女子必見のスイーツを巡る旅!ヨーロッパの定番スイーツ発祥地&カフェ7選

みんな大好きなマカロンやティラミス...。ヨーロッパ生まれの可愛くて美味しいスイーツは、現在日本でも多くの人に愛されています。あなたの大好きなスイーツがどこで生まれてどのよな歴史を辿ってきたのかのか知りたくはありませんか?今回は、そんな本場ヨーロッパのスイーツの発祥地やそれらを味わえる伝統的なお店を7つご紹介します。ヨーロッパを訪れた際の「ティータイムに行きたいカフェ」の参考にしてみてくださいね!スイーツ好きの方は必見です!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

① マカロン / フランス・パリ

言わずと知れた“スイーツの宝庫” フランス・パリ。パリのお菓子といえば、「マカロン」を思い浮かべる方も多いのでは?実はマカロンの原型となったお菓子はイタリアで生まれました。それがフランスに伝わり、今の形になったそう。見た目もカラフルで可愛くて、思わずたくさん食べたくなっちゃいますよね。

ラデュレ シャンゼリゼ店

そんな可愛い“マカロン”の本場の味を知りたくはありませんか?現在の、2つのマカロンの間にガナッシュを挟むことを最初に考えたのは、パリの老舗「ラデュレ」。“マカロン・パリジャン”として全世界で大人気です。シャンゼリゼ通り沿いにあるので、パリに行ったらぜひ足を運んでみたいですね。

② クレームブリュレ / フランス・パリ

カリッとした砂糖を割ると、中から濃厚クリーミーなカスタード...。食感と甘さがたまらない人気スイーツ「クレームブリュレ」も、同じくフランスが発祥です。古くからフランスの宮廷で愛され、現在も多くの人に愛されています。クレームブリュレファンの方も多いのでは?

カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

そんな「クレームブリュレ」が食べられる人気店が、パリにある「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」です。人気映画の舞台として、日々多くの観光客が訪れています。パリのモンマルトル地区に位置しているこちらのカフェで、パリジェンヌになった気分に浸りましょう!

③ ティラミス / イタリア

90年代に日本でブームになった「ティラミス」は、現在イタリアンの定番スイーツとして全世代に大人気です。そんなティラミスの発祥は、皆さんご存知の「イタリア」。発祥は北イタリアとされていますが、エスプレッソとマスカルポーネチーズという斬新な組み合わせは、イタリアならではですよね。

Ristorante Le Beccherie (リストランテ・レ・ベッケリエ)

そんな「ティラミス」の具体的な発祥地は諸説ありますが、有力なのがトレヴィーゾ。ここにある老舗レストラン「リストランテ・レ・べッケリエ」では、伝統のティラミスが堪能できます。ティラミス好きの方はぜひ、イタリア旅行の際に少し足を伸ばしてみてくださいね。

Ristorante Le Beccherie

Piazza Ancilotto, 9, 31100 Treviso TV, Italy

写真を投稿する
3.00 00

④ ビスコッティ / イタリア・プラート

“ビスコッティ”ってご存知ですか?イタリアのフィレンツェの北西部に位置する街で生まれた、イタリアの伝統菓子です。二度焼きした固めの食感が特徴のビスケットで、古くからイタリア人に愛されている一品。ビスケットの中には香ばしいナッツなどが入っていて風味もよく、ぜひ一度食べて欲しいスイーツです。

アントニオ・マッティ

そんなビスコッティを本場プラートで食べるなら「アントニオ・マッティ」がおすすめ。現在の形のビスコッティを作ったパティシエ「アントニオ・マッティ」の老舗ブランドで、全世界でビスコッティの祖として愛されています。プラートはフィレンツェから電車で約20分とアクセスもしやすいので、お菓子を食べにぜひ訪れたいですね。

Palazzo Datini - Biscottificio Mattei

Prato, Province of Prato, Italy

写真を投稿する
3.06 00

⑤ スコーン / ロンドン

「クリームティー」ってご存知ですか?「スコーンと紅茶の組み合わせ」を意味していて、イギリスでは庶民から王室にまで愛される“アフタヌーンティー”の嗜みです。日本のパン屋さんなどでもよく見かける「スコーン」は、フルーツなどが混ざった固めのパンにクリームやジャムなどを添えて食べる絶品スイーツ。朝ごはんに食べている!という方も多いのでは?

フォートナム&メイソン(Fortnum&Mason)

そんな“クリームティー”を楽しむなら、ロンドンにある「フォートナム&メイソン」がおすすめです。おしゃれで高級感のあるこちらのお店は、王室御用達の老舗。現地の人が「紅茶といえばフォートナム&メイソン」というほど美味しい紅茶がいただける名店です。リッチなアフタヌーンティーをここで体験しませんか?

フォートナム & メイソン Fortnum & Mason

181 Piccadilly, St. James's, United Kingdom

3.19 9136

⑥ バウムクーヘン / ドイツ・ザルツヴェーデル

続いては、コンビニスイーツになるほど日本人に親しまれるお菓子「バウムクーヘン」。その発祥は、ドイツ・ベルリンの北西部に位置する街「ザルツヴェーデル」です。ドイツ語で「木のケーキ」を意味するバウムクーヘンは、樹木の年輪のように円状に層が重なった絶品スイーツ。古くから東ヨーロッパで愛されています。

Erste salzwedeler Baumkuchenfabrik(エルステ・ザルツウェーデル・バウムクーヘン工場)

そんなバムクーヘンの製法は、かなり特殊なのをご存知でしたか?ここ「ザルツヴェーデル」にはエルステ・ザルツヴェデール・バウムクーヘン工場があり、作り方を見学したり味わったりすることができるんです。専用の機械で直火で焼いた絶品手作りバウムクーヘンを、ぜひ一度堪能したいですね。ザルツヴェーデルは、ベルリンから電車で約2時間弱で行くことができます。

Erste Salzwedeler Baumkuchenfabrik

Sankt-Georg-Straße 87, 29410 Salzwedel, Germany

写真を投稿する
3.00 00

⑦ ザッハトルテ / オーストリア・ウィーン

最後にご紹介するのは、オーストリア発祥のチョコレートケーキの王様「ザッハトルテ」です。チョコレート味のバターケーキにあんずのジャムを塗り、さらにチョコレートでコーティングしたもので、フルーツの酸味とチョコの組み合わせがたまらない!そんな一品です。

ホテル・ザッハー

ザッハトルテは、オーストリア・ウィーンの老舗ホテル「ホテル・ザッハー」で生まれました。ここはかつてはあの有名な作曲家「アントニオ・ヴィヴァルディ」が住んでいた跡地に建てられた、歴史あるホテルなんです。その一角にある「カフェ・ザッハー」で、元祖「ザッハトルテ」をぜひ味わってみてください。ウィーンの歴史を感じながらのティータイム、素敵ですね。

絶品スイーツはぜひ“本場”で味わおう!

今回は本場で食べたい定番スイーツとおすすめのお店を7つご紹介しました。いつも食べているものもいいけど、せっかくなら本場の伝統を味わいたいとは思いませんか?ヨーロッパを訪れた際には、絶品スイーツとともに“ティータイム”を楽しむのを忘れないで!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する