• はてぶ
  • あとで
あえて、定番は外して。オトナの“極上沖縄トリップ”で行きたい8つのスポット

大人気観光地、沖縄。一度は行ったことがある、という方も少なくないのでは?今回は、そんな2回目以降の沖縄旅行におすすめな、あえて定番を外したオトナの極上沖縄トリップでおすすめなスポットをご紹介いたします。それでは、ご覧あれ。(※掲載されている情報は2019年5月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】胃袋

1つ目に紹介するのは、南城市にある「胃袋」。ここは周りを森に囲まれた森の中の隠れ家のようなレストラン。1日3組まで、完全予約制というまさにオトナなスポットです。
沖縄の食材をまさに即興で調理するかのような、胃袋。コースのみで、至極の時間を過ごすことができます。ここ胃袋は二ヶ月前から予約ができるようになります。すぐ予約で埋まってしまうことも少なくないので、お早めに。

詳細情報

【2】瀬底島

次に紹介するのは、本部町にある「瀬底島(せそこじま)」。車でいける離島、として知られている美しい島なんです。とにかく透明度の高い海をみてのんびりしたい…なんてときはおすすめ。
photo by ashita_ga_birthday
手付かずの自然が楽しめる瀬底島。どこか懐かしい雰囲気があり、うっとりするような時間を過ごせること間違いなし。ただ海を眺めてぼんやりする…そんなひとときを楽しんでみてくださいね。

詳細情報

【3】コーヒースタンド小嶺

次に紹介するのは、那覇市にある「コーヒースタンド小嶺」。牧志公設市場にある老舗のお店なんです。暑い暑い沖縄で、気軽においしく水分補給するならここがおすすめ。
コーヒースタンド、とありますが人気のメニューは「冷やしレモン」。レモンとはいえレモンではなくシークワーサーのジュースなんです。これがとっても爽やかで絶品。店主の小嶺さんもとっても優しい方で、癒されます。

詳細情報

沖縄県那覇市松尾2-10-1牧志公設市場1階

写真を投稿する
3.10 02

【4】東南植物楽園

次に紹介するのは、沖縄市にある「東南植物楽園」。沖縄ならではの、亜熱帯の楽園が広がっています。沖縄といえば海、という固定観念はもう卒業しませんか?緑や花々に癒されることができます。
水上楽園や植物園は、比較的落ち着いており、まさにオトナの沖縄旅行にはぴったり。また中にはかわいい動物たちと触れ合えるスポットもありますよ。

詳細情報

【5】チャコオキナワ

次に紹介するのは、那覇市にある「ステーキハウス チャコオキナワ」。沖縄にはおいしい肉グルメを楽しめるスポットがたくさんあります。ここチャコオキナワは、特に現地の人に大人気のスポット。
老舗の雰囲気ただようお店の中で楽しむステーキは格別!お肉を口に含むと、肉肉しさがじゅわっと溢れてきます。ランチでもディナーでも。人気のお店のため予約は必須。

詳細情報

【6】フクギテラス

次に紹介するのは、本部町にある「フクギテラス」。せっかくのオトナ沖縄旅なら、泊まるところにだってこだわりたいですよね。ここフクギテラスは、緑豊かな落ち着いた雰囲気のコテージなんです。
まるで自分の別荘に安らぎに来たかのような雰囲気。カップルでもファミリーでも、納得のステイを楽しむことができます。まるで暮らすように過ごす沖縄滞在にしてみては?

詳細情報

rakutenで見る

沖縄県国頭郡本部町備瀬458

3.07 016

【7】千日

次に紹介するのは、那覇市にある「千日(せんにち)」。ここは、沖縄ぜんざいを楽しめるスポットなんです。昔ながらの雰囲気漂う千日は、懐かしさを感じずにはいられません。
「アイスぜんざい」や「いちご氷」など、暑い沖縄にはぴったりなメニューばかり。どれもシンプルながらしっかり美味しく、くせになること間違いなし。レトロな雰囲気のなかで沖縄ぜんざいを楽しんでみてくださいね。

詳細情報

【8】miyagiya bluespot

最後に紹介するのは、那覇市にあるライフスタイルショップ「miyagiya bluespot(ミヤギヤ ブルースポット)」。ここは、沖縄の美しい器である「やちむん」や衣服などをゲットすることができます。
沖縄ならではの優しい手触りや見た目は、思わずファンになってしまう人も多いんです。自宅用にはもちろん、お土産としてもぴったり。一生モノに出会える、そんなスポットです。

詳細情報

沖縄県那覇市松尾2-12−22

写真を投稿する
3.01 02

オトナの沖縄を発見しよう

いかがでしたか?今回は、あえて定番ではない、オトナの沖縄の魅力に気がつくことができる、そんなスポットをご紹介しました。2回目以降の沖縄旅行の際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。(※掲載されている情報は2019年5月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ashita-ga-birthday明日、誕生日です!

このまとめ記事に関して報告する