• はてぶ
  • あとで
博多の最新名所!お洒落な「THE LIVELY」の7つの魅力を宿泊経験者が語る

2019年7月、博多に今最も注目すべきライフスタイルホテル「THE LIVELY HAKATA FUKUOKA(ザ・ライブリー・ハカタ・フクオカ)」がオープンしました。ここは、館内の至るところがとってもおしゃれで、泊まる人を魅了するスポットなんです。今回は、そんなTHE LIVELYに実際に泊まった筆者が、THE LIVELYの魅力7つを徹底的にお伝えします!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ライフスタイルホテルって何?

最近日本でもよく聞くようになった「ライフスタイルホテル」。あなたは、この言葉の意味をご存知ですか?ライフスタイルホテルは、実は2007年にロンドンに誕生したことで、世界中に少しずつ広がっているスタイルなんです。
ライフスタイルホテルの定義は正確に定まっているわけではありませんが、一般的には、ラグジュアリーなホテルと一線を画すホテルで、宿泊施設以上の付加価値を提供するホテルのことを指すことが多いです。ホテルのみならず、宿泊客以外も利用できるコワーキングスペースやバー、アミューズメント施設などが併設されている、マルチ機能をもったホテルがその典型的な代表といえるでしょう。

博多の「THE LIVELY」の魅力とは?

THE LIVELYは、福岡市地下鉄の中洲川端(ナカスカワバタ)駅から徒歩1分の場所に位置しています。シンプルな色合いの外観にオレンジ色のライトで照らされた「THE LIVELY」の文字が特徴的な入り口に足を踏み入れ、さっそくその7つの魅力をみていきましょう!

1. エントランスロビーの空間が芸術的

ホテルの顔ともいえるロビーですが、ここTHE LIVELYのロビーはとっても芸術的なんです。ロビーを見上げると、オレンジ色のライトがまるでオブジェのように立体的にちりばめられており、ホテル内に一歩足を踏み入れただけでテンションが上がりますよ。
このライトのオブジェは吹き抜け部分の天井に設置されており、2階からの眺めも抜群。いつまででも眺めていられる美しさなので、「チェックインまであともう少しだけ時間があるんだけど…」なんて時も、退屈せずに待つことができますよ。

2. バーがムーディーすぎる

THE LIVELYのロビーにはバーも併設されています。ここのバーは、バーテンダーのワーキングスペースを囲むバーカウンターの造りになっており、よりライブ感を楽しめるムーディーなもの。目の前に設置されている多数のデジタルサイネージは常に映像が移り変わっており、その色が変わるごとに何度でも頼んだカクテルと一緒に写真を撮りたくなっちゃいますよ。
筆者の一押しカクテルは「ライチの花」。ライチの爽やかな甘さとグレープフルーツの豊かな酸味のバランスが最高なんです。他にも福岡県の名物八女茶を使用した「八女茶割」やタイのグリーンカレーをイメージした「グリーンカレーモヒート」など、ここでしか飲めないカクテルがいっぱいです!バーは宿泊客以外でも利用可能です。

3. 至る所にコワーキングスペースが

ライフスタイルホテルの一要素として、コワーキングスペースが併設されていることが多いとご紹介しましたが、ここTHE LIVELYにもコワーキングスペースが多く用意されています。ロビーに入ってすぐの場所には、テーブルにデジタルパネルが埋め込まれたハイテーブルがあるんです。
さらに、ロビーの上の2階にはローテーブルや、ボックス席のコワーキングスペースがいくつも設置されています。なんと、奥にはブランコ状になった席も。出張中の方には特に嬉しいスペースですよね!

4. 客室内はシンプルで洗練された雰囲気

ホテルで一番大切ともいわれる空間、客室。ホテルによって様々なスタイルの客室が用意されていますが、THE LIVELYの客室はとてもシンプルで洗練された雰囲気です。老若男女を問わず使いやすいデザインなので、友達同士でも、ファミリーでも、カップルでも、1人でも宿泊しやすいですよ。
お部屋のアメニティとして、シャンプーやリンス、タオルや歯ブラシなどの洗面用具はもちろん、パジャマまで用意されています。他にもケトルや冷蔵庫もあるので、買った食品を室内で食べる際にも困りませんね。

5. ビリヤードまで楽しめちゃう

THE LIVELYの2階のコワーキングスペースの奥にはビリヤード台も用意されているんです。ビリヤードに興味はあるけれど今までやったことはなかった、なんていうあなたも、宿泊先でなら挑戦できちゃいそうですね!
ここのビリヤード台は1つのみ。ビリヤード台の周りには夕方から夜になると性別年齢を問わず、人が集まってきます。まさに「大人の社交の場」といえるビリヤード、ぜひあなたもここTHE LIVELYでチャレンジしてみては?

6. レストランは雰囲気まで最高

どんなホテルにもほぼ必ず併設されているレストランは、もちろんTHE LIVELYにもあります。ホテル内にある「THE LIVELY KITCHEN(ザ・ライブリー・キッチン)」はモーニングやランチ、ディナーはもちろん、カフェタイムまでどの時間帯でも利用もしやすい、7時から23時までオープンしています。
モーニングタイムは、九州や福岡の名産物を使用した料理のビュッフェスタイル。ランチやディナーはオーダー制になり、特にディナータイムには宿泊客以外のレストラン利用のお客さんも増えるんです。シンプルで洗練されたレストランの空間は、デートにもピッタリなんですよ。

7. 何よりホテルのコンセプトが素敵

ここTHE LIVELYは、ホテルを「泊まりに来る場」ではなく、ホテルを「世界中から人と情報と機会が集まる場」として再定義しているそう。まさにそのコンセプトの通り、エントランスロビーには多種多様な国籍を持った人々や言語を話す人々が集まっており、そこから人の交流が生まれていたように思えます。
たとえ出張の際にここを利用していたとしても、今さっきまでは知らなかったけどたまたま知り合った相手と言葉を交わし、「今日も1日おつかれさま」と言い合えたらきっととっても良い思い出になりますよ。モノを消費することよりも、コトを消費することが注目されている今だからこそ誕生する素敵なコンセプトのホテルですよね。

今すぐ「THE LIVELY」に行かなくっちゃ!

いかがでしたか?今回は、2019年7月に博多に新オープンしたライフスタイルホテル「THE LIVELY」の魅力について、実際に宿泊した筆者がご紹介しました。これを読めば、きっとあなたもここへ行きたくなるはず。ぜひ、THE LIVELYで素敵なエクスペリエンスを楽しんでくださいね!

詳細情報

福岡県福岡市博多区中洲5-2-18

3.26 472

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する