• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ソウルより近いヨーロッパ!2時間で行けるウラジオストク観光15選を解説

日本最短2時間。ソウルより近いのに、通称は「ロシアのサンフランシスコ」。でも雰囲気は完全にヨーロピアンで、いま話題になっているのがロシアの「ウラジオストク」。成田からは毎日、さらに関空や新千歳からも直行便が就航し、ビザ要件も緩和されたことで、ウラジオストクはいま話題急上昇中の観光地。そんな穴場観光地の魅力を、この記事で地区別にお伝えします。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

このまとめ記事の目次

いま話題の「ウラジオストク」って?

成田・関空・新千歳から直行便で約2時間10分~30分で行けるとして話題沸騰中なのが、ロシアの「ウラジオストク」。新路線の就航やビザ要件の緩和により、穴場観光地だった「ウラジオストク」がいまとってもホットなんです。そんなウラジオストクの街のいちばんの魅力は、ヨーロッパ風の街並み。また、カフェやレストランのレベルも高く、美術館やバレエといった芸術の街でもあります。
鷲の巣展望台

鷲の巣展望台

さらに、坂道と湾の調和が美しく、「世界で最も美しい海辺の街」に指定されたこともあります。そんな様々な側面を持つウラジオストクの観光スポットを、地区別にご紹介します。RETRIPアプリでは、各観光スポットの位置を一目で確認できる地図機能もあるので、ぜひ確認してみてくださいね!

1. 新たな旅が始まる、極東ウラジオの交通拠点!

ウラジオストク駅

ウラジオストク空港からバスまたは電車を利用すると、まず到着するのが「ウラジオストク駅」。アエロエクスプレス(空港鉄道)用の駅舎と、長距離列車・近郊列車用の駅舎の2つに分かれていますが、後者の駅舎は必訪の見どころ!内装もいかにもヨーロッパ風です。駅の玄関で手荷物検査がありますが、乗車券が無くても駅舎内やホームに入ることが出来ます。
ホームに立っているのは、「9288」と書かれたモニュメント。そう、ウラジオストク駅はあの有名なシベリア鉄道の起点駅で、モスクワから東に9288kmの場所に位置しています。この駅からは2日に1回運行される「ロシア号」モスクワ行(19時ごろ発)と毎日運行の「オケアン号」ハバロフスク行(21時ごろ発)などが発着。モスクワへの7日間の長旅の出発を見学したり、隣の「ウゴルナヤ駅」まで乗車したりするのも良いですよ。

詳細情報

  • Ulitsa Aleutskaya, 2, Vladivostok, Primorskiy kray, Russian Federation
  • +7 800 775-00-00

2. ウラジオの観光客が集まるメインストリート!

スヴェトランスカヤ通り / 中心市街地

ウラジオストク駅の前を南北に走る「アレウーツカヤ通り」を北へ10分ほど進むと、「スヴェトランスカヤ通り」と交差します。ウラジオストクを東西に結ぶ大動脈となっていて、街の観光スポットの多くが、この通りの周辺に集中しています。古くからの伝統がある、ヨーロッパらしさあふれる建築スタイルが特徴。多くの博物館だけでなく、通りに面したカフェやレストランのレベルの高さも魅力。
ウラジオストクの朝は比較的遅く、朝にはあまり交通がなくひっそりとしていますが、それもまた魅力。昼や夕方には、地元の人々だけでなく国際色あふれる観光客も多く行き交います。西はスポーツ湾・旧市街から、東に離れた住宅街までを結ぶ通りなので、ウラジオストクで一番重要な通りです。

詳細情報

3. ビーチへ下る坂道の雰囲気が最高!

噴水通り(アドミラーラ・フォーキナ通り) / 中心市街地

スヴェトランスカヤ通りのすぐ北を通っている、同じくウラジオストクで人通りが多い通りといえば「噴水通り」。正式には「アドミラーラ・フォーキナ通り」という名前がついています。とても短い通りですが、センスの良いお店が多く立ち並んでおり、少し高級でゆったりとした雰囲気が流れているので、地元の若者に大人気。
噴水通りの一番のハイライトは、市街地から市街地西側のスポーツ湾のビーチへと下っていく坂道。いくつも並ぶ噴水の周りには、おしゃべりを楽しむ地元の人の姿が。また、ヨーロッパらしい路上パフォーマンスもしばしば行われているのも、ウラジオストクが「開放的な街」だと言われる所以かもしれません。

詳細情報

  • Ulitsa Admirala Fokina, 2-10, Vladivostok, Primorskiy kray,

4. いざ探検!ロシア沿海州の暮らしを学ぼう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する