• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
3年に1度開かれるアートの祭典。「瀬戸内国際芸術祭2019」に行ってみよう!

アートの島として人気の直島など、瀬戸内海の島々でおこなわれる国際芸術祭を知っていますか?3年に1度しか開催されないこの祭典が、今年2019年に開かれます。春・夏・秋の3回にわけて開催されるこの貴重な芸術祭にぜひ参加してみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

瀬戸内国際芸術祭とは

瀬戸内国際芸術祭は、瀬戸内海の島々で3年に1度開催される芸術祭のことです。そもそもこの祭典を始めたきっかけが、瀬戸内海の活気をより戻そうとして始めたものなんです。島巡りをしながら、さまざまなプロジェクトに出会うことができる素敵なイベントとなっています。
実はこの祭典は1年で3回に分けて行われます。2019年の瀬戸内国際芸術祭は、春の部が4月26日ー5月26日、夏の部が7月19日—8月25日、秋の部が9月28日—11月4日が日にちとなっています。それぞれ1か月ほどおこなわれるので、ぜひ機会のある時に行ってみてください。

開催地

この瀬戸内国際芸術祭が開催される会場は、香川県、岡山県の瀬戸内海に位置する12の島々が中心となります。このイベントの醍醐味はまさにこの島巡りをすることなんです。特に直島などは、アートの島として近年大人気のスポットですよね。島中にある独特な作品の数々は見ものです!
直島の次に人気な島といえば、豊島。こちらにも芸術を楽しむことができる施設などが揃っていて、基本この2つの島を観光する人が多いのでは。今回の芸術祭では、これらに加え普段あまり行くことがない島の新スポットに行くチャンスにもなるのです。

詳細情報

  • 香川県直島町(その他)
  • 087-892-2299

見どころ

まずすべての作品を見ることができる、「作品鑑賞パスポート」を購入しておくことをおすすめします。また「共通乗船券」を買えばフェリーが3日間乗り放題です。オフィシャルツアーに参加することもでき、祭典の期間は島巡りがとても便利になるのでおすすめなんです。
12の島すべてにそれぞれの作品が置いてあったり、日によってダンスイベントなどがおこなわれます。なので芸術祭は事前にスケジュールや地図を確認しておくことが大事!すべてを回るのは大変なので、どの作品を見たいか、どのイベントに参加したいかを調べておきましょう。
この芸術祭で出会うアートは、普段美術館で見るような絵画などではありません。ユニークな彫刻であったり、体験型のものであったり、島の自然と共存している作品たちばかりなんです。豊島にある「心臓音のアーカイブ」という施設では、暗闇の中で心臓の音を聞くという面白い体験ができます。

豊島鮮魚

アートももちろん見どころですが、忘れてはいけないのがグルメ!芸術祭の開催中は、瀬戸内海でとれた絶品グルメに出会うチャンスでもありますよ。例えば、豊島にある「豊島鮮魚」は地元の食材を使っている食堂。ここでは新鮮な海鮮などがいただけます。祭典中は限定メニューもあるのでチェックしてみては!

さあ、行ってみよう

いかがでしたか?今年は令和元年でもあり、記念すべき1年です。ぜひ新元号の年に開催される素敵なイベントに参加してみてください。直島などに行こうと思っている人も、せっかくなら芸術祭が開催されている時期に訪れてみてもいいかも!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する