• はてぶ
  • あとで
次の旅テーマは“グルメ旅”!初夏の京都で食べたいグルメ&スイーツ10選

国内の旅行先としてかなりの人気を誇る京都。京都で神社仏閣めぐりをするのも良いですが、時にはグルメにフォーカスして京都のまちを歩いてみるのも楽しいんですよ。今回は初夏の京都旅行にぴったりなグルメを、お食事系グルメとスイーツ系グルメに分けてご紹介します。きっとあなたの食べたいグルメが見つかること間違いなし!(掲載されている情報は2019年4月現在のものです。必ず事前にご確認下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【お食事系グルメ】

1. カフェレストラン やよい / 東山区

まず初めにご紹介するのは「カフェレストラン やよい」です。ここは、八坂神社からすぐの場所にあるお店で、京都の伝統的な建築が特徴的です。店内は日本らしい和の雰囲気とモダンな雰囲気が融合された造りになっており、とても落ち着きますよ。
ここの一番のおすすめメニューは「お茶漬け膳」。注文を受けてから土鍋で炊くふっくらとしたごはんに、お店名物のちりめん山椒をかけ、その後にお茶漬けでいただいてみてください。朝10時から営業しているので、ちょっと遅い朝ごはんにもいいですね。

詳細情報

京都府京都市東山区祇園下河原清井481やよい本店内

3.13 05

2. 日の出うどん / 左京区

続いてご紹介するのは、「日の出うどん」です。初夏といってもちょっと肌寒い日が続くこともありますよね。ここでは、ちょっぴり寒い日にも嬉しいあたたかいカレーうどんがいただけることで有名なお店です。
わかめやあげきざみなどがトッピングされたカレーうどんから、通常のカレーうどんまで数種類のカレーうどんから選ぶことができます。とろみのあるコク深い味わいが特徴的で、スープとうどんの愛称は抜群ですよ。

詳細情報

3. 天ぷら かふう / 左京区

続いてご紹介するのは、「天ぷら かふう」です。京都の初夏といえば、鱧(はも)の季節。6月から7月の鱧がもっとも旬だと言われています。ここでは鱧の天ぷらや、その他の鱧料理をいただくことができる本格的なレストランなんです。
ディナータイムには、鱧をふんだんに使用した鱧コースをいただくことができます。鱧コースがお目当ての方はあらかじめの予約がおすすめですよ。なお、ランチでは1日10食限定で鱧を使用した天丼や鱧のそうめんをリーズナブルな価格でいただくことができます。なお、未就学児の入場はできないのでお気をつけてくださいね。

詳細情報

京都市左京区吉田神社鳥居前(京都大学正門前)

3.02 05

4. 魯ビン / 中京区

続いてご紹介するのは「魯ビン(ろびん)」です。京都の夏の風物詩といえば納涼床ですよね。こちらのお店では初夏の5月から京都の夏の風物詩の納涼床を楽しむことができますよ。真夏になるとディナータイムしか納涼床は解放されませんが、5月の週末はランチタイムにも開放されますよ。
5月の週末のランチは会席弁当などをいただくことができ、ディナーでは旬の野菜をふんだんに使用したコース料理などをいただくことができますよ。ぜひここで、心地の良い初夏の風を納涼床と一緒に楽しんでくださいね。

詳細情報

5. 佰食屋 / 右京区

続いてご紹介するのは「佰食屋(ひゃくしょくや)」です。季節を問わずみんなに愛されるのがお肉。こちらのお店は国産牛を使用したステーキ丼をいただけるお店として知られています。
お店の名前通り、ランチタイムに「ひゃくしょく」限定でメニューを提供しており、なくなり次第営業終了なんです。そんな限定メニューですが、国産牛のみを使用したステーキ丼やステーキ定食、ハンバーグ定食が大人気なんですよ。

詳細情報

【スイーツ系グルメ】

6. SHIN-SETSU / 中京区

ここからはスイーツグルメをご紹介します。まず初めにご紹介するのは「SHIN-SETSU(シンセツ)」です。ここはなんと20種類以上ものクリームソーダを取扱っているレトロな雰囲気のお店として有名なんですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する