• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
中国・深センのライトショー3会場・見どころ解説

「中国のシリコンバレー」として注目を集める、中国第3の都市「深セン」。LCCが就航する香港から高速鉄道で最速14分、高層ビルと中国大陸らしい雰囲気が同時に楽しめると話題沸騰の都市です。そんな深センが人気急上昇中の理由は、超大規模な「ライトショー」。高層ビルいっぱいに描かれる花火グラデーションや花火は迫力満点です!(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

深センのライトショーが話題沸騰中

※地王大厦(ディワンダーシャ)から見た福田区高層ビル街と平安金融中心

※地王大厦(ディワンダーシャ)から見た福田区高層ビル街と平安金融中心

中国でもとりわけ大きな発展を遂げる都市「深セン」に行くなら、ライトショーは絶対に見逃せません。「灯光秀(ライトショー)」や「灯光表演(ライトパフォーマンス)」として深セン市民に楽しまれているこのライトショーは、数年前に始まったばかりですが、今や深セン観光の目玉となっています。

※福田区ライトショー

近くの香港で開催されている「シンフォニー・オブ・ライツ」と比較されることも多い、深センのライトショー。深センのド派手なライトショーにしかない魅力といえば、音楽とのコンビで、高層ビルの全面を使った繊細なイルミネーションとに、360度取り囲まれること。では、深センのライトショーを3会場に分けてご紹介します。

1. 福田区ライトショー / 市民中心

まず最初にご紹介するのは、福田(フーティエン)区のライトショー。高さ592mの「平安金融中心」をはじめとする、深セン、ひいては中国の発展の原動力となっている40以上の高層ビルがシンクロして、1つのライトショーを作り上げる姿は壮観です。毎週金・土・祝に1日3回(19:30・20:30・21:30)、約17分間実施されます(記事執筆時点及び通常時の情報です)。

※市民中心 南側広場

そんな福田区のライトショーの見物には、「深セン市民中心」がオススメ。ライトショー開始時刻が近づくと、市民中心の建物の南側の大階段と広場には、多くの人が集まります。スピーカーがあるので、360度高層ビルに囲まれた中で音楽に合わせたイルミネーションが楽しめるのがポイント。

※蓮花山公園 山頂広場

また、「蓮花山公園」のすぐ南に位置する地鉄少年宮駅から公園に入り、約15分かけて丘を登ったところにある山頂広場もオススメ。音楽は楽しめませんが、イルミネーションの全体像が一望できるのがポイント。ライトショーを楽しんだ後は、市街地のショッピングモールでディナーも楽しむのも良いですね!

詳細情報

  • Futian CBD, 福田区 深セン 中国 518026

2. 南山区ライトショー / 深セン人才公園(後海/后海)

続いてご紹介するのは、南山(ナンシャン)区のライトショー。深センの中でも高感度なエリアとして話題の南山区のベイエリアは、高層ビルの建設ラッシュ。「春のたけのこ」とのニックネームがあるスタイリッシュな392.5mの高層ビル「中国華潤大廈(チャイナリソースタワー)」や、新たなショッピングモール建設でも話題となっているエリアです。
そんな南山区の後海/后海(ホウハイ)エリアで行われるライトショーも、福田区のものと同様、高層ビルの壁面のライトアップのシンクロが特徴です。特にこちらのショーは、きらびやかで上品なライトがとにかく絶景。公園の池に反射する美しい光には、息を飲むこと間違いなし。
毎晩20時から約10分間行われる(記事執筆時点及び通常時の情報です)、こちらのライトショーを鑑賞するなら、「深セン人才公園」がオススメ。特に、公園の最も海側、入り江の入り口に架かる、沙河西路の后海大橋からは、池に反射する光を楽しめます。公園へは、高速地下鉄である地鉄11号線で福田駅から約12分の「後海/后海駅」から徒歩約20分です。沙河西路を走る路線バスも、アクセスに便利ですよ。

詳細情報

  • Keyuan S Rd, Nanshan Qu, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng, 中華人民共和国 518052

3. 宝安区ライトショー / 海濱広場(宝安中心)

※こちらはイメージです。

※こちらはイメージです。

深センのライトショーの中でも、2018年12月に開始されたのが、宝安(パオアン)区のライトショー。高層ビルだけがメインの他のライトショーと異なり、会場の地上から発せられるサーチライトと、高層ビルの壁面のLEDのハイブリッド型ライトショーです。
※こちらはイメージです。

※こちらはイメージです。

宝安区のライトショーも、毎日開催されています。毎週金・土・祝日は19時・20時・21時の3回、それ以外の日には19時・20時の2回開催されます(記事執筆時点及び通常時の情報です)。約8分間のショーは、深センの他のライトショーと比べて規模が小さく時間も短いですが、その分飽きが来ない工夫がいっぱいです。
※こちらはイメージです。

※こちらはイメージです。

そんな宝安区のライトショーは、宝安中心エリアにある海濱広場(ハイビングァンチャン)で行われます。会場へは、地鉄5号線の「宝華(パオフア)駅」や、市内中心部へのアクセスに便利な地鉄1号線と5号線の「宝安中心(パオアンヂョンシン)駅」のすぐ近くです。特に宝安中心駅には大きなショッピングモールがあり、買い物も楽しめますよ。

詳細情報

  • 宝安区宝兴路与海秀路交叉口西北侧

いかがでしたか?

中国・深センで見られる、ド派手な3つのライトショーをご紹介しました。無料で見られるこれらのショーのおかげで、深センが大人気観光地になったという評判にも、思わず納得ですね。深センのライトショーは頻繁に変更があるので、訪問前の確認をおすすめします。
深センの夜といえば、地鉄1号線「華僑城(フアチャオチョン)駅」が最寄りの「中国民俗文化村」で、17時ごろから行われるミュージカルと、19時半ごろから行われるド派手な雑技ショーも定番。入園料を払うだけで好きなショーを見られるおトクさから、香港観光中にわざわざ深センのこのショーだけを訪れる人もいるほど。ぜひ、深センで過ごすド派手な夜を楽しんでください!(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する