• はてぶ
  • あとで
キャベツ畑で愛を叫べ!カップルで行く1泊2日の“嬬恋村ドライブプラン”

嬬恋村(つまごいむら)、素敵な名前ですね。妻もしくは恋人への恋心を、みなさんはお忘れではいませんか?今回は嬬恋村で、パートナーへの愛を再確認する1泊2日のドライブプランをご紹介します。(掲載の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式サイトなどでご確認下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

嬬恋村へ行く、週末ドライブデート

群馬県の嬬恋村(つまごいむら)は、名産のキャベツで有名ですよね。地元のマンホールには、半分を埋め尽くすほど多くのキャベツが描かれているこの場所は、その名の通りパートナーへの恋心を思い起こす体験に満ちています。今回は1泊2日で行く、嬬恋村のお出かけプランをご紹介します。

1日目:嬬恋村の自然でリフレッシュ!

初日は嬬恋村の自然を堪能しましょう。東京都内から車で約3時間ほどで行ける、そこには緑一杯の高原とが広がっています。日々の喧騒から離れて、めいっぱいリフレッシュしてくださいね。

【11:00】道中で高原ランチを

嬬恋高原ブルワリー

まずはランチをいただきましょう。「嬬恋高原ブルワリー」では、嬬恋村で栽培された自家製の麦を利用したクラフトビールを味わえます。芳醇な苦みがクセになるビールはお土産にもぴったりですよ。

アンチョビとキャベツのピザ

香り豊かなビールだけでなく、暖炉やピザ窯まですべてオーナー手作りのこのお店では、地産地消のフードメニューも見どころ。特に地元でとれる名産のキャベツを使ったピザの程よい塩味は、ビールの美味しさを一段と加速させます。(もちろん運転手の方は飲酒は禁止ですよ。)

詳細情報

群馬県吾妻郡嬬恋村大笹2193-27

3.01 04

【13:30】山中に隠れた絶景に出会う

嬬恋村の山中には、壮大で美しい絶景が身を潜めています。雄大な山々や澄んだ空気に囲まれれば、全身からのリフレッシュが叶いますよ。今回はその中でも、山の絶景と湖の壮観をご紹介。気になる景色や体験を求めて、車を走らせてくださいね。

山の絶景 「鬼押出し園」

山の絶景「鬼押出し園」では、1783年の浅間山の噴火によってできた溶岩が作り出す、奇岩地帯に足を踏みいることができます。世界的なロックスター、ジョンレノンも家族と訪れたと言われており、世界的な景勝地にもなっているんですよ。
溶岩アートには、“カエル岩”や“ゴリラ岩”といったユニークなものから、その名の通り鬼のような物々しい雰囲気の岩もあって、自然のエネルギーを感じることができます。それでも溶岩の間からは、季節の高山植物が花開かせて、生命の息吹にも感じられますよ。

湖の絶景「バラギ湖」

標高約1300mにある「バラギ湖」では、高原の澄んだ美しい風景を目の当たりにできます。周囲約2kmの湖畔を散策するもよし、湖面にボートを浮かべて初恋気分を思い出すもよし。山中に隠された、解放感いっぱいのスポットです。

冬季にはワカサギ釣りも!

そしてこの湖では、1月下旬頃から3月上旬頃までの間に、湖上でのワカサギ釣りが楽しめます。分厚い氷に穴をあけ、餌をぶら下げてじーっと待つワカサギ釣りを一度は体験したいと思いませんか?釣り竿等もレンタルできるので、手ぶらで行って楽しめますよ。

詳細情報

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053

3.66 28304

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【18:00】宿泊はコテージなんていかが?

つくつく村

大自然の美しい森が魅力の嬬恋村では、コテージでの宿泊をオススメします。ヨーロッパの田舎のように、静かで安心感のある暮らしは憧れちゃいますよね。「森のDIYコテージつくつく村」は、森の中にひっそりと佇む、すべて手作りの別荘です。

南仏風のコテージ

ここでは、北欧をイメージしたログハウスと、南仏をイメージしたコテージがあります。まるでおとぎ話に出てくるような、こじんまりとしていながらも温もりいっぱいの空間は、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。誰にも邪魔されない、二人でだけの時間をとことん楽しめること間違いなしです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する