梅雨でも絶対に楽しめる。「おこもりステイ」に最適な国内旅行先&ホテル12選

雨が降ると、ちょっぴり気分が下がりますよね。また、せっかく旅行やおでかけを予定していたのに…なんてことも。そんな方のために、雨が降っても楽しめる「おこもりステイ」に最適な国内旅行先&ホテル12選をまとめました。雨だからと我慢しないで、素敵なホテルの中で1日中まったり過ごしちゃいましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1. 瀬戸内リトリート 青凪 / 愛媛県・松山

まず最初にご紹介するのは、愛媛・松山。道後温泉など、歴史のあるスポットである松山は、観光にグルメにと注目されています。そんな松山でおこもりステイを楽しむなら「瀬戸内リトリート 青凪(あおなぎ)」が絶対におすすめ!
ここは、世界的建築家である安藤忠雄氏の設計・建築の、アートなホテルなんです。どこを切り取っても非現実的で、フォトジェニックな空間が広がっています。温泉ジャグジー、サウナ、スパと施設が揃っているので、おこもりステイにはまさにうってつけ!

詳細情報

rakutenで見る

愛媛県松山市柳谷町794-1

4.11 2187

2. THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海 / 静岡県・熱海

続いてご紹介するのは、静岡・熱海。週末旅の目的地としても人気の熱海ですが、昭和レトロな風情があり、雨の日は情緒が増します。素敵な美術館やグルメなども揃っている熱海は、いつでも旅行先にぴったりです。そんなおこもりステイでおすすめのお宿がこちら「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海」。
フレンチレストランを営むひらまつのオーベルジュ。極上のおこもりステイはもちろん、ホテルにいながらとびきりの美食を楽しむことができます。また、全ての客室に温泉がついています。ホテルのなかで美味しい食事と温泉をじっくり楽しめますよ。

詳細情報

3. ホテル鐘山苑 / 山梨県・富士吉田

続いてご紹介するのは、山梨・富士吉田。富士山の麓のこの街は、美しい自然を楽しむことができます。おすすめのお宿は、「ホテル鐘山苑」。富士山の麓にある温泉宿です。広大な敷地の中に、美しい日本庭園や富士山が一望できる温泉施設が付いています。
広大な日本庭園の中にはお茶室があり、宿泊者は無料で抹茶と和菓子をいただくことができます。雨の日の庭園の雰囲気は、また乙なもの。庭園を満喫、そして豪華なお食事を楽しんだ後は、ゆっくりお風呂に入って…これなら一日中館内にいても飽きないこと間違いなし!

詳細情報

3.67 10101
富士吉田市の人気温泉旅館‼︎『ホテル鐘山苑』

山梨県富士吉田市のホテル鐘山苑に両親と弟家族、妹家族で2泊3日の宿泊をしました。 弟夫婦が両親のために計画を立ててくれました。 露天風呂付の特別室に泊まりました。 ホテルには天然温泉があり、1階の大浴場と10階屋上の露天風呂があります。 温泉名は富士五湖 鐘山温泉で、泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉です。 屋上の露天風呂からは富士山を一望することができるそうですが、訪れた時は残念ながら雲に隠れていました。 温泉に入り身体がポカポカと温まりました。 茶室での抹茶のサービスや庭園での甘酒のサービスなどもあります。 朝食はビュッフェスタイルで和食から洋食まで様々な食事が用意されていました。 デザートには信玄餅風わらび餅もあり、子供たちにも人気でした。 夕食の後にはエントランスホールで和太鼓の演奏があり、ビンゴ大会が毎晩開かれています。 1日目の夕食は、前菜、土瓶蒸し、お造り、焼き物、肉料理、小鍋、食事、デザートなどの豪華なコースであり、2日目の夕食は前菜、南瓜の冷製スープ、お造り、肉料理、魚料理、食事、デザートなどで大変満足なものでした。 前菜は彩りが良く、黒胡麻豆腐、海老寿司、南瓜カステラ、牛乳豆腐やサーモンの麹漬け、穴子寿司など珍味が並べられていました。 肉料理は1日目は国産牛ローストと甲州地鶏ロースト、2日目は国産牛朴葉焼きでした。 牛肉はとても柔らかく旨味とともに味わいがあり、甲州地鶏は皮が香ばしく焼かれていてしっとりとして柔らかでした。 食事のご飯は1日目が秋鮭と金平牛蒡の炊き込みご飯、2日目は帆立の炊き込みご飯でした。 秋鮭に脂がのっていて旨味がたっぷりでした。 デザートは1日目が洋梨プリンと洋梨コンポートであり、2日目はクレープでした。 1日目は巨峰とシャインマスカット、2日目はシャインマスカットとメロンのフルーツが添えられていました。 接客も気配りが効いて素晴らしく、家族の団欒とともに美味しい食事と温泉を満喫しました。 * 【ホテル鐘山苑】 山梨県富士吉田市上吉田東9-1-18 * ◉富士五湖 鐘山温泉 ○泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 ○効能 高血圧症、動脈硬化症、外傷、火傷、慢性関節リウマチ、 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、アトピー性皮膚炎、病後回復、疲労回復、健康増進 等

