• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】世界の美しさに息をのむ。兵庫県・姫路で”チームラボの展覧会”開催中

2019年4月20日(土)から、兵庫県の姫路市立美術館にて開催されている「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」。2019年6月16日(日)までの開催なので、また訪れてない方はぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

兵庫で「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」開催中

開催期間:2019年4月20日(土)~6月16日(日)

2019年4月20日(土)から、兵庫県の姫路市立美術館にて開催されている「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」。2019年6月16日(日)までの開催なので、また訪れてない方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
観る者を作品に没入させ、参加、融合させ、作品と作品、自己と他者の境界が曖昧になる体験、そしてその場自体がチームラボの表現に。今回のイベントでは、アーティスト自らが厳選したプロジェクション作品に加え、チームラボの美術表現の原理を体現するモニター作品を組み合わせることによって、「今、ここ」でしか体験できない場を創出しているそう。

展示作品

世界は暗闇から始まるが、それでもやさしくうつくしい / Born From the Darkness a Loving, and Beautiful World

人々が文字に近づくと、その文字がもつ世界が表れ、世界を創っていく。そして、世界の中で互いに影響し合う。投影された世界の裏側には、360度広がる空間があり、文字から生まれたものたちは、空間上のそれぞれの位置や、それぞれが持つ知能や関係性、物理的な影響などによって、互いに影響を受け合いながら、空間上でリアルタイムに計算され、複雑かつ自然な世界をつくっていきます。

Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる / Black Waves: Lost, Immersed and Reborn

1つの連続した波によるインスタレーション(波は展示空間内で一筆書きのように全て連続して繋がっている)。人々は、他者と共に作品の一部となり、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変え、そして私たちと世界との、境界のない新しい関係を模索するそう。

永遠の今の中で連続する生と死 II / Continuous Life and Death at the Now of Eternity II

現実の時間の流れの中で、花々は生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて、死んでいく。花は誕生と死滅を永遠に繰り返し続けていく。 作品の置かれた場所の日の出とともに作品世界も明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。そして、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていきます。

世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う / United, Fragmented, Repeated and Impermanent World

繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目ごとに抽象化された世界とが、鑑賞者の存在により入り混じるインタラクティブ作品。升目をピクセルとして見立て、空間が動いていきながらも、画面内で固定化された升目で抽象化していていくという新しい視覚効果を作り、鑑賞者の存在によって、繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目によって抽象化されて描かれた世界とが入り混じります。

非日常の世界に浸る。

いかがでしたか?写真だけでもその美しさが伝わってきますよね。この空間を味わえるのもあと少し。ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

■チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい
会期: 2019年4月20日(土)~6月16日(日)
時間: 10:00~17:00(最終入場 16:30)
休館日: 月曜日
会場: 姫路市立美術館 企画展示室
入場料:
一般 1,400(1,200)円
大高生 1,000(800)円
中小生 600(400)円
未就学児 無料
※( )内は前売料金
※20名以上の団体は、前売券と同料金
  • 兵庫県姫路市本町68-25
  • 079-222-2288

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する