• はてぶ
  • あとで
暑い季節に食べたくなる。”都内”で”冷麺”が食べられるお店7選

暑い夏が近づいてきましたね。こんな時にはさっぱりとしたものが食べたくなりませんか?中でもおすすめなのが、韓国グルメの定番「冷麺」です。冷たいスープに、細くコシのある麺が入った冷麺は、夏にはピッタリです。都内には、冷麺を味わうことのできるお店がたくさんあります。今回は「都内で冷麺を食べることができるお店7選」をご紹介します!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①冷麺ダイニングつるしこ / 渋谷

まず初めにご紹介するのは、渋谷駅から徒歩10分ほどのところにある「冷麺ダイニング つるしこ」です。こちらの冷麺には、化学調味料を一切使用していないため、体に優しい味わいを堪能することができます。麺やスープには日本有数の名水を使用しています。小さなお店ですが、メディアに取り上げられることもある人気店です。
岩手県・盛岡のご当地グルメである「盛岡冷麺」のほか、「ベジタブルトマトバジル冷麺」や「ベジタブルカレー冷麺」などのヴィーガンメニューも充実しています。冷麺専門店ですが、冬季限定で「温めん」の提供もあるので、暑い夏だけでなく1年中楽しむことができます。

詳細情報

東京都渋谷区東1-27-6 Y.Mbil 1階

3.35 38

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②コサム冷麺専門店 / 新大久保

続いてご紹介するのは、新大久保駅から徒歩6分ほどのところにある「コサム冷麺専門店」です。こちらは「炭火焼肉が付く冷麺専門店」で、単品で頼むこともできる冷麺を、炭火焼肉とセットで頼むのが人気です。冷麺と焼肉を一緒に味わう、という食べ方は、韓国では一般的なんだそう。
細い麺ですが強いコシがあり、食べ応えがあります。麺は長いままだと食べづらいということで、運ばれてきてから目の前で店員さんがカットしてくれます。冷麺の種類は「ビビン冷麺」と「水冷麺」の2種類があります。ぜひ本場韓国の食べ方を真似してみてくださいね。

詳細情報

東京都新宿区百人町1-1-26第三サタケビル1階

3.59 736

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③焼肉 冷麺 ユッチャン。 / 六本木

続いてご紹介するのは、六本木駅から徒歩5分ほどのところにある「焼肉 冷麺 ユッチャン。」です。2019年の1月にオープンしたこちらのお店は、ハワイ本店で人気のメニューが食べられると人気です。焼肉屋さんでもあるので、こだわりのお肉も堪能することができます。
「黒冷麺」の名で知られる「葛冷麺」が看板メニューです。シャーベット状に凍らされ、シャリシャリとした食感を残すスープに、韓国の葛を使用した麺が入っています。ピリッとした味が楽しめる「葛ビビン麺」もおすすめです。ハワイで人気の味、ぜひ試してみてくださいね!

詳細情報

東京都港区六本木7-17-24 eisu. bldg

3.51 231

④ぴょんぴょん舎 GINZA UNA / 銀座

続いてご紹介するのは、銀座駅から徒歩1分ほどのところにある「ぴょんぴょん舎 GINZA UNA」です。こちらのお店では、焼肉や盛岡冷麺、韓国料理を味わうことができます。盛岡冷麺のの街、岩手県のお肉や野菜を堪能することができます。銀座で冷麺を食べられるお店は多くはないですよね。
こちらのお店でおすすめなのがランチです。ランチセットでは、冷麺にチヂミがセットになっている「盛岡冷麺 ミニチヂミセット」や、焼肉やサラダ、ミニナムルにデザートまでセットになっている「焼肉盛岡冷麺スペシャルランチ」などがあります。冷麺と一緒に韓国料理屋焼肉など、色々なものを少しずつ楽しみたい、という方におすすめです。

詳細情報

⑤チョンギワ新館 / 赤坂

続いてご紹介するのは、赤坂駅から徒歩2分ほどのところにある「チョンギワ新館」です。こちらのお店では、韓国の手作り冷麺を食べることができます。冷麺は「ビビン冷麺」と「冷麺」の2種類があります。韓国人のお客さんが訪れることも多いという、本格的な味わいです。
「ビビン冷麺」は本格的な辛さですが、スープがセットになっているので、割ることもできます。「冷麺」は、お酢やマスタードなどを加え、味を変えながら楽しむことができます。その他「骨付きカルビ」などの焼肉や、「ビビンバ」などの韓国料理も味わうことができます。

詳細情報

東京都港区赤坂3-12-7 西山興業ソシアルビル1階

3.11 114

⑥板橋(パンギョ)冷麺 / 大久保

続いてご紹介するのは、大久保駅から徒歩3分ほどのところにある「板橋(パンギョ)冷麺」です。板橋冷麺は、韓国で40年以上前からある人気の冷麺専門店です。自家製の冷麺は注文を受けてから作るそうで、出来立ての味を楽しむことができます。
冷麺の種類は「刺身冷麺」、スープなしの「ビビン冷麺」、「スープビビン冷麺」の3種類。こちらでは「ハーフ&ハーフ」を注文することができるんです!2つの味を楽しめるなんて、贅沢ですよね。その他、餃子やプルコギとセットのメニューもあります。冷麺はプラス料金で大盛にしたり、テイクアウトすることもできます。

詳細情報

東京都新宿区百人町1-21-41階

3.27 624

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦平壌冷麺 食道園 / 蒲田

最後にご紹介するのは、蒲田駅から徒歩4分ほどのところにある「平壌冷麺 食道園」です。こちらのお店は、盛岡冷麺を広めるのに携わった方が開いたお店なんだそう。名物の冷麺の他、「スンドゥブチゲ」や「ユッケジャン」などの韓国料理を味わうことができます。定食屋さんのような雰囲気で、一人でも入りやすいお店です。
こちらの冷麺は、麺やスープだけでなく、中に入っているカクテキにもこだわっています。麺・スープ・カクテキの「三位一体」の味わいをぜひ堪能してみてくださいね。辛さは、普通から特辛まで選ぶことができるので、辛いのが好きな方も、あまり得意ではない方も美味しく味わうことができます。ランチには、ビビンバやおにぎりがセットになっているものもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね。

詳細情報

いかがでしたか?

いかがでしたか?暑い夏には冷たいものが食べたくなりますよね。さっぱりした冷麺を食べて、夏を乗り切りましょう!(なお、情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する