4. ザ・リッツカールトン京都 / 京都府・京都

続いて4番目にご紹介するのは、京都。やはり京都はいつ訪れても素敵な旅行ができます。京都が誇る神社仏閣は、雨に濡れてもなおその美しさで人々を魅了。そんな京都でおすすめなのが「ザ・リッツカールトン京都」です。
ここは、京都を代表する超高級ホテル。観光したい場所がたくさんある京都ですが、おこもりステイを目的に京都に来る、というのもなんだか贅沢ですよね。鴨川のほとりに佇むホテルで、京都の街によく溶け込んでいます。和との融合が際立つ、モダンでおしゃれな雰囲気が人気の理由の一つです。

詳細情報

rakutenで見る

京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔

3.55 8178
館内が美術館のよう サイクリングアクティビティもオススメ

こちらのリッツカールトン京都には、源氏物語をテーマにしたアートが多いと聞き、館内アートツアーに参加しました。 流暢な日本語のドイツ人スタッフの方が案内して下さいました。一つ一つの作品の説明を詳しく聞くと、普段何気に素通りしてしまう作品の価値を知ることができ、興味が湧いてきて、じっくりその良さを味わうことができるので、是非参加をオススメします。フラッシュをたくと色が変わる琵琶の作品も不思議でした。 お部屋は京都の風情を満喫させてくれる、鴨川ビュー。広めでゆったり過ごせます。アスプレイのアメニティも大好き💕 甥が京都に転勤になったので、この旅行中に甥を誘ってリッツでアフタヌーンティーをしました。時期的に柑橘系のスイーツが多く、さっぱりと最後まで頂けました。 翌朝は、伏見稲荷大社へのサイクリングアクティビティに参加。パリジェンヌの美人スタッフさんが案内してくれました。早朝の鴨川沿いを電動自転車でひた走るサイクリングが最高に気持ちよく、まだ人が少ない伏見稲荷の有名な鳥居でも、スタッフさんが写真を撮って下さるので、いい思い出になります。途中、東福寺の橋も立ち寄ってもらえますよ。 朝食でサーブされるピエールエルメのクロワッサンは、過去イチ美味しくて、虜になりました。もう他のクロワッサンは食べれないかも!くらいに美味しい。卵料理でチョイスした、ピエールエルメのフレンチトーストも絶品です!和食も、朝から豪華な食材が出て、普段悩まず洋食派の私も、和食にすればよかった、と悩むほどでした(笑) ここもまた泊まりたいホテルの一つになりました。

5. arcana izu / 静岡県・伊豆

続いてご紹介するのは、静岡・伊豆。東京からも比較的アクセスしやすく、気軽にリゾート気分を味わうことができます。海はもちろん、美しい自然を楽しめる伊豆はリフレッシュしたいときにはぴったり!おすすめのホテルは中伊豆にある「arcana izu(アルカナ イズ)」です。
開放的な窓から森の景色を楽しむことができる、自然と一体化した暖かい雰囲気の宿です。また、オーベルジュということで料理にもこだわられています。森の緑に包まれながら読書をしたり美味しいご飯を食べたり…そんな贅沢な時間が過ごせそうですね。

詳細情報

6. 登別温泉郷 滝乃家 / 北海道・登別

続いてご紹介するのは、北海道・登別。忙しない世間から隔絶されたかのような空間で質の高い温泉を楽しめると人気の登別。北海道ならではの美味しい海鮮も楽しみたいところです。そんな登別でおすすめなのが「登別温泉郷 滝乃家」。
とにかく雰囲気のいいお宿。全部で30室という規模感もちょうどいいですよね。老舗の旅館ですが、リニューアルされており上品でモダンな雰囲気がとってもおしゃれです。北海道の自然のなかで、非日常に癒されることができます。

詳細情報

rakutenで見る

北海道登別市登別温泉町162

3.62 572

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • さあ、そろそろ梅雨の季節がやってきます。雨に濡れて雰囲気がガラリと変わる街並み…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する