• はてぶ
  • あとで
【終了】恋が叶うと噂のハート型を見つけたい!「三室戸寺」のあじさい園開園

京都の中でもあじさい寺として名高く毎年多くの人が訪れる「三室戸寺(みむろとじ)」のあじさい園が、今年も2019年6月1日(土)~7月7日(日)の期間で開園され、約50種、約10,000株の紫陽花を堪能することができます。是非、雨が似合う花「あじさい」を見に出かけてみませんか?(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

三室戸寺「あじさい園」開園

開園期間 : 2019年6月1日(土)から7月7日(日)まで

京都の中でもあじさい寺として名高く毎年多くの人が訪れる「三室戸寺(みむろとじ)」のあじさい園が、今年も2019年6月1日(土)~7月7日(日)の期間で開園され、約50種、約10,000株の紫陽花を堪能することができます。特に6月中旬から下旬が一番の見ごろだと予想されています。
またここで注目したいもは、ハートのあじさいです。とってもカワイイですよね。見つけると、恋愛成就の効果があるとも言われているんです!
また、6月8日(土)~6月23日(日)の間の土・日曜日のみの限定でライトアップも行われます。ライトアップされた紫陽花は昼間にみる紫陽花とまた違い幻想的な光景でオススメです。是非、昼の姿と夜の姿の両方を眺めてみてはいかがでしょうか。

花の寺「三室戸寺」

あじさいのほかにも、つつじ・しゃくなげ・紅葉などが楽しめることから「花の寺」と呼ばれる「三室戸寺」、どの季節に訪れても四季折々の自然を感じることができますが、中でもあじさいの見ごろの季節は多くの人が訪れるんです。雨が似合う花「あじさい」を見に是非、三室戸寺に足を運んでみてくださいね。

詳細情報

あじさい園
期間:2019年6月1日(土)~7月7日(日)
時間:8時30分~16時30分 (16時30分までには下山)
拝観料:大人800円 小人400円

あじさい園ライトアップ
期間:2019年6月8日~6月23日の間の土・日曜日のみ
時間:19時~21時(20時30分受付終了)
拝観料:大人800円 小人400円

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する