• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
四国民の最高の休日はこれだ。四国を巡る大人の日帰りスポット10選

美しい自然が広がる四国。関東のように日帰りで行けるような場所は多くない...と考えている方もいるのではないでしょうか?ですが四国には日帰りで行けて、心身ともにリフレッシュできるようなスポットがたくさんあります。今回は「四国民におすすめしたい四国の日帰りスポット10選」をご紹介します!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①大塚国際美術館 / 徳島県

まず初めにご紹介するのは、徳島県の「大塚国際美術館」です。徳島駅からは路線バスで約70分、「大塚国際美術館前」で下車後すぐのところにあります。こちらの美術館では、西洋の名画が1000店以上展示されていて、世界の美術館を体験することができます。また、陶板化技術という特殊な技術を使用した陶板名画という形で展示されていて、絵画の大きさや色彩の忠実さから、オリジナル作品さながらの迫力を味わうことができます。

大塚国際美術館 Café de Giverny

また、美術館にはレストランやカフェが併設されています。「Cafe Vincent」では、ゴッホをモチーフとしていて、ランチやデザートをゴッホの世界観の中で楽しむことができます。地下2階にある「Cafe de Giverny」では、モネの自宅の庭を再現したという「モネの池」を眺めながら食事を楽しむことができます。メニューも、カレーや丼ものなどがあり、気軽に立ち寄ることができます。

詳細情報

  • 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1 大塚国際美術館
  • 0886873737

②北川村「モネの庭」マルモッタン / 高知県

続いてご紹介するのは、高知県の「北川村 モネの庭 マルモッタン」です。こちらは有名画家であるモネが愛したフランスの「ジヴェルニーの庭」をイメージしてつくられたと言います。四季折々に移り変わる美しい自然を眺めていると、モネの描いていた景色が目に浮かんできそうです。
園内は「花の庭」、「水の庭」、「光の庭」に分かれていて、モネが見ていたとされる景色が再現されています。モネが愛し、代表作にも描かれたスイレンも見ることができます。併設されているカフェでは、地元の食材を使用したお料理を、自然が見渡せるロケーションで食べることができます。手作りのパン工房もあり、まるで外国にいるかのようなひとときを過ごすことが出来そうです。

詳細情報

  • 高知県安芸郡北川村野友甲1100
  • 0887-32-1233

③四万十川 / 高知県

続いてご紹介するのは、高知県の「四万十川」です。四万十川は四国最長の大河で、今でも伝統的な漁が行われる「最後の清流」といわれています。四万十川にはたくさんの楽しみ方があります。その中の1つが「四万十川観光遊覧船」です。遊覧船に乗って四万十川の自然を堪能し、静かな時間を過ごすことができます。遊覧船には、定時運航するものや貸し切りのものなどがあるので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。
遊覧船の他にも、カヌー体験やラフティング、シュノーケリングなどの川遊びを体験することもできます。全身で自然を体感してみて下さい。また、四万十市内の施設である「四万十いやしの里」では、自然食材を使用したお食事や、温泉などを堪能することができます。日頃の疲れを癒す、リフレッシュ日帰り旅にぴったりです。

詳細情報

  • 高知県高岡郡津野町船戸
  • 0880-35-4171
  • 高知県四万十市下田3363
  • 0880-33-1600

④安居渓谷 / 高知県

続いてご紹介するのは、高知県の「安居渓谷(やすいけいこく)」です。森と渓谷とのコントラストが美しいこの場所は、紅葉スポットとしても人気です。「飛龍の滝」は、美しい景色が約10kmに渡り楽しむことが出来る安居渓谷の中でも迫力があり、人気の観光スポットとなっています。
この場所が人気の理由が、美しい仁淀川です。こちらの川は水質が綺麗で、透明な青に輝くため、その青は「仁淀ブルー」と呼ばれています。先ほどご紹介した、迫力満点の「飛龍の滝」でも仁淀ブルーを堪能することは出来ますが、流れがゆっくりな「水晶淵」は透明度が高く、季節や時間帯によって違う色合いを楽しむことができます。澄んだ青い景色を見ていると、自分の心まで浄化されるような気分になりませんか?

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する