• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
センチメンタルな美しさ。北海道の廃線跡「旧手宮線跡地」が気になる

多くの人の心をくすぐる廃墟は、栄枯盛衰の美しさとセンチメンタルを感じさせてくれます。今回は北海道にある廃線跡「旧手宮線跡地」をご紹介します。小樽観光の際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。(※掲載されている情報は2019年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

心くすぐる廃墟跡

猿島/神奈川県

多くのファンもいる廃墟の多くは、冒険心を掻き立てるだけでなく、かつての趣を映してセンチメンタルな気持ちにもさせてくれます。神奈川県の無人島「猿島」は、かつての砲台跡を残す要塞の島として知られており、兵舎や長いトンネルが、私たちをタイムスリップさせてくれます。

大久野島/広島県

また広島県の“ウサギ島”として知られる「大久野島」には、その可愛らしい愛称とは裏腹に、戦時中に毒ガスを製造していた工場跡が残存しています。島中を飛び跳ねるキュートなうさぎと、静かに立ち込める不気味な雰囲気とのバランスが、多くの観光客を集めています。

詳細情報

  • 神奈川県横須賀市猿島
  • 046-825-7144
  • 広島県竹原市忠海町大久野島
  • 0846-26-0321

北海道・小樽にも残存する廃線が

北の廃線跡「旧手宮線跡地」

北海道小樽市の「旧手宮(てみや)線跡地」は、小樽駅から徒歩約7分の場所にあります。ここには、かつて物資輸送の手段として重宝された手宮線の廃線跡がいまだ残存しており、実際に線路の上を歩くことができます。

かつての駅や踏切の影も

実際に線路の上を歩くことができる廃線跡は、国内でも比較的珍しくテンションも上がります。105年の間走り続けた手宮線の跡地には、踏切や遮断器に駅の面影も。かつての利用者の姿が思い返されますね。

感傷的な線路の向こう

約1.6kmの整備された廃線跡には草花が生い茂り、いまなお人々に愛されています。線路の先を見つめていると、どこまでも物資を運んでいくようでいて、すでに役割を終えた手宮線が心をくすぐります。

付近にも気になるスポットが

フリーランス

廃線沿いのすぐそばにある「フリーランス」は、古風な石造りの建物と薪ストーブが趣を放っているJAZZ喫茶です。店内ではおいしいコーヒーを飲みながら、流れるジャズミュージックに耳を傾けて、一息付けますよ。

佐々木縫製所

船の帆に用いられている帆布を利用した製品が並ぶ「佐々木縫製所」は、小樽の伝統を伝えています。丈夫でありながらも様々にデザインされた小物の数々は、お土産にもぴったりですよ。

小樽運河

小樽観光のシンボルといえば、石造りの倉庫が立ち並ぶ「小樽運河」ですね。旧手宮線跡地から、歩いて10分もしないほどの近さにあるこのスポットでは、重厚な倉庫や散策路に並ぶガス灯から、レトロな情緒が感じられます。
明治時代に商都として栄えた小樽には、いまだ当時の面影を残しています。特に冬季の雪景色なんかを目にすると、栄枯盛衰の美しさが感じられて、センチメンタルな気持ちになります。札幌からも比較的近い小樽へ、みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。

詳細情報

  • 北海道小樽市色内2-9−5
  • 北海道小樽市色内2-10−15
asoviewで見る
  • 北海道小樽市色内2-8-7
  • 0134324111(観光復興室)

廃線跡をたどろう!

いかがでしたか。北海道の小樽を訪れた際には、ぜひ旧手宮線跡地へ足を延ばしてみてくださいね。日常から忘れられた廃線がきっと待っていますよ。(※掲載されている情報は2019年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

  • 北海道小樽市色内1-13-1

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する