• はてぶ
  • あとで
リピーターにはディープな旅を。シンガポールのおすすめスポット7選

東南アジアの中でも人気な旅行先である「シンガポール」。そんなシンガポールの観光地といえばマーライオンなどを思いつきますよね。しかし、2回目以降に訪れたときにはどこを訪れればよいのでしょうか。そこで今回はシンガポールのリピーターに向けて、2回目以降に訪れた方でも訪れたいスポットをご紹介していきます。もちろんはじめてのシンガポールの方にもおすすめなスポットなので参考になさってみてください。(※掲載されている情報は2019年4月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①カトン地区

シンガポールの中心部より東に位置する「カトン」という地域は、カラフルな建物が立ち並ぶおすすめスポットなんです。これらはプラナカン建築群といってカトン地区の特徴的な文化なんだそう。女子旅にもってこいのスポットですね。
こういった色鮮やかで可愛らしいタイルなどもプラナカン文化の特徴。町を歩けばこのようなタイルに出会うことができます。また、グルメも有名なカトン地区。様々なジャンルの料理を味わえるスポットとなっています。

詳細情報

3.11 11198

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②ナショナル・ギャラリー・シンガポール

シンガポールで有名な美術館といえばここ「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」です。東南アジアの一流のアーティストなどの作品が展示されており、世界最大級の美術館なんだとか。2015年にオープンした比較的新しいスポットなので、以前行ったときになかった方は訪れてみるのもいいですね。
こちらの建物はシティ・ホールや旧最高裁判所として使われていたものであるので、歴史や伝統を感じられる場所でもあるんです。美術作品を見ることはもちろん、そういった建物に目を向けてみるのも良いかもしれませんね。

詳細情報

③East Coast Park(イーストコーストパーク)

シンガポールに数多くある公園のうち、海沿いの広大な敷地を締めている「East Coast Park(イーストコーストパーク)」は散歩やバーベキューなどローカル風な休日を過ごすのにはぴったりなスポットなんです。海を望める絶好のロケーションに位置しています。
散歩だけでなく、サイクリングやローラーブレードなどをレンタルすれば海沿いの気持ちの良い風を感じながら過ごすことも。様々なアクティビティを楽しんだあとには隣接しているフードコートでランチを頂くこともできるので、優雅なお昼を過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

E Coast Park Service Rd, シンガポール

3.02 014

④IMM

旅行の目的としてショッピングが中心の方も多いのではないでしょうか。シンガポールにはオーチャードやマリーナベイサンズなどがショッピングのスポットとして有名ですが、こちらの「IMM」はシンガポールで最大のアウトレットモールなんです。
日本でも有名なスポーツブランドであるアディダスを始めとしたスポーツ系のブランドから、ハイブランドなどに至るまで幅広いブランドを取り揃えており、男性でも周っていて飽きないのではないでしょうか。日本との価格の差を考えながらお得にショッピングしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

2 Jurong East Street 21, シンガポール 609601

写真を投稿する
3.04 00

⑤シンガポールリバークルーズ

基本的には陸路での移動が主要ですが、時にはクルーズで街を周ってみるのも違った雰囲気が感じられて良いですよね。予約不要で様々な乗り場から乗ることができるので、思い立ったらすぐに乗ることができるんです。ボートも小型でレトロなものなので、シンガポールの先進的なイメージとのギャップが感じられますね。
有名なホテルであるマリーナベイサンズやマーライオンなど主要な観光スポットを水上から見ることができる貴重な機会になりそうですね。昼間はもちろん、夜景も美しいシンガポールなので、昼と夜で2回乗ってみるとまた違った景色が見られますね。

詳細情報

⑥ArtScience Museum(アートサイエンスミュージアム)

マリーナベイサンズと同じ敷地内にある「ArtScience Museum(アートサイエンスミュージアム)」は、芸術と科学がテーマとなったアートを体感できる施設なんです。外観も写真中央のようなとてもユニークなものなんです。
日本で人気のチームラボのような幻想的な雰囲気の展示を見ることができ、非日常の体験をすることができます。期間限定の映像作品などその時にしか見ることができない展示を見に行くことも楽しみのひとつなのではないでしょうか。

詳細情報

BayfrontAve,シンガポール018974

- 018

⑦セントーサ島

ユニバーサル・スタジオなどのテーマパークやウォーターパークなどが集まっているセントーサ島。なかなか1回の旅行では周りきれないほどの施設があり、観光の中心とも言える場所ですね。ビーチも3つあるため、海が好きな方にとってもおすすめな島ですね。
こちらでは普段できないようなアクティビティをすることがおすすめ。ジップラインやバンジージャンプなど、日本でもなかなか経験できないアクティビティが集まっているのでこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

いかがでしたか

シンガポールは国土が小さいながらも多くの観光スポットがあるため、1回の滞在では周りきれない方も多いですよね。リピーターの方は前回と目的や地域を変えて観光してみると、新たな発見があって楽しめるのではないでしょうか。(※掲載されている情報は2019年4月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する