• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
安くて美味しい!関西に来たら絶対に食べたい穴場の「ひつまぶし店」7選

うなぎ料理と言えば、蒲焼やうな重が思いつくはずですが、名古屋発祥のうなぎ料理「ひつまぶし」も人気です。しかし、ひつまぶしは高くてめったに食べられないと思っている人も多いのではないでしょうか。たしかに都内や、本場名古屋で食べると5000円近くしてしまうこともありますよね。しかし実は、ひつまぶしを食べるには関西がとっても穴場なんです!そこで今回は「安くて美味しい!関西の穴場ひつまぶし店7選」を紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

ひつまぶしって?

ひつまぶしってどんな料理かご存知ですか。名古屋発祥のうなぎ料理で、うなぎの蒲焼を細かくまぶしたものです。お茶碗に取り分けて食べるものですが、一杯目はそのまま、二杯目はネギやワサビなどの薬味と一緒に、三杯目は出汁を加えてお茶漬けとして食べる、というように三段階の食べ方があり、一つの料理を三度美味しく食べることができるのが魅力です。一般的には名古屋や江戸の高級料理のイメージがありますが、今回は「安くて美味しい関西のひつまぶし7選」を紹介します。

① 炭焼きうなぎの魚伊 / 大阪

まず最初に紹介するのは、大阪に本店含み二店舗持っている、「炭焼きうなぎの魚伊」です。瓦屋根に木造の壁、店内も和風建築で統一されていて雰囲気ばっちりのこちらのお店では、名店伝統の味が超お手頃価格で気軽に食べることができます!うなぎの食感は外がパリッとしているまさに関西風!関西ならではのひつまぶしを味わうのにぴったりです。
さらにこちらのお店では、ひつまぶし以外の料理も充実しています!うな重はもちろん、白焼きやうまきなどの一品料理、コース料理もあります。気軽なお食事から宴会まで、さまざまなシーンで活用できるのも魅力ですね。阪神百貨店や高島屋などのデパ地下のお総菜コーナーには、お持ち帰り専門店も出店しており、より気軽に楽しめるようになっているのでお土産にもいかがでしょうか。

詳細情報

  • 大阪府大阪市旭区高殿4-8-10
  • 0669533707

② うなぎ徳 / 京都・博多

次に紹介するのは創業明治42年の名店、「うなぎ徳」です。こちらは関西では珍しく、背開き、蒸しを入れる江戸風うなぎが食べられるお店です。こちらのひつまぶしは名店ながら比較的安く食べることができます。全国的に展開しているお店であり、関西でも京都・博多の二か所で展開されています。
お店の魅力はこだわりのタレです。創業当時から受け継ぐ秘伝のタレを使用しており、うなぎ徳のひつまぶしにぴったりマッチします。厳選された活うなぎは、職人が一枚一枚丁寧に焼き上げています。創業から変わらない伝統の味を一度食べてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 京都府京都市下京区四条通河原町西入ル真町52京都タカシマヤ7階
  • 0752218811
  • 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1JR博多シティ9階
  • 0924096619

③ ひつまぶし名古屋備長 / 大阪

次に紹介するのは、「ひつまぶし名古屋備長」です。名古屋に本店を構えていながら、大阪や東京銀座にも出店している人気店です。JR大阪駅から徒歩1分のところにあるこちらは、アクセスしやすく気軽に立ち寄ることができます。
お店の魅力は何といっても、「ひつまぶし専門店」であること。ひつまぶしだけでもなんと4種類のメニューがあり、存分に味わうことができます。うなぎは脂ののったものを厳選して使用しており、焼く際の炭、タレなど細部にまでこだわった本格派です。

詳細情報

  • 大阪府大阪市北区大深町4大深町4-20グランフロント大阪南館7階
  • 0663715759

➃ う玄武 / 大阪

次に紹介するのは、大阪・堺のうなぎ専門店「う玄武」。こちらではちょっと変わったひつまぶしを食べることができます。それは「おひつむし」と呼ばれ、一般によく聞くひつまぶしとは少し変わっています。お櫃ごと蒸しているのが特徴的であり、通常のひつまぶしよりもモチっとした食感を楽しむことができます。
う玄武は関西風地焼きで、うなぎの余分な脂は焼き落とされており、外はカリッと香ばしく、旨味が凝縮されています。ここでしか味わえないこちらのおひつむし、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する