ビン 毎度やまでらです 9月のお話ですが、京都先斗町にある 日本料理のお店【魯ビン】さんに行ってきました♬ youtubeにも動画をアップしていますので宜しければご覧下さいね♬ こちらのお店は人気店なようで、9月土日限定の昼の床が楽しめるとの事で 電話予約して伺いました。 お昼のコースは何種類かあるので、その中より 鱧おとし付京会席弁当を楽しむコース3000円(税・サ別)にいたしました! 先斗町の2番路地の奥にあるお店で、綺麗な坪庭を横目に床へと案内されました 飲み物は、角ハイボール680円からスタート 前菜の梅そうめん 焼き茄子 とろろかけが来ました♬ 上品なお出汁のかかった梅そうめんで、添えられた焼きなすもしっかりとした 出汁の味がして、凄く美味しい逸品です。 冷鉢は鱧のおとし 梅肉醤油です~ 梅肉醤油につけて頂きます。 ハモ自体にも薄っすらと出汁が感じられるのですが定かでは無いです。 この梅肉醤油が凄くハモの美味しさを引き立てて、凄く美味しいです。 こうなると日本酒が合うのでしょう~ 錦蔵舞 特別純米大吟醸(京都丹後) 1合1600円を飲みましたよ 端麗で味わいは後からゆっくり来るタイプの日本酒ですね! ハモの落しとの相性も抜群ですよ~ そやけど、やまでらは日本酒飲むと直ぐに良い感じになりますよ~ ◆会席弁当がきましたよ~ <焼八寸> 旬魚の玉素焼き はじかみ 出汁巻 生麩田楽 鶏の柚庵煮 さつまいもレモン煮 川海老唐揚げ 穴子とわかめ きゅうり酢の物 秋刀魚の唐揚げ <煮物> 大根 厚揚げ うずら玉子 こんにゃくおでん仕立て  <季節の御飯> 豆ごはん お吸い物 香の物 しかし、彩が良くて、どれを食べても上品なお味で 出汁が効いた料理が多くて最高ですね! しかも、鴨川を眺めながら心地よい風を感じて大満足しました。 ◆甘味 自家製抹茶プリン 八ッ橋ロール添え 濃厚な抹茶プリンで、お口の中に抹茶の香りと苦みが広がって美味しいです。 これだけ食べて、このお値段が安いと感じました。 今回は3人で訪問しましたが、お会計は19320円でした。 納涼床も9月で終了なので、また来年お邪魔したいと思います。 ごちそうさまでした。

5. 佰食屋 / 右京区

続いてご紹介するのは「佰食屋(ひゃくしょくや)」です。季節を問わずみんなに愛されるのがお肉。こちらのお店は国産牛を使用したステーキ丼をいただけるお店として知られています。
お店の名前通り、ランチタイムに「ひゃくしょく」限定でメニューを提供しており、なくなり次第営業終了なんです。そんな限定メニューですが、国産牛のみを使用したステーキ丼やステーキ定食、ハンバーグ定食が大人気なんですよ。

詳細情報

【スイーツ系グルメ】

6. SHIN-SETSU / 中京区

ここからはスイーツグルメをご紹介します。まず初めにご紹介するのは「SHIN-SETSU(シンセツ)」です。ここはなんと20種類以上ものクリームソーダを取扱っているレトロな雰囲気のお店として有名なんですよ。
クリームソーダのビジュアルは大きくわけて10色ほど楽しむことができるので、一緒に訪れた方と違う色を頼めばそのカラフルさに気分が上がること間違いなしです!他にこちらのお店ではパンけーキなどのスイーツもいただくことができますよ。

詳細情報

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する