• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
文化財とイルミネーションが共演。「和のあかり×百段階段」目黒にて開催

2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京にて、2019年7月6日(土)から9月1日(日)までの期間、『和のあかり×百段階段2019』が開催されます。累計31万人を超える動員数を誇る文化財でのあかりアート展アートイルミネーションになっていますよ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「和のあかり×百段階段2019」開催

開催期間 : 2019年7月6日(土) ~9月1日(日)

2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京にて、2019年7月6日(土)から9月1日(日)までの期間、『和のあかり×百段階段2019』が開催されます。
館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて行われる夏の人気企画。第5回目となる今回は、北は青森から南は鹿児島まで40にも及ぶ個人・団体が集結し、新たな展示構成になっているそうですよ。
見どころ一つ目は、「こころの色彩」をテーマに懐かしさと新しさが融合する展示構成。今回初登場となる、宮崎県日南市在住の竹あかり作家 NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションをはじめ、絢爛豪華な「漁樵の間」と百万人の集客を誇る「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーションなどが楽しめます。
見どころ二つ目は、伝統の技法を新たな完成で表現する、世界に誇るMade in Japanの世界。江戸職人によって生み出される東京の「伝統工芸品」の匠の技と、現代デザイナーがコラボレーションし、後世にその技術と文化を継承することを目的とした東京都がバックアップする「東京手仕事」をはじめとする、漆工芸・ガラス工芸・彫金など様々な工芸品がドラマチックに展示されます。
さらに夏の風物詩である江戸風鈴が彩りと音色を添えます。また、手漉き和紙とあかりが織り成す現代作家の作品も展示し、昭和初期に立てられた文化財のしつらえとあわせて、世界に誇れる日本美を感じることが出来ます。
そして見どころ三つ目としては、浴衣にもおすすめの“映える”空間になっていること。これまでの展示で特に人気の高かったレジェンド級のあかりアートも展示されるほか、圧倒的な存在感を誇るウエルカムねぶたも登場。熊本県山鹿市の山鹿灯籠浪漫 百華百彩の和傘と、鹿児島県の切絵師 青木文明氏によるアートは浴衣姿で思わず写真を撮りたくなるような映える空間となっていますよ。

あかりアート展アートイルミネーション

会期中は限定スペシャルチケット(日時指定・定員制)も販売されるほか、他にも様々なキャンペーンが実施されます。累計31万人を超える動員数を誇る文化財でのあかりアート展アートイルミネーションで、“和”のすばらしさを感じてみては?

詳細情報

■和のあかり×百段階段2019~こころの色彩~
開催期間 : 2019年7月6日(土)~9月1日(日) ※会期中無休
開催時間:日~木曜日10:00~17:00(最終入館16:30)
     金・土曜日および8月11日~18日 10:00~20:00(最終入館19:30)
※8月10日は17:00迄
※全作品写真撮影可能(三脚・フラッシュ・商用撮影NG)
入場料:当日 1,600円、前売 1,300円(特別前売 1,100円7/5迄 館内(16:30)及び公式オンラインチ ケットにて)、大学生・高校生 1,200円、中学生・小学生 600円
※要学生証呈示、未就学児無料
  • 東京都目黒区下目黒1-8-1
  • 03-3491-4111

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する